各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 医薬品卸、調剤薬局 > クリニック開業時における調剤薬局の活用方法 最終回

クリニック開業時における調剤薬局の活用方法 最終回

2017/02/17

 

皆さん、こんにちは。

株式会社エム・クレドの鈴木慎一です。

 

いよいよ「クリニック開業時における調剤薬局の活用方法」シリーズも

第6回め、最終回となりました。

 

最終回は、総まとめとしてお送りいたします。

 

開業の成功はやっぱり物件選びから!

開業をするには、

まず求めるスタイルやコンセプトをイメージ化して、

ロードマップを作っていく訳ですが、

その上で、開業物件、開業場所をどうするか?が

最初の難題となってきます。

 

開業物件情報は様々な媒体を通じて、

かなり多くの情報を得る事ができますね。

 

先日、筆者は開業セミナーの開催を通じて

何名かの医師と話しをする機会がありました。

 

皆さん、どのエリアで開業物件を探しているのかは明白なのですが、

この段階で「薬」をどうするのかまでは考慮されていない医師が

ほとんどでありました。

 

まずは希望の場所の中で望む開業物件を見つけたいという気持ちは

もちろんわからないでもないのですが、

場所、物件が決まり、開業準備が進むにつれて

薬、薬局をどうするかの問題が急浮上してしまい、

問題化されるケースは少なくありません。

 

05

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

院内処方を行うのか、院外処方にするのかによって、

設計や資金面、戦略上もかなり異なってきます。

 

院内処方であれば在庫スペースの問題があるし、

院外処方であれば調剤薬局の存在を考慮しての物件選定を

進めていく必要が出てくるでしょう。

ところが意外とこの点は軽視されがちなのです。

 

内科系の新規開業ならともかく、

内科系以外の新規開業では調剤薬局の同時出店は

残念ながら望めないと言わざるを得ない現状もあります。

 

このような点を考えると、

医療モールでの開業や

ドラッグストア隣接のテナント物件なども

検討に値するとも言えるでしょう。

 

昨今では薬局企業が

開業希望の医師に開業物件を提案する機会がかなり多いです。

 

特に医療モール物件や

メディカルビル、メディカルタウンなどでは未だ顕著な傾向ではありますが、

ここで必ずすべきなのは、他科目の入居状況を確認する事です。

 

この確認を怠ると、

医療モールという名のテナントビル、

つまり幽霊モールのような閑古鳥が鳴く物件に

手を付けてしまわないように是非気を付けて頂きたいです。

 

すでに他科目が盛業している医療ビルでの開業は、

金融機関からの融資を受ける際にも

信用度合いとして有利に働く事も多いです。

 

06

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開業における相談者として、

有料の開業コンサルタントの他にも

開業に関わる企業の担当者などを利用する手立てもあるのですが、

開業支援を行っている薬局企業も多いので

選択肢のひとつに入れても良いと考えます。

 

開業後の診薬連携のほか、

開業時の一時的な関係ではなく

永続的な関係を構築できる故に開業前後において

良好なパートナーともなり得るでしょう。

 

しかし開業支援を行っている薬局企業の中にも

実際にはノウハウも経験もなく

別の業者に丸投げしてしまうケースもあるようなので、

この点はしっかりと事前に確認をする事が必要になります。

 

中には医療モールを企画するだけで、

開業支援業務は医薬品卸の開業担当者などが行う場合もあるようです。

 

これでは取引関係の締結が前提になったり、

商品、サービスの利用がもれなく半強制的に付いてくるので

依頼する際には慎重な選定が必要であります。

 

法的にはナイーブな側面もある

医療機関と保険薬局との関わり方ではありますが、

医療機関(医師)と薬局(薬剤師)が連携し

常に意思疎通をコミュニケートする事で、

質の高い医療サービスを提供できて

それが開業時にとっては最善な方法であるとも言えます。

 

逆にパートナーを間違えてしまうと、

足を引っ張られてしまう事もあり得るので注意が必要です。

 

開業時の薬局との関わり方について

今回も含めて全6回お知らせしてまいりました。

 

また異なるテーマで引き続き情報提供を行ってまいります。

 

 

クリニックの開業について

お悩みの先生は下記よりお気軽にお問合せ下さい。

 

 

アドバイザー

株式会社エム・クレド 代表取締役 鈴木 慎一

鈴木 慎一(すずき しんいち)

 

・医師・歯科医師の開業支援
 クリニックモールの開発・

 企画コンサルテーション
・医業経営マネージメントサポート
・医療機関のための接遇支援
・医療機関のための集患増患支援
・調剤薬局の開設支援
 
TEL:03-6214-0128

mail:suzuki@m-credo.co.jp
HP:http://www.m-credo.co.jp/ 

   ニッポンの社長

 

 

お問い合わせはこちら