各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 開業予定地、開業物件 > 診療圏調査の重要性と正しい分析の仕方

診療圏調査の重要性と正しい分析の仕方

 

皆さん、こんにちは。

株式会社エム・クレドの代表取締役の鈴木慎一です。

 

開業場所を決定する際には、

診療圏の調査が必要不可欠であります。

 

如何なる業種、業界でも、市場参入する際には、

市場規模、競合、需要と供給のバランスなどを分析し、

参入障壁のありかを把握した上で

市場参入の可否を判断するのは必須と言えるでしょう。

 

これこそがつまりマーケティングであり、
クリニックと言え事業であることは間違いありませんから、

開業時にはマーケティング的な分析が必須ですが、

しかしながら、医療業界に至っては

このマーケティング思考が軽んじられているとも言えます。

 

08

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開業地の決定におけるマーケットイン思考

医療においては、まずは医療機関(医師)ありきという

プロダクトアウト思考が強く、

市場ニーズを重視したマーケットイン思考が乏しいところがあります。

 

特に都心部におけるクリニック開業(経営)は

このマーケットイン思考を軽んじるあまり、

閉院に追い込まれるまではいかなくとも、

生活費を確保する為に診療時間外には当直やバイトを

余儀なくされる医師も少なくないとも伺います。

 

よって開業物件を選定する際には慎重さが必要であり、

その為に必ずと言って良いほど診療圏調査なる資料を確認すると思われますが、

診療圏調査とは、公的に公表されているデータを用いて、

予測値を図る算定式です。


【人口×受療率÷競合シェア=外来予測数】


ところが、重要なのは導き出された結果数字ではないと筆者は断言します。

この算式から導き出された結果は、

これは机上の数値であり、あくまでも参考として捉える必要があると思うのです。


それは何故か…、

基礎要因となる人口数や需要率などの設定次第で

結果数値が変化してしまうからであります。

 

言い換えれば、この設定次第で数値は大きく変わってくるので、

良くも悪くもさじ加減ひとつで変化してしまうという事です。 
 

定量評価と定性評価

診療圏調査自体を確認する事は必要ですが、

定量的な情報を優先するのではなく、

定性的な情報で秤にかけるべきとアドバイスします。

 

では定性的な情報とは?何かですが、
最重要視すべきことは競合の情報です。

 

データでは存在している診療所でも、

実際には開店休業状態のクリニックも存在しますし、

内科・小児科・皮膚科と標榜していた場合、

果たして小児科や皮膚科の専門医が診療しているのかどうか?

 

整形外科と標榜していても

リハビリ施設として運営されていないクリニックもあります。

 

こういった定性的なデータをどこまで手に入れられるか?

これが最終的な決断を下す上での判断材料となるのです。

 

09

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安易な決断は命取り!?

「決断」をすることは勇気も覚悟も必要ですね。

だからこそ、目を凝らすべき事は、

予測された数値の良し悪しだけではありません。


ご自身が提供できる医療サービスに見合うニーズがどの程度あり、

そのニーズを自院が存在することでウォンツに変えられるか?

そこまでの戦略をイメージ化できるかどうか…。

 

開業を考えている医師は、

マーケットイン思考を重要視すべきと考えます。

マーケットイン思考は、

ご自身の提供できる医療サービスを市場ニーズと、

どうマッチングできるかどうかであります。

 

競合医院が多くても、

マーケットの現状を知ることで

自院をどのように差別化し、

かつ戦略的に対抗できるかどうか、

はたまた共存共生することも考えられます。

 

だからこそ、マーケットイン思考が必要なのです。

もちろん開業時だけではなく、

開院後もこの思考を持ち続けることも言うまでもありません。

 

これから開業しようとする医師にとって、

緻密な診療圏調査は開業への設計図にもなる訳ですね。

 

 

アドバイザー

株式会社エム・クレド 代表取締役 鈴木 慎一

鈴木 慎一(すずき しんいち)

 

・医師・歯科医師の開業支援
 クリニックモールの開発・

 企画コンサルテーション
・医業経営マネージメントサポート
・医療機関のための接遇支援
・医療機関のための集患増患支援
・調剤薬局の開設支援
 
TEL:03-6214-0128

mail:suzuki@m-credo.co.jp
HP:http://www.m-credo.co.jp/ 

お問い合わせはこちら