各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 開業予定地、開業物件 > 多くの開業物件から最適解を見つける方法!

多くの開業物件から最適解を見つける方法!

2016/10/21

 

皆さん、こんにちは。

株式会社エム・クレドの代表取締役の鈴木慎一です。

 

私が長年数多くの開業支援をしてきた中で、

やはり開業物件を決める…、

このフェーズが最も重要であると考えています。

 

逆に言うと良い開業物件を選ぶ事ができれば、

成功確率は80%以上とも言えます。

それくらいに開業物件選びは重要なのです。

 

今回はこの開業物件選びの

ノウハウをお知らせいたします。

 

まずは自分自身の背景を振り返ろう!

開業において重要なことのひとつが

当然ながら「開業場所選定」であります。

 

開業地に相応しいエリアとはいったい何でしょうか?

 

その答えを導き出す為に、

まず着目したいのが「医師本人のバックグラウンド」です。

 

次の3つは最低限のポイントと考えられます。

  • ・現在の勤務先や住まいからの距離が適当である
    ・病診連携先が近くにある
    ・医療方針に適した環境である


さらに、これからその地に根を下ろしていく事を考えていく上で

重要となるのが地域のカラーが自分に合っているかどうかです。


住民気質、街並みや風情といった地域の色や匂いが自分に合っているか。
それはご自身の感覚で認識すべき点ではありますが、

しっかりと見極めておきたい大切なポイントのひとつです。

 

02

 

情報の渦に飲み込まれないこと!

それらの条件に適した開業場所を探すには

いったいどうしたらいいでしょうか?

 

現在ではインターネットでは当然のことながら、

医学専門誌においても

物件情報を手軽に入手する事ができるようになっています。

 

また、地域差はありますが、

地元の不動産業者やハウスメーカーなどからの物件情報が

有用なケースも多いです。

 

くわえて、開業セミナーに参加して情報を得たり、

開業コンサルタントに相談することで

多面的な情報入手が可能になることもあります。

 

開業場所選びの方法は多種多様なのです。

しかし、情報が溢れすぎているという事は、

手軽に情報入手できるというメリットの裏に、

どの物件が良いのか迷ってしまう…という

デメリットも隠れているということであります。

 

開業を決意しても、開業場所に悩んでしまい、

なかなか先に進めなくなる…こういった事例も少なくありません。

 

物件を見極める眼力も必要ですが、

物件評論家に陥ってしまうことは避けるべきです。

 

開業せざるを得ない時期がどんどん近づき、

焦るあまり意に沿わない物件に決めてしまい、

満足しないまま開業するという最悪ケースは避けたいものです。

 

本当に良い物件は出回っていない!

開業後も快適に診療にあたれる「良質の物件」とは

実は…市場には出回らず水面下で決まっている事が多いです。


「公開モノ」ではなく、

人づてに伝わる「匿秘モノ」に出会うアンテナを

張り巡らせておくことが大切という事ですね。


20年後でも生き残っていける場所と

スキームを持って開業して頂きたいと切に願います。

 

01

 

開業物件の件だけでなく、

いかにして開業を成功させるか?

ご相談はお気軽に下記よりお問合せ下さい。

 

アドバイザー

株式会社エム・クレド 代表取締役 鈴木 慎一

鈴木 慎一(すずき しんいち)

 

医師・歯科医師の開業支援
クリニックモールの開発・

    企画コンサルテーション
医業経営マネージメントサポート
医療機関のための接遇支援
医療機関のための集患増患支援
調剤薬局の開設支援
 
TEL:03-6214-0128

mail:suzuki@m-credo.co.jp
HP:http://www.m-credo.co.jp/ 

お問い合わせはこちら