各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 開業予定地、開業物件 > クリニックの開業物件を探す際に知っておくべきポイント!

クリニックの開業物件を探す際に知っておくべきポイント!

 

皆さん、こんにちは。

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

弊社は医師の転職支援だけではなく、

クリニックの開業支援も行う珍しい企業です。

 

両方を行う企業はあっても、

部署が異なっていたり

担当者が別々となっている事が多く、

同じ担当者が両方をサポートするのは

非常に珍しいようです。

 

この最大のメリットは、

中長期的なプランを継続してご支援できる事ですね。

将来のクリニック開業のために

資金を確保する為の転職をしたり

経営者としての経験値を高める転職をした上で

開業に取り組む事ができるという事です。

 

現在、弊社では3件の開業支援を進めておりますが、

まずは開業準備の最初のフェーズ、

開業物件を選ぶ際の注意点についてお知らせします。

 

クリニック開業物件

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開業物件のここは要チェックポイントです!

開業地をどこにすべきか?

どんな物件に入居すべきか?

 

実に悩ましいですよね…。

特に首都圏ではどこにでも競合医院は数件ありますし、

やはりここを見誤ると後の経営に痛手となります。

 

そこで、物件選びに悩む先生のために、

今回は物件選びの際の確認事項について書いてまいります。

 

坪数の表示は内法ですか?それとも壁芯ですか?

よくあるトラブルの一つとして、

床面積の計算方法で内法と壁芯計算による坪数表示があります。

 

内法計算は、壁や柱の内側から図りますので

簡単に言えば見たままの広さになります。

 

逆に壁芯計算は壁と柱の厚みの中心から導き出す数値になります。

 

不動産広告では一般的に壁芯計算による表記の為、

実際の広さよりも壁厚分だけ使える床面積が狭くなるので

気を付けて下さい。

 

契約坪数を確認して下さい!

次に契約坪数はどうでしょうか?

 

共用部分が契約坪数に含まれているのか否かは確認が必要です。

 

ビルテナント等によく見られますが、

エレベーターホールに看板を置いてる医療機関ってありますよね。

 

恐らくですが、契約坪数の中に

共用部分が含まれている為に

上手く活用されているのだと考えられます。

 

これが契約坪数に含まれていない場合は

別途費用の請求が発生したりします。

 

考え方としては「ネット面積」と「グロス面積」というものがあります。

 

契約上は同じ広さであっても

診療に使えるスペースに違いが出来てきますので

注意して下さい。

 

ネット面積とは・・・

診療スペース専用の部分にあたります。

 

グロス面積とは・・・

診療スペースの他に共用部にあるエレベーターホールや

トイレ、給湯室を含めた面積になります。

 

医院開業物件

 



例えば左の様なテナントを
不動産屋から紹介されたとします。

 

ここで注目したいのは、
92.36坪と表記された部分です。


こちらの募集中テナントは
一見すると92.36坪の広さが
あるものだと思いませんか?

 

 


実は違いました…。

この坪数の中には

エレベーター前の廊下や共用トイレの面積も含まれています。

 

契約書にきちんとした

診療所として使えるスペースの記述がされていればいいのですが

大抵の場合、記載されていません。

 

トラブルを避ける為にも不動産屋には事前に確認して下さい。

 

因みにこちらのテナントですが、

ネット面積で計算すると79坪程度になります。

10坪以上も変わってきますので、

如何に事前の確認が必要かは・・・。

お分かりになると思います。

 

これからも開業をお考えの先生方に有益になる情報を

継続して提供してまいります。

 

次回は賃料についての情報提供を予定しております。

 

 

医師のキャリアプランに関しては

転職・開業を一気通貫でご支援している弊社に

どうぞお気軽にご相談下さい。

 

アドバイザー

ジーネット株式会社 メディカル事業部 事業部長

ジーネット株式会社小野勝広

小野 勝広(おの かつひろ)
東京都練馬区在住 48歳

医師・看護師の人材紹介事業、

採用支援、クリニックの開業支援を

オーダーメードでフルサポート。
ご相談は無料、
まずはお気軽にお問合せ下さい。
 
TEL:03-5925-8520

mail:ono@gnet.co.jp
HP:ジーネット(株)コーポレートサイト

   求人・開業物件サイト

   毎日更新ブログサイト
   医師の転職・開業失敗事例集

 

お問い合わせはこちら