各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 医療機関経営、医療法人化 > 医療法人を設立すべきなのか?悩んでいる先生へ

医療法人を設立すべきなのか?悩んでいる先生へ

2017/11/13

 

皆さん、こんにちは。

株式会社ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

 

開業医の先生からのご相談の中で、

「医療法人を設立した方が良いのかどうか」

というものがとても多くあります。

 

医療法人を設立する目的の多くが節税ですので、

今回はこのテーマを絞ってお伝えします。

 

01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医療法人化すべきかどうか?

相談をされる先生方は、

すでに顧問税理士や知人のドクターに相談している事が多いのですが、

よくこんな返事が返ってくるようです。

 

「ざっくり、◯◯◯万円くらいは節税になります。」

とか、

「しばらく様子を見てみましょう。」

とか、

「解散したときには財産を国や地方公共団体に収めることになるので、

 作ってはいけません。」

とか、

「医療法人を作ると自由にお金が使えなくなるのでやめた方が良い」

とか、

とにかく大雑把で根拠のない返答が多く、

判断ができずにいることが多くあります。

 

なぜ判断できないかというのは、

その先生ご自身の個別の具体的状況を前提に考えていないからです。

 

あくまでも一般論ではなく、

独自の事情をよく理解しての回答でなければ

やっぱり判断はできないものだという事ですね。

 

先ほどの返事を例にとると、

「ざっくり、◯◯◯万円くらいは節税になります。」

 

これは、どなたが理事になり、

実際にいくらの理事報酬を得るのかという事を考慮せず

一般論して机上での計算をしているだけで、

社会保険料がいくら必要になるのかなども考慮に入れておらず、

この数字自体がが信頼に足るものか全くわかりません。

 

「しばらく様子を見てみましょう。」

ん?いつまで待てば良いのか、

どのような状況になったら設立すれば良いのか、

この答えからは全くわかりませんね。

ある意味では体のいいゴマカシとすら思えます。

 

「解散したときには財産を国や地方公共団体に収めることになるので、

 作ってはいけません。」

これは、ある一面からのみ意見を言っているだけで

総合的に判断ができません。

医療法人化には様々なメリット、デメリットがあり、

ある一面だけでは判断できないのは当然です。

 

「医療法人を作ると自由にお金が使えなくなるのでやめた方が良い」

これも返事をした方の個人的な状況を背景としたイチ意見であり、

質問した先生の個別事情が全く考慮されていません。

 

では、どうすれば良いのでしょうか。

 

医療法人設立の目的を明確にしましょう!

医療法人は1度設立すると、

メリットがなかったからと取り止める事は困難です。

 

また、メリットが出るにも関わらず

検討を続けてばかりいると大きな損失が出てしまいます。

 

自分は医療法人を設立した方が良いのかどうか、

設立するとしたら

どのような状況になれば実行するのかを

できるだけ早い段階で判断しておくべきです。

 

判断をせずに、

ずるずると中途半端な状態でいる事は

精神衛生上も良くありません。

 

私はこの「判断」をする為には、

具体的な医業経営計画ライフプランをもとに、

誰が社員・理事・監事になり

誰がいくらの役員報酬をもらうのかなどを明らかにした上で、

現在の手取額と医療法人を設立した場合の手取額を

比較することをお勧めしています。

 

ここで注意すべき点は、

税金だけではなく社会保険料なども計算に入れる、

役員報酬は役員の家計が回る額にするなど、

自分の個別具体的な事情を前提に

超現実的なシミュレーションをするという事です。

 

一般的に医療法人の方が税率が低いので

有利だと考えられる事が多いようですが、

現状を見ながら、将来計画を考えると、

医療法人を設立しないほうが良いケースも数多くあります。

 

具体的には個人での借入金返済が多額で、

医療法人を設立しても高額の理事報酬を受け取る必要があり、

所得の分散ができないケースなどでは、

法人にしない方が良い事もあります。

また、社会保険料が思いの他、高額になる事もあります。

 

医療法人の設立は

医業経営、ライフプランを実現する為の手段です。

 

そして設立後に医療法人を

どのように運営するのかがキーポイントとなります。

 

正しい情報を元に

医療法人のメリット・デメリットを理解し、

慌てる事なく、じっくりと検討するようにしましょう。

 

最大のポイントは一般論ではなく、

個別具体的な事情を良く考える事です。

 

当社ではこのような事で

お悩みの先生の為に以下のサービスを提供しています。

 

詳しくはこちらでご覧下さい。
医療法人設立シミュレーション

 

 

 

医院の経営に関してお悩みの方は

下記よりお気軽にお問合せ下さい。

 

株式会社ドクター総合支援センター 代表取締役 近藤 隆二

近藤 隆二(こんどう りゅうじ)

医業経営コンサルティング
・ファイナンシャルプランニング

 

クリニックの院外経営幹部として、

医業経営とライフプランの両面から

院長先生を支え続けております。
お気軽にお問合せ下さい。
 
TEL:03-6272-5565

mail:r.kondo@k-com.jp
HP:https://www.doctor-dock.jp/

お問い合わせはこちら