各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 開業支援、経営支援 > 新型コロナウィルス対策、クリニックで使える制度は何か考えてみました

新型コロナウィルス対策、クリニックで使える制度は何か考えてみました

2020/04/18

おはようございます。

ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

 

医療の現場では毎日大変なご苦労がおありになると思います。

くれぐれも心身のご健康にお気をつけください。

 

新型コロナウイルスの流行で受診抑制があったり、

状況によっては休診せざるをえないことがあるかもしれません。

 

そうなると診療報酬が減少し、

資金繰りが厳しくなる可能性が出てきます。

 

クリニック経営お金

 

もしかすると、

一時的にスタッフに休業してもらわなければならなくなるかもしれません。

 

そんな時にどのような制度が利用できるのかを考えてみました。

 

今、具体的に使える制度

 

今具体的に使える制度は以下のようなものだと思われます。

*雇用調整助成金
*様々な融資制度
*傷病手当金
*生活福祉資金制度による緊急小口貸し付けなどの特例貸付
など

具体的な事例でどのように利用できるのか考えてみましょう。

 

今回のように、

大幅に業績が落ち込んだためスタッフに休業してもらう場合、

休業はクリニックの都合になりますので、

スタッフには通常の給与の6割以上の休業手当を支払う必要があります。

 

そして、

業績低下による休業手当を支払った場合には

*雇用調整助成金の申請をすることができます。

スタッフの解雇をしない場合には、

支払った休業手当の9割をもらうことができます。

 

*雇用調整助成金については、

以下HPがわかりやすく詳しく説明されていますのでご覧下さい。

詳しくは社会保険労務士さんにご確認ください。

最大9割支給の「雇用調整助成金」、コロナ特例を徹底解説

 

しかし、

雇用調整助成金の申請は大変混み合っているようで、

お金が入ってくるのは数ヶ月後になるとの予想もあるようです。

 

ですので、

当面の資金を賄うために借り入れなどで資金を確保しておく必要があります。

 

*政府の保証による融資や、

日本政策金融公庫による融資など様々な制度がありますが、

まずはメインバンクに相談してみてください。

 

そして、

アドバイスをいただきながら、

これらの中で自院にマッチする制度を選び早めに行動されることをお勧めします。

 

*融資制度については以下の資料の4ページ以降をお読みください。
「新型コロナウィルス感染症で影響を受ける事業者の皆様へ 経済産業省」

 

また、

スタッフが新型コロナウィルスに感染したり、

感染が疑われる症状のため自宅で療養したなどには、

公的健康保険の*傷病手当金制度を利用するこができます。

 

様々な理由でスタッフの所得が減少した場合には、

*生活福祉資金融資制度を利用して融資を受けることも可能です。

 

*傷病手当金制度、生活福祉資金融資制度は、

以下のHPをお読みください。
働く人 経営者への支援は
新型コロナウイルス感染症を踏まえた生活福祉資金制度による 緊急小口貸付等の特例貸付について(Q&A)
詳しくは社会保険労務士さんにご確認ください。

 

さらに、良いクリニックになるために!

 

大切なことは、

この混乱が収まったときに、

クリニックがV字回復するまでの道のりをイメージすることです。

 

何度も書きますが、

雇用調整助成金がもらえるからといっても、

入金は数ヶ月後になる可能性が高いので注意が必要です。

 

・スタッフのうち誰を何日休ませるか

・その他に費用は削減できないか

・休業手当の額は賃金の何割にするのか

 など、

 

コロナショック収束後のその先まで見据えて、

経営判断をすることが求められます。

 

またこのような非常事態にどのような対応をするかで、

経営者とスタッフの信頼関係が築けるか、

なくなってしまうかが決まります。

 

スタッフそれぞれの状況を把握し、

その状況に併せてじっくりと話し合いをしながら対応をしていくことが大切です。

 

考えようによっては、

今回のショックは、

経営を根本的に見直すことができる良いチャンスと、

捉えることができるかもしれません。

 

さらに良いクリニックになるために、

何をすれば良いのかじっくりと考えてみてください。

 

*スタッフを休ませる場合の措置については、

以下のホームページ4をご覧ください。

「新型コロナウイルスに関するQ&A 企業の方向け」

 

一日もはやい新型コロナウイルスの収束と皆様のご健康をお祈りいたします。

 

株式会社ドクター総合支援センター 代表取締役 近藤 隆二

近藤 隆二(こんどう りゅうじ)

医業経営コンサルティング
・ファイナンシャルプランニング

 

クリニックの院外経営幹部として、

医業経営とライフプランの両面から

院長先生を支え続けております。
お気軽にお問合せ下さい。
 
TEL:03-6272-5565

mail:r.kondo@k-com.jp
HP:https://www.doctor-dock.jp/

 

お問い合わせはこちら