各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 医療機関経営、医療法人化 > 医師の働く本質とは何か?

医師の働く本質とは何か?

2018/02/05

 

皆さん、こんにちは。

株式会社ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

 

先日、私の大学時代の同級生が

SNSにてある記事をアップしていました。

 

その記事は1月15日の日経新聞夕刊のコラム、

書き手はカルビー会長兼CEOの松本晃さんです。

 

これが「働く」という事に関して

すごく考えさせられましたのでご紹介させて頂きます。

 

医師働き方改革

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

働くって何だろう?

概要はこのようなものです。

 

「働き方改革って何?

 今、あなたは本当に働いているのですか。

 仕事の上でのあなたの顧客は誰なのですか。

 わたし自身に関していうと顧客は多岐にわたる。

     ・・・中略・・・
 
 さて、その顧客が抱えている問題って一体何ですか。

 消費者は何に困って何を求めているのですか。

     ・・・中略・・・
 では、今あなたはその顧客の問題を解決していますか。

 もしくは、少なくともその努力をしていますか。

 この質問に「イエス」と答える時、今あなたは働いている。

     ・・・後略・・・               」

 

 

私はこの文章を読んだ時、

今日1日の自分はどうだったのだろうか?

 

自分はクライアントの問題解決に真剣にかつ全力を尽くしていただろうか?

と思わず考えさせられました。

 

この設問は「仕事の本質」を

見事に突いていると感じました。

 

この記事を読んだ後、

私自身の仕事について振り返ってみました。

 

私の仕事のコンセプトは

「院外経営幹部」という立場で開業医、

または開業を検討しているドクターの医業経営や

ライフプラン実現のお手伝いをするというものです。

 

医業経営や医師人生においての不安やストレスを解消する為に、

毎月の経営会議などを通じて

問題解決や今後の展開のお手伝いをしています。

 

その結果、良いクリニックができ、

院長先生のご家族はもとより、

スタッフや患者さんにも良い影響が及び、

それらの方々に関わりのある方々も良い状態になって頂ければと考えています。

 

日々の仕事に追い掛けられていると、

ついこの初心を忘れてしまいがちになりますよね。

 

この事を思い出させて頂けた素晴らしい記事でした。

 

考えてみればクリニックの仕事もまったく同じことです。

 

自院を受診されると助かる患者さんはどのような方なのか。

 

それらの患者さんはどのようなことで困っているのか。

 

そして、どのような方法で患者さんの問題を解決しているのか。

 

これらを是非明らかにしましょう。

 

そして、困っている患者さんに

わかりやすく伝えて下さい。

 

医療の世界は日進月歩ですし、

先生方が当たり前だと思っている事を、

患者さんは意外とわかっていません。

 

そのような事も是非わかりやすく

伝えていただければと思います。

 

現代は低コストで情報を伝えるツールに恵まれています。

 

是非、これまで以上に

様々なツールを使って情報発信をして頂ければと思います。

これらのことについて動画でお話していますので、

下記をご覧下さい。

 

 

患者さんから選ばれる為に必要なこと②コマチを整える

 

 

どのような症状の人が自院を受診するのかを考えることが選ばれるための第一歩

 

 

医院の経営に関してお悩みの方は

下記よりお気軽にお問合せ下さい。

 

株式会社ドクター総合支援センター 代表取締役 近藤 隆二

近藤 隆二(こんどう りゅうじ)

医業経営コンサルティング
・ファイナンシャルプランニング

 

クリニックの院外経営幹部として、

医業経営とライフプランの両面から

院長先生を支え続けております。
お気軽にお問合せ下さい。
 
TEL:03-6272-5565

mail:r.kondo@k-com.jp
HP:https://www.doctor-dock.jp/

お問い合わせはこちら