各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 医療機関経営、医療法人化 > スタッフとのコミュニケーションはメールやLINEだけでは足りません!

スタッフとのコミュニケーションはメールやLINEだけでは足りません!

2018/08/27

 

皆さん、こんにちは。

株式会社ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

 

クリニックを経営する院長にとって

スタッフとのコミュニケーションをいかにして取るか?は

永遠の課題ではないでしょうか?

 

クリニックスタッフコミュニケーション

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールやLINEで良いのか?

クリニックを円滑に運営する上で、

スタッフが活き活きと明るく働ける環境を整える事は大事ですよね。

 

来院する患者さんの為にも

必要不可欠であると思います。

 

その為には院長とスタッフ、

スタッフ同士のコミュニケーションが

充分に取れている事が大切になってきます。

 

最近では、

コミュニケーションを取る為に

メールやLINEなど

便利なツールを活用されている方も多いでしょう。

しかしこれらのツールは

万能ではない事も理解しておくべきです。

 

私のクライアントに

積極的にLINEを活用している院長がいらっしゃいます。

 

何か問題があると

すぐに解決策を指示したり、

アイデアが浮かぶとすぐさま伝えたりと

日々スタッフにLINEでメッセージを伝え続けています。

 

このこと自体は素晴らしいのですが、

スタッフに十分内容が伝わりきっていない事があるようです。

 

時には、スタッフが

メッセージの意味を理解できていないにも関わらず、

院長に確認する事ができない状況もあるようです。

 

このような状態で

院長から一方的にメッセージを伝え続けても、

かえって逆効果になってしまい、

院長とスタッフの距離は離れていってしまいます。

 

コミュニケーションを充分取る為には、

まず環境を整える必要があります。

 

その環境とは

双方がお互いを理解し合おうという

共通理解が持てる状態です。

 

そして、この環境は

メールやLINE「だけ」で作り上げる事は困難です。

 

では、どうすれば良いでしょうか。

 

私は院長も参加する

定期的なスタッフミーティングをすることをお勧めしています。

 

何だ、そんなことか・・・

と思われるかもしれませんが、この効果は絶大です。

 

先日あるクライアントのスタッフから

このように言われました。

 

「スタッフ全員の顔が見えるミーティングをするようになって、

雰囲気が劇的に良くなりました。」

 

院長を含めた全員で話し合える場があることで、

スタッフは現在の課題を

前向きに改善できる可能性を感じているのでしょう。

 

そして、その可能性がない…と感じると

不安になり、最悪退職してしまうのです。

 

スタッフの将来に対する不安を解消する力が

このミーティングにはあるのです。

 

そしてその力を引き出すには

安心して意見交換ができて、

お互いを理解しようという共通理解を持てる

<場づくり>をしなければならない事は言うまでもありません。

 

クリニックを健全に運営する為のスタッフミーティング、

個別面談についてお話ししています。

 

以下で御覧ください。

 

 

 

医院の経営に関してお悩みの方は

下記よりお気軽にお問合せ下さい。

 

株式会社ドクター総合支援センター 代表取締役 近藤 隆二

近藤 隆二(こんどう りゅうじ)

医業経営コンサルティング
・ファイナンシャルプランニング

 

クリニックの院外経営幹部として、

医業経営とライフプランの両面から

院長先生を支え続けております。
お気軽にお問合せ下さい。
 
TEL:03-6272-5565

mail:r.kondo@k-com.jp
HP:https://www.doctor-dock.jp/

お問い合わせはこちら