各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 医療機関経営、医療法人化 > クリニックの経営は院長自身を成長させます!

クリニックの経営は院長自身を成長させます!

2018/04/30

 

皆さん、こんにちは。

株式会社ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

 

クリニックを開業すると

院長は経営者としてあらゆる問題に対処しなければなりません。

 

しかしその経験は院長自身を成長させる

素晴らしい経験でもありますので

ポジティブに受け止めるのが宜しいかと存じます。

 

クリニック開院、経営

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリニックの経営ってやりがいある~!

つい先日クライアントである開業医から

伺った言葉です。

 

「クリニックの開院は目的ではなく、スタートである」

 

「クリニック経営を通じて永遠の課題の答えを少しずつ見つけていく」

 

私はこの言葉を聞いて

これまでご支援してきた良かったと思いました。

 

なぜならこの言葉から、

院長自身の…

 

「クリニック経営を通じて、自分は変化・成長し続けるんだ」

 

という強い覚悟、意気込みを感じたからです。

 

「クリニックの開院は目的ではなく、スタートである」と

おっしゃったのは開院して15年以上が経つベテランドクター、

「クリニック経営を通じて永遠の課題の答えを少しずつ見つけていく」と

おっしゃったのは昨年開院したばかりの若いドクターです。

 

ベテランドクターの環境は

開院当時と現在では大きく変わっています。

 

クリニックの周辺の人口や年齢構成が変わり、

競合クリニック数が大幅に増えるなど

かなり大きな変化に見舞われています。

 

このような環境の中で

いかに患者さんに自院を選んで頂くのか。

 

日々医療を深く学び、

自分自身とクリニックを磨き続けておられます。

 

若いドクターは、

毎月新しい事にチャレンジし続けています。

 

院内アメニティを充実させたり、

独自のポスターを作成し駅に期間限定で掲示したり、

最高級のティッシュペーパーを置いたり、

スタッフが働きやすい環境作りの為に様々な手法を試したり…など。

 

上手く行く事ばかりではありませんが、まず動く。

そして効果的な事は継続し、

そうでない事は止める。

 

これを繰り返す。

経営全般でこれを行なっておられます。

 

クリニック経営には

これで完璧という絶対的な正解はありませんが、

お2人のクリニックは

時間が経てば経つほど

良いクリニックになっていくのが目に見えるようです。

 

これからの医療業界を取り巻く環境は

厳しさを増していくと考えられます。

 

医療そのものもどんどん進化し、

世の中の考え方も大きく変わっていますからね。

 

そんな中で現状維持は命取りになりかねません。

むしろ現状維持は後退を意味するのかもしれません…。

 

皆様も変化・成長をキーワードに

日々クリニック経営に取り組んで頂きたいと思います。

 

これから開院するクリニックが変化・成長し続けるための
「クリニック経営講座・基礎コース」開催のご案内

どうぞご検討下さい。

 

 

医院の経営に関してお悩みの方は

下記よりお気軽にお問合せ下さい。

 

株式会社ドクター総合支援センター 代表取締役 近藤 隆二

近藤 隆二(こんどう りゅうじ)

医業経営コンサルティング
・ファイナンシャルプランニング

 

クリニックの院外経営幹部として、

医業経営とライフプランの両面から

院長先生を支え続けております。
お気軽にお問合せ下さい。
 
TEL:03-6272-5565

mail:r.kondo@k-com.jp
HP:https://www.doctor-dock.jp/

お問い合わせはこちら