各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 開業支援、経営支援 > ~スタッフを守りたい~ クリニック院長のお話

~スタッフを守りたい~ クリニック院長のお話

2020/05/23

おはようございます!

ジーネット株式会社 Y子です。

 

4都県の緊急事態宣言も、

来週には解除される見通しがでてきました。

 

コロナ禍で、

ほとんどの方がStayHomeで、

先生方からも、

予定していた非常勤勤務がキャンセルになった。

との話を多く聞きました。

 

今年の3月後半から5月末までの約二カ月、

今までにない過ごし方を経験されたと思います。

私もその一人です。

 

然るに、

最前線で働く医療従事者の方々は、

いまも現場を離れられずに対応を続けている状況だと思います。

 

日本がクライシスを免れているのは、
医師や医療機関で勤務される皆様のおかげと、

これまで以上に感謝の想いを抱いております。

 

01

 

「スタッフを守りたい」

先日、クリニックのK院長からご連絡がありました。

 

~ゴールデンウイークに、緊急事態宣言延長が決定したときは青ざめたけれど、

 患者さんが徐々に戻ってきてくれてホッしています。~

 

お話伺って私も安堵しました。

 

その先生からは、

数週前にもご相談を受けていたのです。

 

~緊急事態宣言以後、

クリニックの患者さんが減ってしまい、

非常勤のスタッフには6割の給与を支払って休んで貰っているけれど、

延長になって今後はキビシイ...。~

 

~皆長く働いてきた人ばかりで、

コロナ収束後は、これからも一緒に長く働いてもらいたい。

なんとしても、スタッフを守りたい。~

 

K院長には、

*雇用調整助成金
*融資制度
*傷病手当金
*生活福祉資金制度による緊急小口貸し付けなどの特例貸付
など、本サイトの記事をご案内しました。

 

新型コロナウィルス対策、クリニックがお金を確保できる制度は何か考えてみました

 

既に申請されていた制度もありましたが、

記事を読んで、とても良く分かったと仰っていました。

 

なかでも、👇記事の

その2 新型コロナウィルス対策、クリニックがお金を確保できる制度は何か考えてみました

 

経営を継続するための方法は1つしかない。

お金がなくなることを防ぐことだ。

そのためには、①お金を増やすこと、②お金を減らさないこと、だ。

 

を参考に支出入を見直されました。

 

・支払い関係は全部クレジットカード(あるいは請求書による後払い)に

 変更して最大限現金の流出をおくらせる。

 

・クレジットカードや電子マネー決済を導入していたのであれば、

 現金のみ決済に変更して現金確保につとめる。

 

その他、銀行への返済猶予(当面金利のみの返済)

    家賃の返済猶予 (大家さん次第ですが、交渉したほうが良さそうです)

 

クリニックだけでなく家計面も見直されて、

・子供達のお稽古事を必要なものだけに絞る

・ほとんど乗っていない車の処分 

・駐車場の解約

・公共料金の支払いをクレジットカード切り替え

 

K院長、

~ずいぶんスッキリしたわ~と、

笑ってらっしゃいましたが、

クリニックとスタッフを守れたことが、

本当に嬉しそうでした。

 

まだ、経済復興には遠く、

コロナ第二波の心配もありますが、

守りたいものの優先順位をつけて、

スタッフを守られたk院長のお話伺って、

未来は明るいと思えました。

 

最後に、

「医療ビジネス健全化協議会」は、

医療ビジネス・医師を守るプロ集団です。

 

お困りのことがございましたら、

お気軽にお問合せ下さい。

👇

会員企業紹介

 

       前線で働く医療従事者の皆様、どうぞご自愛ください

 

ジーネット株式会社 メディカル事業部 コンサルタントY子

                                 医師・看護師の人材紹介事業、

consul_y     採用支援、クリニックの開業支援を

     オーダーメードでフルサポート。
     ご相談は無料、
     お気軽にお問合せ下さい。

 

お問い合わせはこちら