各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 医師からの情報発信 > 日本人の良識としての麻(大麻)栽培

日本人の良識としての麻(大麻)栽培

2018/05/19

 

*この原稿はMRIC by 医療ガバナンス学会の許可を受け転載しています。

 

日本麻協議会事務局代表
若園和朗

 

2018年4月25日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

 

大麻伝統継承

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、日本の麻(大麻)の伝統継承を求める私たちにとって

嬉しい知らせが届きました。

 

三重県が「伊勢麻振興協会」に対して

神事に使う大麻の栽培許可を出したというニュースです。


前年の申請では許可されませんでしたが、

防犯対策を充実させたことや

使用する神社を限定したことなどを踏まえ、

今回は「伝統継承など合理的な必要性がある」と

判断されたと報道されました。(1)


大麻について、逆風となる悪い出来事が続く中、

勇気をもって許可に踏み切った

鈴木三重県知事と県関係者の皆様に感謝を申し上げると共に、

困難を乗り越え粘り強く許可申請を申し出た

「伊勢麻振興協会」に敬意を表します。

 

■区別しないことの不合理

さて、皆さんもご存知のように大麻は、

ともすると乱用される植物です。

 

しかし、日本で古来より栽培されている大麻は、

有害物質であるTHCの含有率が低い

乱用できない品種だと言われています。

 

そのため、日本人は戦前まで乱用することなく

普通の作物として生活に役立て、

素晴らし文化を築いてきました。(2)

 

ですが、法的、制度的に、

また一般常識的に有害な大麻と無害な大麻は区別されておらず、

それが元で混乱と不合理が生じています。

 

■日本の麻を貶める人々

その混乱に拍車をかけるのが、

マリファナ愛好家などと呼ばれる

THCの濃い大麻(以下「マリファナ」と表記)の吸引などを

正当化しようとする人たちの言動です。

 

そうした人たちは、

無害な日本の麻とマリファナを敢えて混同させ、

マリファナには害が無いかのような印象操作をしています。

 

更に困るのは、

こうした人たちの口車に安易に乗せられてしまう人々が、

少なからずいることです。


もちろん、THCを多く含むマリファナには深刻な害があります。

 

■深刻なマリファナの害

THCは、神経などの働きを調整する

内因性カンナビノイドシステムと呼ばれる仕組みに作用し、

正常な精神や神経などの機能を攪乱する言わば精神異常誘発物質です。


マリファナ愛好家は、

マリファナを吸うと

「リラックスできる。

音や色が美しく感じられ多幸感を得られる。」などと言いますが、

これは主にTHCによる影響です。

 

こうした主張は、

どれも主観的な本人の申告に基づくものであることに

注意を払う必要があります。

 

客観的に証明されているのは、

認知や記憶の機能が低下すること。

 

ここまで言えば賢明な読者なら

マリファナを禁じなければならない理由が

十分にお判りのことと思います。

 

賢明であれば、

薬物で一時的にリラックスした気分になったとしても、

いずれ破綻を招くと見通しを持つことができるでしょう。

 

また、薬物で幸せを感じること自体避けるべきだとも考えるはずです。

幸せとは人生に真剣に向き合うことで得られるもので、

薬物に頼るまやかしの幸福にかまけていては

真の幸福が逃げていくと判断するでしょう。

 

マリファナは、交通事故の原因になり、

青少年が常用すれば知能低下を招き、

成人でも精神病の発症リスクを高めるなど

個人の健康や社会の安全に対して重篤な害を及ぼす薬物です。(3)(4)

 

マリファナの恐ろしさは、

その害を本人が自覚できないこと、

それどころか良いものと感じてしまい

社会に広めようとする人たちまで現れることです。

 

■わが国の良識としてのマリファナへの対応

残念ながら薬物乱用防止政策の失敗で、

今やマリファナは世界で最も乱用される薬物となっています。

 

例えばアメリカでは、4割以上の人が経験者です。(5)

 

そのためマリファナの非犯罪化や合法化の動きも生まれています。

しかし、それは蔓延してしまったマリファナの管理をしやすくし、

害を減らすための苦肉の策であるということは

良識のある人には理解できるでしょう。


わが国は、他国に比べ

違法薬物の蔓延率が桁違いに低いクリーンな国。

 

従って、今後もマリファナ乱用には

厳罰をもって対処し蔓延の芽を摘んでいくことが大切でしょう。

 

■日本の麻を守るために

日本の麻の伝統保護や継承、

または産業用大麻の振興においては、

上記の事項を充分踏まえて行う必要があるでしょう。

 

つまり、THCの含有率を元に品種管理をすることはもちろん、

マリファナと日本の麻は遺伝的成分的に違いがあり

日本の麻は無害な大麻であることを周知することが大切です。

 

合わせて、歴史的にも乱用してこなかったことを

誇りと感じられるように啓蒙するのがよいでしょう。


二年前に鳥取で起こった

新規の大麻栽培免許者がマリファナを不法所持し

逮捕された事件の教訓も生かし、

マリファナ愛好家を近づけない手だてを講ずることも必須です。(6)


また、法的制度的に

無害有害の区別ができるような体制づくりも求めていかねばなりません。


更に、日本の麻の再興が

マリファナ容認や解禁の動きにつながらないように

充分配慮することも必要です。

 

伊勢麻振興協会の取り組みが実を結び、

健全な日本人と麻との関係が

取り戻されるよう皆様のご理解と応援をお願いします。

 


《参考》
(1)伊勢新聞 「三重県 神事大麻栽培を許可」

http://www.isenp.co.jp/2018/04/06/16356/


(2)九州大学薬学部 故西岡五夫名誉教授 大麻の研究(1975)


(3)マリファナはきっぱり有害〜日経サイエンス2013年5月号より 

http://www.nikkei-science.com/?p=34742


(4)AFPBB News大麻の長期使用、精神病に関連

http://www.afpbb.com/articles/-/2703419


(5)厚労省 「主要な国の薬物別生涯経験率」

http://www.mhlw.go.jp/bunya/iyakuhin/yakubuturanyou/torikumi/dl/index-05.pdf


(6)産経West 「大麻で町おこしは大ウソ!?」

https://www.sankei.com/west/news/161229/wst1612290006-n1.html

 

 

お問い合わせはこちら