各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 医療機関経営、医療法人化 > 人手不足時代はクリニックのスタッフ採用をマネジメントしましょう!

人手不足時代はクリニックのスタッフ採用をマネジメントしましょう!

2018/03/12

 

皆さん、こんにちは。

株式会社ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

 

少子高齢化が続き、

世間では人手不足感の強い業界が出始めました。

 

医療業界においては長く売り手市場が続き、

採用は大きなテーマとなっていますね…。

 

クリニックスタッフ採用

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

募集が来ない!

先日、私が参加する医業経営研鑽会の幹事会がありました。

 

この会は医業専門の専門家や企業の方々が会員で、

医業経営の情報やノウハウなどについて学べる

私にとって貴重な場です。

 

その幹事会に参加された方々に

こんな質問をしてみました。

 

「クライアントであるクリニックで

スタッフ募集をしても応募がないのですが、

皆さんのクライアントはいかがでしょうか?」

 

答えは想像していた通り、

「自分のクライアントも同じような状況です。」

というものです。

 

これまでも看護師の人手不足は慢性的でしたが、

受付スタッフにおいても

段々と同じような傾向になってきているそうです。

 

世の中では人手不足と言われて久しいですが、

医療業界も例外ではないということですね。

 

先日、クライアントである院長の奥様から驚く話しを伺いました。

日々通っているカーブスの壁に

インストラクター(何の資格も必要ないものです)募集のチラシが

貼られていたとのことです。

 

その時給が1,400円との事。

 

結構高額ですよね?

他業種も人手不足で

給与を上げて人材確保を進めているようです。

 

このような状況では、

すぐにでもクリニック経営の考え方を

変える必要があるかもしれません。

 

今までは辞める人が出ても補充すればいいや、という

感覚の方が多かったように思うのですが、

それを改めた方が良いかもしれません。

 

クリニックはごく一部の例外を除いて、

医師1人では運営できません。

 

看護師はもちろん、

受付スタッフなど

多くの方々の協力がないと成立しないのです。

 

皆さんのクリニックで現在のスタッフのうち

何名かが退職してしまい、

その後、補充できない事を想像してみて下さい。

 

業務が回らずに大変なことになると、

ゾッとするのではないでしょうか。

 

このような人手不足の状況では

現在のスタッフを大切にして

長く働きレベルアップし続けてもらうことが重要です。

 

看護師もちろんの事、

受付スタッフも大切にすべき事は言うまでもありません。

 

私はクリニックの受付業務は

相当高度でハードな仕事だと考えています。

 

受付や会計、電話対応などに加え、

接客、クレーム対応なども行わなければなりません。

 

患者が多くなると

休む間も無く考え、動き続けなければなりません。

 

このような仕事に応募してくる方は、

この仕事が好きか、

強い想いを持っている方が多いと感じています。

実に貴重な人材であると言えますね。

 

ただ誤解して頂きたくないのは、

ここでいう大切にするという事は

甘やかすという事ではないという事です。

 

真正面から向き合って、

院長自らの考えをきちんと伝えて、

スタッフの考えている事にも耳を傾けて、

クリニック全体をみんなで良くしていく

そういう環境を整えるという事です。

 

これは言うは易く行うは難しで、

実行するのはなかなか難しいですね。

 

まして院長生の多くは朝から晩まで診療をし、

多くの時間は診察室に入っている為に

スタッフの様子まではよくわかりません。

 

しかも患者さんが多くなり忙しくなると、

どうしてもスタッフとコミュニケーションを取る時間も

少なくなってしまいます。

 

こんな状態を放置していた為に

知らない内に様々な問題が発生してしまい、

スタッフの退職が多発するような状況を

私はこれまで数多く見てきました。

 

そんな事もあって、

私は診療時間を削ってでも

院長とスタッフ、またスタッフ同士が

コミュニケーションを取る時間を作って頂くように

クライアントにはお願いしています。

 

この時間は食事会のようなリラックスした場ではなく、

チーム全員で現在のクリニックが抱える課題を認識し

その改善策を考え、

どのように行動するかを

検討する為の時間にすることが重要です。

 

場合によっては診療時間を削らねばならないかもしれませんし、

短期的に見れば患者が減り、

経営に影響が出るかもしれません。

 

しかしこのような経営努力を続けているクリニックと

そうでないクリニックの間には

中長期的に見ると大きな差が出てくると思うのです。

 

そしてやはり努力を続けたクリニックが

患者から選んで頂きやすい事は明らかではないでしょうか。

 

現在の人手不足という状況を

さらに良いクリニックにする為のきっかけと受け止め、

今後の医院経営を

どのように進めていくのか1度考えてみて下さい。

 

 

医院の経営に関してお悩みの方は

下記よりお気軽にお問合せ下さい。

 

株式会社ドクター総合支援センター 代表取締役 近藤 隆二

近藤 隆二(こんどう りゅうじ)

医業経営コンサルティング
・ファイナンシャルプランニング

 

クリニックの院外経営幹部として、

医業経営とライフプランの両面から

院長先生を支え続けております。
お気軽にお問合せ下さい。
 
TEL:03-6272-5565

mail:r.kondo@k-com.jp
HP:https://www.doctor-dock.jp/

お問い合わせはこちら