各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 医師からの情報発信 > 仕事効率化の秘訣はペットにあり!? 犬と人との意外な関係性

仕事効率化の秘訣はペットにあり!? 犬と人との意外な関係性

2019/09/05

 

*この原稿はMRIC by 医療ガバナンス学会の許可を受け転載しています。

 

この原稿はAERA dot.(4月24日配信)からの転載です

https://dot.asahi.com/dot/2019041800094.html

 

ナビタスクリニック(立川・新宿)内科医
山本佳奈

2019年8月16日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

 

イヌ研究結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年12月25日、

ペットフード協会による全国犬猫飼育実態調査(2018年)で、

ネコの推定飼育数が2年連続で

イヌの数を上回ったことがわかったとのニュースが報じられました。

 

ネコは近年900万匹台で推移。

1人暮らしの女性がネコを飼うなど、

現代のライフスタイルに合っている可能性があるのではないかと

分析されています。

 

また、イヌは7歳以上の高齢犬の割合が多く

少子高齢化が進んでおり、

飼育数の減少が続きそうだとのことでした。

 

読者のみなさまには、

イヌやネコなど動物を飼っている方も多いのではないでしょうか。

 

今回は、イヌについての興味深い研究結果をご紹介したいと思います。

 

「ペットは飼い主に似る」とよく言われますよね。

なんと、「実際にイヌは飼い主に似る」という研究結果が今年2月、

ミシガン州立大学のWilliam氏らによって報告されました。

 

1681匹の犬の飼い主らに、

自身の性格と飼っているイヌの性格について

質問票に記入してもらったところ、

イヌと飼い主は性格の特徴が似ていることがわかったそうです。

 

同調性の高い人は、

活動的で興奮傾向にあるイヌを飼う傾向があり、

誠実な性格の飼い主は飼いイヌをよく訓練されていると評価し、

神経質な性格の飼い主は、

飼っているイヌは怖がりであると評価する傾向にあったといいます。

 

我が家にも最近、

オスのミニチュア・シュナウザー(レオくん)がやってきたのですが、

やんちゃで落ち着きがありません。

 

毛もボサボサで、よく寝ています。

確かに、飼い主である私に似ている気がしてなりません。

 

13年5月、米国心臓協会(AHA)は、

定期的に散歩させる必要があるペットを飼うことは

心血管リスクを下げる方法として

結構なことであるという見解を示しました。

 

特にイヌを飼うことは、

心血管疾患リスク低下と関連するようだと言います。

 

室内で飼える小型犬であっても、

健康維持に散歩は欠かせまん。

けれども、ヒトにとっても同じことが言えそうです。

 

18年9月、オックスフォード大学のChekroud氏らによる

米国の18歳以上の成人約124万人のデータ解析の結果、

死亡・心血管疾患・脳卒中・糖尿病のリスク低下との関連が

示されているサイクリングや

有酸素運動、ジムでの運動といった日頃の運動は

気分の改善とも関連していることが判明したと報告されました。

 

45分間の運動を週に3~5回することが気分を最も良くし、

連続で90分間の運動を週5回以上すると行った運動のやりすぎは、

逆に気分の悪化と関連していることはわかったと言います。

 

イヌの大きさによって、

必要な散歩回数や時間は異なっていますが、

少なくとも、イヌと散歩することは、

ヒトのカラダもココロも健康にする一助となると言えるでしょう。

 

「愛情ホルモン」とも言われている、

オキシトシンにまつわる興味深い研究もあります。

 

2015年4月、麻布大学の永澤氏らは、

見つめ合うほどオキシトシンというホルモンを介して

ヒトとイヌの情が深まるようであると報告しました。

 

ヒト同士の感情的なつながりは

ホルモンであるオキシトシンを介して

見つめ合うほどに強まることがわかっていますが、

同様の仕組みがヒトとイヌの間にも見られたと言うのです。

 

イヌはヒトの感情を認識できる、

という研究結果もありました。

 

15年3月、オーストリアのウィーン医科大学のMuller 氏らは、

イヌはヒトの顔に示された感情を識別できることを報告しました。

 

興味深いことに、怒っている顔を選ぶよりも、

幸せな顔を選ぶ方が、より早く習得できたといいます。

 

イヌは怒っている顔に近づくのは

どうやら嫌なようだと筆者らは考察しています。

怒っている顔に近づくのは、

私たち人間も嫌ですよね。

 

さて、ニューズウィーク誌において

「かわいいものに夢中になるのは人類共通の本能だとしても、

それを文化にしたのは日本だけだ」と書かれるほど、

世界に広がりをみせている日本発の「kawaii(かわいい)文化」。

 

そんな子犬や子猫といった「kawaii」ものを見ると

集中力が増して仕事がはかどりうることを示した論文もあります。

 

12年7月、広島大学の入戸野氏らは、

大学生132名を対象に子犬や子猫といった

幼い動物の写真7枚を好きな順番に並び換えるという作業を

1分半行うという調査を行ったところ、

手先の器用さを必要とする課題や、

指定された数字を数列から探して数える課題の成績が、

写真を見る前と比べてそれぞれ44%、

16%向上したことを報告しました。

 

「かわいい」という感情によって

対象に接近して詳しく知ろうとため、

細部に注意を集中するという効果が生じたのではないかと

考えられるというのです。

 

集中したいときは、

この方法を試してみてもいいかもしれません。

 

今回ご紹介した論文はほんの一部ではありますが、

自分自身がイヌを飼い始めてから

イヌにまつわる医学論文を読み進めた際に、

興味深いと思ったものばかりです。

 

イヌを飼っている方もそうでない方も、

「へえ、なるほど」と思っていただけましたら幸いです。

 

 

診療圏調査バナー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちら