各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 医師からの情報発信 > お子さんの通学カバン持ったことありますか?

お子さんの通学カバン持ったことありますか?

2019/02/23

 

*この原稿はMRIC by 医療ガバナンス学会の許可を受け転載しています。

 

久原医院 院長
久原毅

2019年2月7日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

 

小学生荷物健康被害

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小学校低学年の通学姿は

ランドセルが歩いているようで微笑ましくもありますが、

小学校も高学年になったり

中学生にもなると個々の体格差も著しく、

小柄な子が荷物の重さで

後ろへ倒れてしまいそうな危険な光景をしばしば街で目にします。

 

今の子供達の通学の荷物が

ありえないほど重くなってしまっているのをご存知でしょうか?

 

我々親世代の子供の頃は、

教科書は薄くB5サイズ、

そもそもカバン自体が重たい荷物に耐える事が出来ず、

重い荷物は学校に置きっ放しでした。

 

ところが今はカバン自体が軽量化するものの容量が増加、

A4が標準サイズとなり

脱ゆとりの時代となって

教科書検定でも写真のいっぱい載った

分厚い教科書や副読本がどんどん選ばれていきます。

 

また、教科書だけではなく、

部活動の荷物、熱中症予防の水筒やお弁当の保冷剤など、

便利で物の豊富な現代では

細かい荷物があれもこれもと積み重なるのですが、

カバンに入ってしまうので結果として

重くなってしまった荷物に子供達はあえいでいます。


考えてみれば電子化の進む時代なのに皮肉なものです。

辞書なども昔は分厚くとても毎日持って行ったり出来なかったのに、

電子辞書になって中途半端に軽小化した結果、

毎日カバンに出し入れされる次第です。

 

ただでさえ加熱した勉学や

スマホを介した複雑な人間関係がストレスとなって

医院へ来られる子供さんが増加傾向にあるのに、

通学時の重たい荷物がさらにストレスとなって、

偏頭痛、腰痛、胃痛、肩関節亜脱臼、頸部痛などと

様々な問題が出ています。

 

また、そういった訴えは確実に増加傾向にあります。

我々としては、そういった訴えに対し

痛み止めを処方するなど

対症療法しかできないのがもどかしい限りでした。

 

だから「教科書のIT化、タブレット化を促進したい

→でもタブレットは目が悪くなるかも」とか

「そもそも分厚い検定教科書が悪い」などという

方向性の議論では今回はありません。

 

単純に重くなってしまった荷物が

文字通り子供たちに上記の健康被害という形にまでなって

重くのしかかっているのです。

 

長らく医療の現場でこういった事態を危惧していたのですが、

そういった中、つい最近のことですが

昨年の9月に文部科学省からようやく

「置き勉(=教科書などを学校に置いておく事)を認める通知」が出されました。


マスコミなどでもあまり大きく取り上げられず、

また「通知」であって最終的には各学校の裁量に委ねられるために、

まだまだご存知ない方も多いようです。

 

例えば、各曜日の荷物を均等化するように時間割を工夫する、

副教科や副教材だけでも置き勉を許可する、

部活の荷物についても工夫するなど、

すぐにでも見直せることはあると思います。

 

現に通知の後、早速にも改善に取り組んだ学校例も

すでに一部ですがあるとのことです。

 

文科省が置き勉を認める通知を出すほど、

重い荷物による子供たちの健康被害が深刻になってしまっていたわけです。

 

大人たちが議論している間にも

子供たちは毎日のように重い荷物に苦しんでいるわけで、

公立私立や学年を問わず「待ったなし」の問題です。

 

積極的にスピード感をもって

通学荷物を軽くしていくべき時だと考えます。

 

 

お問い合わせはこちら