各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 医療機器、什器、電子カルテ > 開業時の医療機器購入費を削減するには?

開業時の医療機器購入費を削減するには?

2017/01/20

 

皆さん、こんにちは。

エム・キャスト株式会社の古賀宏です。

 

私どもは医療機器のご提案をさせて頂いている企業です。

医療機器の買い取り、販売をメイン事業としており、

中古、新品ともに取り扱っております。

 

新規開業時はもちろん、盛業中の医療機関様からも

お声掛けを頂いています。

 

医療機器の中には、高額のものもあり、

新規開業時には、購入すべきか、見送るか、

非常に悩ましい時もありますよね。

 

今回は、いかにして医療機器のラインナップを

揃えていくか、情報提供させて頂きます。

 

 

医療機器は予算内に収める事もしやすいのです!

クリニックを新規開業する際には、

土地建物の購入もしくは賃貸契約料、

内装工事費、医療機器、什器・備品、宣伝広告費、

人件費、運転資金など、

実に多くのコストが発生しますね。

 

予算オーバーにならないように、

それぞれ必要性、優先順位を慎重に吟味し、

コストを削減していく訳ですが、

実は比較的容易に支出額を下げる事ができるのが、

「医療機器」と言われています。

 

逆に思わぬ買い物をして予算オーバーにもなりやすいので、

今回は知っていれば得をする医療機器のコスト削減ノウハウを

ご紹介いたします。

 

02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新品と中古品を賢くミックスさせましょう!

一般的な内科医院の新規開業の場合は、

医療機器の予算として2000~3000万円を想定するケースが多いようです。

購入費用としては決してお安くはありませんよね?

 

これを、導入予定の医療機器の一部を中古品に変えることや、

必要以上の高スペック機器を避けることで、

大幅なコスト削減に繋がる可能性が高くなります。

 

もちろん全ての医療機器を中古品に変えてしまうのは、

現実的ではありません。

 

物によっては中古市場に出回らないものも

少なくありませんから…。

 

よって実際に導入を検討されている医療機器の中で、

先生がこだわりを持ちたい機器、

患者さんの目に付きやすい機器などは

新品の製品をお選びになるのが宜しいでしょう。

 

やはり多くの先生から、

「勤務医時代に使っていた機器が慣れているし、

操作もわかっているので、同型機を購入したい」と相談される事が多いのですが、

これは1度じっくりとお考えになった方が良いようです。


たとえば超音波診断装置ですが、

勤務医時代の総合病院では複数の先生方や検査技師さんが同じ機器を使用しますし、

実に様々な検査を行う必要がありますので、

高スペックの製品が導入されていた事と思います。

 

しかしクリニックで使用する超音波診断装置であれば、

そこまで高スペックである必要はありませんし、

高価な機器である必要もありませんよね。


もちろん超音波診断を軽んじている訳ではないのですが、

クリニックで必要となる機能以上の高画質、高機能の製品を導入して

経営を圧迫することは是非とも避けて頂きたいです。

昨今では開業から1年、場合によって2~3年、

来院患者数の伸び悩みとなるクリニックさんも少なくありません。

当初、用意した運転資金でその期間を乗り切れないならば

閉院せざるを得ないケースだってあります。

 

ですからまずは経営を軌道に乗せることを第一に考え頂き、

経営が安定して、資金に余裕が出てきた段階で、

本当に導入したい機器に買い換えるという方針をお勧め致します。

以上のようなことを踏まえて、

当初導入する機器の2~3割程度を中古品に置き換え、

その他の機器を必要最小限のスペックに変更しますと、

当初予定していた導入費用から1000万円もの削減が可能となるケースもあります。

以下の表は中古医療費をうまく組み合わせた場合の

削減金額をシミュレーションしました。

 

20

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしょうか?

ひと工夫でかなりのコスト削減になりますよね?

 

01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回は、中古品を購入する際に

是非とも知って頂きたい注意点について

お知らせする予定です。

 

医療機器に関してのご質問、ご用命は

下記よりお問合せ下さい。

アドバイザー

エム・キャスト株式会社 古賀 宏(こが ひろし)

古賀 宏(こが ひろし)

・医療機器買い取り

・中古医療機器販売

・医療機器オペレーティングリース

・医療機器の撤去および一時保管

・リースUP時の再販処理手続き代行

・開業時の医療機器購買代行
 
TEL:03-6388-9666

mail:koga@e-mcast.co.jp
HP:https://www.e-mcast.co.jp/index.html

 

お問い合わせはこちら