各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 開業支援、経営支援 > クリニックの売上回復には経営データの分析が欠かせません アフターコロナのクリニック経営その7

クリニックの売上回復には経営データの分析が欠かせません アフターコロナのクリニック経営その7

2020/08/13

おはようございます。

ドクター総合支援センターの近藤です。

 

クリニックの経営課題はデータがないと解決できません。

 

経営データは、

税理士さんにお願いして作っているクリニックが、

ほとんどだと思いますが、

そのデータだけでは足りないのです。

 

なぜならば

損益計算書や貸借対照表は結果を現している表で、

なぜ経営がうまくいっていないのか・・・

その原因は書かれていないのです。

 

クリニック経営の最大の課題である売上不足を例にとってみましょう。

 

損益計算書を見ると売上が足りず、

赤字になっているということは分かっても、

なぜ売上が不足しているのかはわかりません。

 

予想はできても論理的に原因を探ることはできないのです。

 

経営データの分析 論理的に原因を探る

では、

どのようなデータがあると論理的に原因を探ることができるのでしょうか。

売上を要素に分解するとこのようになります。

 

売上 = 診療単価 × 患者数

 

この式から、

売上が下がった原因は診療単価が下がったか、

患者数が下がったかの2つに分けられることがわかります。

 

患者数が下がった原因としては、

新患数が下がったことが考えられますので、

新患数のデータをとるといいですね。

 

新患数が下がったことがわかれば、

なぜだろうか?

と考えその原因となるデータをとるといいでしょう。

 

01

 

例えば、

ホームページを見て来院する人が減っているのであれば、

なんらかの問題がホームページで発生していると思われるので、

原因を探り対策を打てば良いのです。

 

このように、なぜだろう?

という疑問を解消するためのデータを取り続けて、

時系列にみていくと課題が出たときの原因がわかり、

すぐに対策を打つことができます。

 

経営データの分析 よくあるケース

よくあるケースでは、

診療単価が知らないうちに下がっていることがあります。

 

先生は全く自覚がないのですが、

多忙などの理由で、

本来行うべき検査が抜けていたりすることがあるのです。

 

診療単価が10%下がると、

売上が10%下がり、

利益は大幅に減少します。

下手をすると、赤字になりかねません。

 

ですので、

このようなデータは当月末、

翌月初には確認してすぐに対策が打てるようにしておきましょう。

 

税理士さんからの、

月次決算書は早くて1ヶ月後、

遅いと2ヶ月以上後に出てきますので、

それを待たずに、

まずは、速報をまとめることが重要です。

 

このようなデータをまとめることは、

結構大変な業務で、

スタッフの協力が欠かせません。

 

また最近の電子カルテでは、

必要な経営データをまとめる機能があったり、

そのデータをまとめて分析できるアプリもあるようです。

 

必要に応じて、活用してみてください。

 

動画を以下でご覧ください。

0:17 税理士のデータだけでは課題の原因はわからない

 

1:10 課題解決のためにどんなデータをとれば良いのか

 

5:40 基本的にとるべきデータ

 

6:59 データを時系列にとり続ける

 

8:25 データは早くとり、課題があればすぐに対策をうつ

 

10:12 データをとるにはスタッフの協力が必要
   経営分析アプリ、電子カルテの活用

 

株式会社ドクター総合支援センター 代表取締役 近藤 隆二

近藤 隆二(こんどう りゅうじ)

医業経営コンサルティング
・ファイナンシャルプランニング

クリニックの院外経営幹部として、

医業経営とライフプランの両面から

院長先生を支え続けております。
お気軽にお問合せ下さい。
 
TEL:03-6272-5565

mail:r.kondo@k-com.jp
HP:https://www.doctor-dock.jp/

お問い合わせはこちら