各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 医療機関経営、医療法人化 > クリニックの「何」を患者に伝えるべきか?

クリニックの「何」を患者に伝えるべきか?

2017/12/15

 

皆さん、こんにちは。

株式会社ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

 

集患に悩むクリニックは少なくありません。

 

どこのクリニックもそれなりの対策は練っており、

その中でも効果については差が出ているようです。

 

今回は患者さんに対して、

クリニックの何を伝えるべきか?についてお知らせししす。

 

クリニック経営コンサルタント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アピールすべきはこれだ!

先日私の行きつけの美容院にて髪をカットしてもらいました。

 

このお店の店長は

ビジネスをよく勉強していて話題が豊富なので、

月に一度カットをして頂きながら情報交換をするのを

何気に楽しみにしています。

 

私が医業経営コンサルティングを生業としている事も知っていて、

今回は何と医業経営に関する話で場が盛り上がりました。

 

よく考えてみると、

クリニックと美容院は業種こそ違いますが

ビジネスの形態は似ていますね。

 

どちらも店(クリニック)を構えていて、

お客さん(患者さん)が来るのを待つ形態です。

 

主な仕事は美容師(医師)が行いますが、

その前後はスタッフが担当することが多いですね。

 

気に入って貰えると継続して同じ所に通います。

 

また、どこも同じような手順で仕事(診療)をしていて、

外から見ただけではどんなお店(クリニック)かはよくわかりません。

 

自分にマッチするかどうかは一度行ってみるか、

口コミなどで判断をします。

 

こんな話をしながら、

その店長はこんなことを言いました。

 

「病院に行こうと思った時に

どこに行けばいいのか本当にわからないんですよ。

ホームページを見てもどこも同じような事しか書いていないし、

先生の立派な経歴を見ても

それは今の自分には関係がないので判断基準にはならないんですよね。」

 

では、どんなことを知りたいのかと伺ってみると、

 

「その先生がどんな人なのか、

どういう思いやどんな考え方で診療を行っているのかなど、

人柄やキャラクターのようなものがわかるといいですね。」

 

という答えが返ってきました。

 

これは私自身も日常的に感じていた事ですので、

我が意を得たりと嬉しくなってしまいました。

 

私も以前WEB上でクリニックを探した時に

同じ思いをした事があったのです。

 

やっぱりホームページの文章だけで

自分の人柄やキャラクターを伝える事はとてもハードルが高いですよね。

 

また、先生自身も変化成長していますので、

その様子などを伝えることもできません。

 

では、どうすれば良いのでしょうか。

 

私はホームページを補完する為に

ブログを書くことをお勧めしています。

 

書く内容は主に患者さんの役に立つ事。

 

といっても専門用語を使った難しい医学の内容ではなく、

日々の診療の中で感じた事や発見した事、

多くの方に教えてあげると助かるような事を

書くことが大事だと感じています。

 

その中には先生の人柄やキャラクター、

思いや考えていることなどが自ずと入る事でしょう。

 

そしてこのような情報を発信している先生に対しては、

患者さんも親近感を持ち、

この先生なら信頼できそうだと思ってくれるのではないでしょうか。

 

まず、ありのままの自分の姿や考えていることを

発信してみてください。

 

そもそも論文などで書く事をされてきた先生方ですから、

コツを掴めばそれほど苦も無くできると思います。

 

……こんな話をしていると、

その店長も自分も情報発信をしなければ・・・と考え始めたようです。

 

下記にて私の方からブログを書く事の効用について

動画で話していますので、ご覧ください。

患者さんに選ばれ続けるためにブログを活用する

 

 

医院の経営に関してお悩みの方は

下記よりお気軽にお問合せ下さい。

 

株式会社ドクター総合支援センター 代表取締役 近藤 隆二

近藤 隆二(こんどう りゅうじ)

医業経営コンサルティング
・ファイナンシャルプランニング

 

クリニックの院外経営幹部として、

医業経営とライフプランの両面から

院長先生を支え続けております。
お気軽にお問合せ下さい。
 
TEL:03-6272-5565

mail:r.kondo@k-com.jp
HP:https://www.doctor-dock.jp/

お問い合わせはこちら