各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 医療機関経営、医療法人化 > 分院や介護施設の展開を検討する際は慎重に進めましょう!

分院や介護施設の展開を検討する際は慎重に進めましょう!

 

皆さん、こんにちは。

株式会社ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

 

クリニックを開院して、

経営が右肩上がりに順調に行くと

分院や介護施設などの展開をご検討し始める

院長先生も少なくありません。

 

当然そこにはリスクもありますので、

やはり事前にしっかりとしたプランを練り、

慎重に準備をすべきと考えます。

 

その新展開の目的は何ですか?

まずは、分院や介護施設を開設する目的を明らかにしましょう。

その上で、今後の医療法人の経営にとって必要と判断すれば、

開設を検討しましょう。

 

その際にご注意頂きたいのは、

ご自身でしっかり検討し、ご自分の意思でご決断する事です。

 

やはりリスクを背負わねばならない訳ですから、

周囲の意見に惑わされる事なく、

明確な目的と綿密な計画が必要不可欠になります。

 

医療専門のニュースサイトなどで、

医療法人の倒産の記事を目にすることがあります。

 

その原因は様々ですが、急激な分院展開を行い、

経営がうまくいかずに倒産してしまったというケースもあるようです。

 

自由診療のクリニックなどの展開失敗が目に付きますが、

これは他人事ではありません。

 

たった一つの分院開設が経営にとって

致命的なダメージをもたらすこともあるのです。

 

03

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご決断する際の2大ポイント!

検討時のポイントは大きく2つあります。

当たり前の話しで恐縮ですが、

「資金」と「人材」であります。

 

この2点が整うのかどうか?

ここを冷静かつ客観的にご検討して下さい。

 

資金について

無理な設備投資、分院展開の失敗、

その為に借り入れの返済に行き詰まり倒産…。

このような展開が少なくないようです。

 

分院開設当初の赤字を医療法人全体でカバーできるかどうか。

この点は慎重には慎重を期して検討しなければなりませんね。

 

医療法人の手元に残るお金は以下の計算式で概算することができます。

 

  • 「医療法人に残るお金=

                 利益−税金−借入金返済元本+減価償却費−設備投資+借入金」

 

利益がマイナスで借入金の返済が多額になり、

銀行から追加の借入れもできず、

お金が不足して倒産…のような展開にならないように

分院開設を検討するときには、

この計算式で本院の現状と分院の計画を合わせて

資金ショートを起こさないか計算して下さい。

 

分院計画は厳し目に作るのが重要です。

特に開設当初は赤字になる事が多いですから、

詳細な月次計画を作る事をおすすめします。

 

人材について

その施設のトップに相応しい人材がいるか?

これも重要な要素です。

 

分院展開を場所ありきで考えて

場所確保⇒医師募集というケースがありますが、

これは失敗する確率が高いと言わざるを得ません。

 

分院はそれ自体がひとつの経営体と考えるべきです。

分院経営を上手くできる人材はそう簡単に採用できません。

分院の院長先生がご自身と同等のパフォーマンスを出せる可能性は

決して高くないと考えた方が良いのです。

 

この人なら大丈夫という人材がいて、

初めて分院の開設を検討する方が絶対に良いです。

 

経営を行う高い意識を持つ人物、

公募では雇用される意識を持つ人材が多いですから

分院展開は人ありきと考えた方が良いのです。

 

また、分院長との信頼関係を築き、維持する事も重要です。

労働条件を明確にし、文書にて契約を締結しておきましょう。

 

分院の売却など将来想定される事などの

詳細も明記しておくとさらに良いですね。

 

そして、分院を開設した後も定期的なミーティングを持ち、

お互いの考えや課題を共有し協力する環境を作りましょう。

これをしなかったばかりに、

理事長と分院長が裁判で争う事になってしまったり、

ある日突然分院長が辞めてしまったりといった事例もあります。

 

分院長は重要な経営パートナーです。

丁寧に接していく事が法人全体の為にもなります。

 

04

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分院や施設の開設には様々なリスクが伴います。

そのリスクを冒してまで展開するのであれば、

まずは何の為に、何を目指して、という明確な目的が必要です。

 

そして資金繰りはどうか?

マネジメントはどのように行うのか?

任せられる人材はいるのか?

 

この点に不安があるのであれば、

すべてを自前で行うのではなく

外部との提携、連携ができないかを検討するのも良いでしょう。

 

分院の開設は目的ではなく手段ですから、

自分の目的を達成する為の適切な手段を選ぶようにして下さい。

 

 

医院経営に関するご相談は

下記よりお問合せ下さい。

 

株式会社ドクター総合支援センター 代表取締役 近藤 隆二

近藤 隆二(こんどう りゅうじ)

医業経営コンサルティング
・ファイナンシャルプランニング

 

クリニックの院外経営幹部として、

医業経営とライフプランの両面から

院長先生を支え続けております。
お気軽にお問合せ下さい。
 
TEL:03-6272-5565

mail:r.kondo@k-com.jp
HP:https://www.doctor-dock.jp/

お問い合わせはこちら