各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 開業支援、経営支援 > そんなに簡単ではないクリニックの新規開業!

そんなに簡単ではないクリニックの新規開業!

2019/07/26

 

皆さん、こんにちは。

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

クリニックを新規開院するという事は、

一国一城の主になる事ですし

基本的には一生に1度きりの事であります。

 

だからこそ綿密なプランニングと、

慎重な決断が必要になりますね。

 

クリニック開業準備

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開業準備前に考えておくべき事…。

以前からクリニック開業を検討していて

そろそろ準備に取り掛かろうかと考え始めた際には、

開業セミナーに参加したり、

開業に関する書籍を読んたり、

すでに開業医として成功している先輩の話しを聞いたり、

いろんな形で情報収集をする事と思います。

 

しかしこのような情報収集をしても

よし!これだ!と確信を持てる事はあまりなく、

こんなもんかなあ?これでいいのかなあ?と

期待と裏腹な不安を持ちつつ

開業準備を進めていく事になるケースが多いように感じます。

 

先輩開業医に伺っても

医薬品卸企業や、医療機器ディーラー、

開業コンサルタント、税理士などに話しを聞いても、

結構みなの言う事は違っていて

どれを信じて良いものやら…

戸惑う事もあると思うのですね。

 

開業準備前って

こういうジレンマに陥る事が多いようです。

 

開業とは経営者になる事です。

 

そして経営の形とは

ひとつやふたつではありませんし、

成功の道筋だっていくつもあるんですよね。

だから皆さんの言う事が違っても致し方ないのです。

 

ご自分を信じ抜く事が肝要です。

 

ご自分らしい成功の形を模索する事が必要です。

 

そしてこの自分の拠り所となるのが

クリニックのコンセプトや事業計画である訳です。

 

よっていずれ修正する事になっても、

自分を貫き通す為にも、

開業準備前にはプランニングに力を注ぐべきと考えます。

 

いざ開業準備スタート…。

開業準備を進めていくと、

必ずと言っていいほどに出てくる悩みがあります。

 

  • ・本当にこの業者に依頼していいのだろうか?

    ・本当に開院までこぎつける事ができるのだろうか?

    ・開院した後に来院患者はどの程度あるのだろうか?

 

こういう悩みは健全です。

逆にない方が問題です。

 

もしかしたら真剣みが不足していて、

課題発見能力が持てていないのかもしれません。

 

この悩みを解決するには、

先生の右腕となる人物がそばにいるかどうかに

掛かっています。

 

ただでさえ多額の融資を受けて

初めて経営者になる訳で、

不安がない方がおかしいです。

 

しかし私が今までクリニック開業をサポートしてきて

こういった不安を助長していると感じるのは、

常に、【医師vs業者】という構図になっていて、

初めて開業する医師と、

何度も開業シーンで仕事をしてきて業者が

対峙する構図になってしまっているという事なのです。

 

そりゃ経験値に大きな差があるのですから不利ですよね。

だから不安になってしまうのですよね。

 

私は本来あるべき姿として

【医師+開業コンサルタントvs業者】となるのが

ベストではないかと私は考えています。

 

しかし多くの場合、

【医師vs業者】となっており、

しかも業者側に開業コンサルが付く事すらあるのです。

 

こんな開業コンサルなら

依頼する意味がありません。

 

こういった業者の多くは無料であり、

本業が別にあるんですね。

 

しかも部署異動でたまたま開業支援をしているだけ…

こんなケースまであり得るんです。

 

開業コンサルタントを本業とする人間とは

本気度が違うのですね…。

 

不安を打ち消す為には、

不安を共有して、

一緒に不安と立ち向かってくれる

一緒に業者と戦ってくれる

そういう右腕となるパートナーを得る事です。

 

開院寸前の1か月…。

内装工事も完了し

保健所への手続きも終えて

医療機器も続々と納品され、

スタッフの採用も段々と決まってきて、

さあもう少しで開院だ!という1か月前…。

 

大きな期待と少しの不安が入り交り、

今まで準備に費やしてきた期間を考えると

ちょっと感慨深かったりもするものです。

 

しかしクリニックの開院というのは

あくまでもスタートであり、ゴールではありません。

(こんな歌がありましたね 笑)

 

勝負はここからです。

 

良いスタートを切れるように、

スタッフとともに診療の流れを

何度もシミュレーションして下さい。

 

集患マーケティングは

打てる手があるなら

すべて行うくらいのつもりで進めて下さい。

予算の問題はありますけど…。

 

開業とは経営者になる事です。

経営者は事業の全ての責任を負います。

 

ただでさえリスクを抱えて

取り組み始めたのですから

できる事は何でもやるべきです。

 

患者が来ないのは経営者の責任です。

失敗すれば多額の借金とともに生きねばなりません。

 

開業って本当に大変なんです。

だからこそ右腕となるパートナーの存在が必要です。

 

本業が別にある偽物パートナーでは

いざという時に役に立ちませんよ。

 

本物の右腕は、

先生に判断材料を与えてくれます。

ジャッジするのは先生です。

 

経営者として事業を成立させる。

まずはここからです。

 

 

医師・看護師のキャリア相談、

転職・開業のご支援のご用命は下記よりご相談下さい。

 

診療圏調査バナー

 

 

 

 

 

 

 

 

アドバイザー

ジーネット株式会社 メディカル事業部 事業部長

ジーネット株式会社小野勝広

小野 勝広(おの かつひろ)
東京都練馬区在住 50歳

医師・看護師の人材紹介事業、

採用支援、クリニックの開業支援を

オーダーメードでフルサポート。
ご相談は無料、
まずはお気軽にお問合せ下さい。
 
TEL:03-5925-8520

mail:ono@gnet.co.jp
HP:ジーネット(株)コーポレートサイト

   毎日更新ブログサイト
   医師の転職・開業失敗事例集

お問い合わせはこちら