各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 医師からの情報発信 > 中高生の喫煙率が上昇 米・サンフランシスコ市が電子たばこの販売を禁止に

中高生の喫煙率が上昇 米・サンフランシスコ市が電子たばこの販売を禁止に

2019/12/05

*この原稿はMRIC by 医療ガバナンス学会の許可を受け転載しています。

 

この原稿はAERA dot.73日配信)からの転載です

https://dot.asahi.com/dot/2019062700086.html

 

ナビタスクリニック(立川・新宿)内科医

山本佳奈

 

2019111日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

 

 

625日、

電子たばこで急成長中のスタートアップ企業が

本社を構える米国サンフランシスコ市で、

電子たばこの販売を禁止する条例案が可決されました。

 

残すのは、ロンドン・ブリード市長の署名のみ。

 

署名されれば7カ月後に条例として施行され、

サンフランシスコ市は、

全米で初めて電子たばこを全面禁止する市になります。

 

条例案では、

サンフランシスコ市内にある店舗での

電子たばこの販売やネット販売が禁じられており、

違反者には罰金が科される見込みです。

 

「米国の高校生の電子たばこの使用が近年急増しており、

 健康への影響がよく分かっていない電子たばこが若者の手に渡らないように、

 あらゆる手段を講じたい」

とサンフランシスコの相談役Shamann氏は言います。

 

 

実は、サンフランシスコ市での可決に先立ち、

64日には、カリフォルニア州のビバリーヒルズ市議会でも、

すでに電子たばこを含む大半のたばこの販売を禁じる条例案が可決されています。

 

例外的に販売が認められる場所

(特定のシガーラウンジやホテル)があるものの、

たばこ、電子たばこ、水たばこ、葉巻など

ニコチンを含む商品全てが禁止とされ、

202111日から施行予定です。

 

 

さて、日本でも

最近よく見かけるようになっている加熱式たばこ。

 

欧米では

ニコチンが加えられた電子たばこの使用が急増しており、

その健康への影響について近年議論が盛り上がっています。

 

そこで、

今回は加熱式たばこや電子たばこを中心に

喫煙についてご紹介したいと思います。

 

 

電子たばこを吸う中年

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

従来のたばことは違う、

新型たばこは

大きく2種類に分けることができます。

 

一つ目は、加熱式たばこです。

 

葉たばこを加熱することにより

ニコチンを含有したエアロゾル(空気中に浮遊する粒子)を発生させ、

それを吸引します。

 

二つ目は、電子たばこです。

 

液体を加熱してエアロゾルを発生させて吸引します。

 

液体にはニコチンを含むものや含まないものがあり、

日本ではニコチンを含むものは販売が禁止されていますが、

欧米ではニコチンを含む液体を使用する電子たばこの普及が急増しています。

 

20192月、

アメリカ疾病予防管理センター(CDC)は

米国の中高生のたばこの使用率について報告しました。

 

それによると、

高校生における燃焼式のたばこ(従来のたばこ)の使用率は

2011年から2018年に21.8%から13.9%へと低下したものの、

電子たばこの使用率は1.5%から20.8%に上昇したことがわかりました。

 

さらに、2017年から2018年にかけて、

電子たばこを含むたばこの使用は

中学生で28.6%(5.6%から7.2%)増加、

高校生で38.3%(19.6%から27.1%)増加し、

電子たばこの使用は、

高校生の間で77.8%(11.7%から20.8%)、

中学生の間で48.5%(3.3%から4.9%)増加していたことがわかったのです。

 

加熱式たばこや

ニコチンが含有された電子たばこには、

燃焼式のたばこと同様に依存性薬物であるニコチンが含まれています。

 

しかしながら、

「煙が出ない」

「煙が見えにくいため禁煙エリアでも吸うことができる」

「受動喫煙の危険がない」

「従来のたばこより健康へのリスクが少ない」と誤解され、

急速な広がりを見せているのです。

 

アイオワ州立大学のBao氏らによる、

電子たばこ使用経験がある米国成人の割合は

2014年から2016年にかけて、

12.6%から15.3%に増加し、

特にかつて喫煙していた禁煙成人や

喫煙経験のない人の電子たばこの使用率が増加していたという報告も、

こうした誤解からでしょうか。

 

「煙が出ない」「煙が見えにくい」

といわれる加熱式たばこや電子たばこを加熱すると、

白い水蒸気を発生します。

 

確かに、

葉たばこを燃焼したときの紫煙が

ぷかぷか浮遊する様子は見えませんが、

特殊なレーザー光を喫煙者が吐いた空気に照射すると、

大量のエアロゾルを確認することができます。

 

従来のたばこ同様に、

見えないエアロゾルをたくさん放出しているのです。

 

 

この電子たばこのエアロゾルに対して、

世界保健機関(WHO)は

健康に悪影響がもたらされる可能性があり、

受動喫煙者の健康が脅かされる可能性が高いと指摘しています。

 

加熱式たばこや電子たばこは、

従来のたばこに比べれば、

たばこ煙中の有害物質のうちの粒子成分であるタールが削減されているものの、

依存性物質であるニコチンやその他の有害物質を吸引する製品であり、

使用者にとっても、周囲の人(つまり受動喫煙となる人)にとっても有害と考えられます。

 

日本呼吸器学会は、

これらのたばこの使用は推奨できないと指摘しています。

 

1990年から2015年までの

195カ国の地域における喫煙有病率と

起因する疾病調査による系統的分析によると、

全世界の男性の4人に1人(25%)が喫煙を続けており、

全世界の死亡率の1割以上(11.5%)が

喫煙に起因していることがわかったと、

Lancet誌に掲載されています。

 

お問い合わせはこちら