各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 医療機関経営、医療法人化 > 事業計画のないクリニック開業はリスクが大きいです!

事業計画のないクリニック開業はリスクが大きいです!

 

皆さん、こんにちは。

株式会社ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

 

安易なクリニックの開業はおススメいたしません。

 

リスクをしっかり考えた上で、

それでも成算があるからこその開業準備だと思います。

 

クリニック開業悩み

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事業計画がすべての根幹です!

先日、セミナーを受講して頂いた先生より

下記のような悩みを打ち明けられました。

 

「来年クリニックを開院する事を決めたんだけど、

本当に開院していいのかどうか悩んでいるだよね・・・」

 

具体的にお話しを伺いましたら

まだ開院の事業計画を作っていないそうです。

 

これでは事業が成り立つのかどうか、

自分の人生設計が実現できるのかどうかを

判断することができませんね。

 

それこそ暗闇の中を

明かりもなく手探りで歩いているような状態ですから、

不安を感じるのは当然です。

 

私はクリニックの開院を検討する際には、

その意思決定をする前に

自分の人生設計を実現できる

リアルな事業計画を作る事をお勧めしています。

 

そして事業計画上で収益バランスが成り立たないのであれば、

何を修正すれば良いのかを考え、

修正しても無理であれば

開院する事を一旦見直す事もお勧めしています。

 

なぜならこれからのクリニック経営の環境は

大変厳しくなると予想されており、

無理な事業計画にも関わらず開院してしまうと

自分の人生そのものを台無しにしてしまうリスクがあるからです。

 

ではリアルな事業計画とは

どのようなものでしょうか。

 

まず自分がどのようなクリニックを作り、

どのような診療をするのかを

明らかにする必要があります。

 

今まで自分は***科で診療してきたので

医療機器はこれまでと同じものが必要だよね・・・

という安易な考えから出てくるものではありません。

 

自分は何の為に、

どのような医療を行う為にクリニックを開院するのか、

という深い想いがなければなりません。

 

これこそがクリニックのコンセプトですね。

 

そして実現する為にはどのような場所で、

どのようなスタッフが何人必要で、

どのような医療機器を導入して、

何曜日に何時から何時まで診療をするのかなどを

詳しく決める必要があります。

 

さらにリアルに考える為には、

下記のような事も明らかにしましょう。

 

  • ・月別の具体的な診療日数(カレンダーでカウントする)

    ・診療単価や仕入れ率、検査の費用率など

    ・患者さんが何人来てくれるのか(これは様々な情報から予想するしかありません)

    ・スタッフの給料・賞与の額や社会保険への加入など

    ・医療機器の納入価格、購入にするのかリースにするのか

    ・什器備品などの納入価格

    ・建物や内装の費用、賃料、手数料など

    ・必要借り入れ額、金利、返済期間など

    ・医師会に加入するかどうか

    ・どのような専門家に依頼をするのか、そのコスト

    ・毎月かかる様々な経費の額   etc.

 

また今後の自分自身の生活に

毎年いくらずつお金が掛かるのかを

厳密に考えておく事も欠かせません。

 

なぜならクリニック経営の結果、

手元に残ったお金で

自分自身の生活費を賄わなければならないからです。

 

経営で利益が出ても、

税金や借入金の返済、社会保険などを差し引くと

思いの外お金が残らない事が多いですので、

手元に残るお金の計算はきちんとして下さい。

 

ここまで細かい事は

開院してみないとわからないと思われるかもしれませんが、

可能な範囲で構いませんから詳細な計画を作ってみましょう。

 

そして自分の生活を賄える計画を実現する為には

何人の患者さんを診療する必要があるのか、

それだけの患者さんに来て頂く為には

どんな集患対策をすれば良いのかを考えましょう。

 

具体的な計画を作ると厳しい内容になり、

これはとても無理かな?

という結果になるかもしれません。

 

そんな時には条件を変えながら

何度もこの事業計画でシミュレーションして、

「これならいけそうだ!」

というところまで計画を練って下さい。

 

しかしいくら練っても、

無理なようであれば

一度この計画は休止して下さい。

 

計画を実現するために何が足りないのか、

どうすれば開院がうまくいくのか、

そもそもクリニックを開院する目的は何だったのか、

開院の他に道はないのか、などを

じっくりと再検討して下さい。

 

クリニックの開院は人生の一大事です。

 

くれぐれも慎重に検討する事をお勧めします。

今回お伝えしたリアルな事業計画を作る事は大変重要ですが、

これを先生一人で作るのは困難です。


当社ではクリニックを開院する前の

事業計画を作るお手伝いをしておりますので、

ご希望される方は以下からご相談下さい。

 

「事業計画相談希望」と書いて頂けると助かります。
相談メール

 

今回のテーマに関して

動画でお話しをしていますので、

以下でご覧下さい。

 

 

クリニック開院15年目のドクターから開院を検討しているドクターへのアドバイス

 

クリニック開院時の設備投資は要注意

 

クリニックを開院したら一日何人の患者さんを診なければならないのだろうか

 

 

医院の経営に関してお悩みの方は

下記よりお気軽にお問合せ下さい。

 

株式会社ドクター総合支援センター 代表取締役 近藤 隆二

近藤 隆二(こんどう りゅうじ)

医業経営コンサルティング
・ファイナンシャルプランニング

 

クリニックの院外経営幹部として、

医業経営とライフプランの両面から

院長先生を支え続けております。
お気軽にお問合せ下さい。

TEL:03-6272-5565

mail:r.kondo@k-com.jp
HP:https://www.doctor-dock.jp/

お問い合わせはこちら