各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 医師からの情報発信 > 日本専門医機構は新専門医制度の2018年度開始をごり押しするのか

日本専門医機構は新専門医制度の2018年度開始をごり押しするのか

2017/07/28

 

*この原稿はMRIC by 医療ガバナンス学会の許可を受け転載しています。

 

専門医制度の「質」を守る会 共同代表
つくば市 坂根Mクリニック  坂根みち子

2017年7月14日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

 

 

日本専門医機構は

7月7日に2018年度からの新専門医制度開始の準備が整うという。

 

学会任せの専門医にばらつきがあり、

質の担保が必要と言う事で始まったこの制度だが、

質の担保はどのようにされたのだろうか。

 

機構が出した新整備指針を検証してみた。

 

  • 1)専門医制度の根幹は「学会の専門医制度」ではなく、

     「各基本領域の専門医制度を各専門領域学会が運営し担う」ことである。

      意味するところは「学会の専門医制度」は機構の助言・評価がないが、

     「各基本領域の専門医制度を各専門領域学会が運営し担う」は

      機構の助言・評価を受けることである。


  →ということは当然機構のチェック機能が重要となってくる

 

  • 2)一つの基幹施設のみでの完結型の研修ではなく、

      一つ以上の連携施設と研修施設群を作り循環型の研修を行うものとする。

      すなわち、一つの病院だけの研修を行うと、

      その病院の性質(地域性、医師の専門等)の偏りにより

      研修に偏りがでる可能性があるので、

      他の連携病院を必ず作り循環型の研修を行うものである。


  →これは他国の専門医制度には認めない日本独自の方法だが、

   単独施設であっても研修の質が保たれていればいいだけなので、

   実際は質のためではなく偏在対策とでもいうべきものである。

 

  • 3)研修到達度評価 各専門研修プログラムにおいて、

      各基本領域学会の定めた基準による研修プログラム管理委員会において

      フィードバックシステムが確立されなければならない。

      日々の評価に加えて年次評価を行い、不足部分の研修を重点的に行わせる。


  →機構のチェックではなく、学会がチェックするらしい。

 

整備指針すべてに目を通してみても、

質の担保のために書かれた方法は、

「学会が策定し、機構が検証、承認を得る」これだけであった。


具体的な方法は一切書かれていない。

学会をまたいで標準化されたものはまだ一つもない。


機構は整備指針で、

「学会は機構と相談の上、質を担保せよ」と言えば

専門医制度の質を担保したことになるとでも思っているのだろうか。

 

01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、「働き方改革、女性の力を活用」をうたう

国の方針に逆行するような以下の項目。

 

  • ・特定の理由(海外への留学や勤務、妊娠・出産・育児、病気療養、

     介護、管理職、災 害被災など)のために専門研修が困難な場合は、

     申請により、専門研修を中断することができる。

 

妊娠・出産・育児がこの時期の医師たちにとって当たり前の事ではなく、

「特定の理由」になるらしい。


多くの女医にとり、

研修期間と妊娠、出産、育児は確実に重なる期間である。

 

この時期に、決められた場所での短期のローテート研修と

常勤勤務というハードルがどれほど高いものか、

制度設計する側に想像力が全く欠如している。

 

女医のパートナーは7割医師である。

ともに研修中ということも多いだろう。

 

保育園の確保さえ難しい現状で、

早朝保育、延長保育はあるのか、

どちらか一人でも時間通り帰れるのか、

勤務先により通勤時間はどのくらいの幅があるのか、

子供が病気になった時の人の手当てをどうするのか、

小1の壁をどう乗り越えるのか、悩みは尽きない。


7月4日付けの日経夕刊に

ニュージーランド航空日本支社長のクロビス・ペリエ氏のこんな意見が載っていた。

 

<女性の力 もっといかそう>
多様な意見を戦わせれば、企業はよりよい決断ができるだろう。

男性だけで会議をしたら、男性のための結論しか出ないのは当然だ。

 

顧客の半分は女性。

女性社員に意見を聞かないと始まらない。

日本には非常に多くの才能ある女性がいるにもかかわらず、

まだまだうまく力を発揮できる場が整っていないと感じている。(引用終了)


早速日本専門医機構のメンバーを確認してみた。

ほぼ、中高年の社会的地位のある男性で占められていた。

 

理事長以下理事まで総勢25名中女性3名、

女医は京大腎内の教授1名のみであった。

 

残る2人は医療安全と人権の団体の代表者であった。

これでは女医のライフスタイルを理解した制度が出来るわけがない。

 

7月3日の女医ネット(https://www.joystyle.net/articles/453)に、

女医の85.7%が専門医制度に反対しているという記事が載っていた。

その中にこんな投稿があった。

 

・更新でも認定施設での常勤勤務が必須で

 ライフイベントで時間の制約が多い女性医師にはますます両立が厳しい。


・(基本領域研修後)サブスペシャリティの専門医取得が必要になるのであれば、

 女性医師が出産や育児をしながら

 サブスペシャリティの専門医を取得するのは不可能に近い。

 

その通りだろう。


専門医の「質」の担保のために研修のハードルが高くなるならまだしも、

機構がしたのは、研修を受けるハードルを上げたのである。

出産して子育てしながらキャリアを積みたい女医に取っては絶望的な制度である。

 

この新専門医制度は未だ「質」の担保をしていない。

学会に丸投げしている状況は今までと変わらない。

 

循環型プログラム制による研修など、改悪されたと言ってよい。

機構がどうしてもこの制度を推進したいというなら、

各学会から出てきたものを検証し標準化して、

機構の検証システムの構築が出来てから開始するのが筋である。

 

これでは、機構に「質」のチェック出来る能力があるのか、

私たちは検証する事さえ出来ない。

 

02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

機構は何故来年度からの開始にこだわるのか。

まだ準備が出来ていないのは明らかであり、

一旦停止して、現場の人間、指導医や若手、

女医を入れて軌道修正しなければいけない。

 

その際は、古い手法を変えて、

忙しい現場の人間が参加出来るよう、

テレビ会議にして頂く事から始めて欲しい。

 

高齢者の、高齢者による、高齢者のための会議みたいなものは

いい加減止めて頂きたい。


それでもこのまま強引に進めるというなら、

機構の借金のために

未来の専門医たちは売られたと言われても仕方ないであろう。

 

 

お問い合わせはこちら