各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 医療機関経営、医療法人化 > クリニックの経営を良くする為に事務長を採用したい!?

クリニックの経営を良くする為に事務長を採用したい!?

2017/12/11

 

皆さん、こんにちは。

株式会社ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

 

クリニックを開院した当初は、

患者さんが来院するかどうかドギマギしていたものの

段々と患者さんが増えてくると

業務量が増えて、スタッフの増員を検討するようになりますね。

 

その際に検討材料のひとつになるのが、

事務長を採用するかどうかです。

 

今回は事務長を雇用すべきかどうか考えてみます。

 

クリニック経営事務長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事務長は必要か?

開業医になると朝から晩まで診療をしながらも、

それ以外の様々なクリニックの経営上の事務作業も

こなさなければならなくなります。

 

これはかなり大変な労力ですね。

 

その大変さを解消するために、

「優秀な事務長を雇って経営を任せたい」と

考え始める先生がいても不思議ではありません。

 

しかし、状況にもよりますが

私はこの考え方には基本的には賛成していません。

 

これまで優秀な事務長を採用し、

うまく機能し続けている事例を見た事がないからです。

 

院長が考える優秀な事務長とはどのような人材でしょうか?

 

少し考えてみましょう。

  • ・院長先生の立場に立って考え判断することができる。

    ・自分のことよりもクリニック全体の成果に重きをおく。

    ・医療業務、財務、マネジメント、マーケティングなどの実務に対応できる。

    ・スタッフのマネジメントをうまく行うことができる。

    ・外部の会社や専門家の方々との折衝をうまく行うことができる…etc.

 

要は診療以外の経営を

丸投げできる人材となりますね…。

 

なかなかこんな優秀な人はいないですよね。

 

仮にこのような人材がいたとしても、

よほどの好条件で院長先生に対する尊敬の念や信頼がないと

来てもらうことはできないと思います。

可能性が高いとは言えませんね…。

 

また、優秀な人材と思って採用したのに

外部にいた時とクリニックに雇われる立場では異なってしまい、

その良さを充分活かす事ができないかもしれません。

 

実際に仕事をし始めてみると

院長が想定していたイメージと違っていたり、

経営に不都合が出るような事も珍しくありません。

 

そして一度雇用した人材は

簡単に解雇することはできないのです。

 

また、このような優秀な人材を採用できたとしても

長く勤務できないことが多いようです。

 

私は事務長として真剣にクリニック経営に関わってきた

事務長経験のある優秀な方を何人か存じています。

 

それらの方々に共通していることは、

なぜか2〜3年で心身に不調を覚え、退職しているという事なのです。

 

その原因は院長とスタッフの板挟みになり、

真剣に取り組めば取り組むほど

自分の力だけでは解決できない課題が山積みで

過大なストレスを抱えてしまったのではないかと私は感じています。

 

どんなに優秀な方であっても、

雇われの身では院長に本音で進言をする事は困難ですし、

スタッフは院長先生の言う事は聞いても

事務長の言う事には耳を傾けず孤立してしまう事もあるでしょう。

 

女性中心のクリニックの人間関係を良好に保つのは難しいです。

 

それらの方々は退職したのち、

医療業界で独立して真に院長先生のお役に立つ仕事をしようと

活躍をされています。

 

ここまでに書いてきたことを見返すと、

優秀な事務長を採用し、

それに頼って経営を良くし続けていくことは

大変ハードルの高いことだと判断せざるを得ません。

 

では、どうすれば良いのでしょうか。

 

私は1人の事務長(スタッフ)に業務を集中するのではなく、

複数のスタッフがそれぞれの強みや特性に合った業務に

責任を持って携わってもらう事をお勧めしています。

 

要はチームで経営を行うということです。

 

しかし、これもそう簡単にできることではありません。

1人1人のスタッフと向き合い、

その特性を見極め、業務を細分化し、

それを組み合わせていかなければなりません。

 

そして、それができたとしても

スタッフが快く業務を行ってくれる環境を整えなければなりません。

 

このような環境を整えるには、

院長自身が経営やスタッフに正面から向き合い、

経営者としての努力を続ける必要があります。

 

院長1人でこのような環境を整えることが困難な時には、

第三者の立場で本音でアドバイスをしてくれる人の力を活用して下さい。

 

先ほど書いた真剣に事務長業務に取り組んだ経験を持ち

独立をされたような方々です。

 

当社ではこのようなクリニック経営の環境を整える

お手伝いをさせて頂いています。

 

外部のサポートが必要だと感じている方は、

無料相談をお受けしておりますのでお気軽にご連絡下さい。

 

また、当社の方針や

具体的な業務内容が書かれた小冊子をご用意しておりますので、

ご要望される方は「小冊子希望」と書いてこのメールに返信してください。

 

無料相談をご希望される方は以下からお申し込みください。
ドクター総合支援センター無料相談申し込み

 

 

医院の経営に関してお悩みの方は

下記よりお気軽にお問合せ下さい。

 

株式会社ドクター総合支援センター 代表取締役 近藤 隆二

近藤 隆二(こんどう りゅうじ)

医業経営コンサルティング
・ファイナンシャルプランニング

 

クリニックの院外経営幹部として、

医業経営とライフプランの両面から

院長先生を支え続けております。
お気軽にお問合せ下さい。
 
TEL:03-6272-5565

mail:r.kondo@k-com.jp
HP:https://www.doctor-dock.jp/

お問い合わせはこちら