各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 医療機関経営、医療法人化 > クリニック移転や大規模改修などの実施前には綿密なシミュレーションをいたしましょう!

クリニック移転や大規模改修などの実施前には綿密なシミュレーションをいたしましょう!

2018/09/03

 

皆さん、こんにちは。

株式会社ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

 

経営において、

事前にシュミレーションをすることは

とても大事な事だと思います。

 

望ましい結果が出るのかどうか?

リスクはどの程度あるのか?

 

しっかり把握しておきたいですね。

 

クリニック経営シュミレーション

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きな設備投資は慎重に!

今年の夏は酷暑や台風などで体調を崩しがちです。

皆様も、どうかくれぐれもお体にはお気をつけ下さいね。

 

さて、私のクライアントでも

このところクリニックの移転や大規模改修など

多額の設備投資を伴う計画をされている方からの

ご相談が相次いでいます。

 

やはりこのまま計画を進めても大丈夫か?

不安があるのでしょうね。

 

私はこのような不安を持つ事自体は

とても良いことだと思います。

 

それだけ真剣に経営に向き合い、

計画を成功させる為に

どうすべきかを具体的に考えている証拠だからです。

 

では、その不安を打ち消すには

どのようにすれば宜しいのでしょうか。

 

私は計画を実行する前に

できるだけ詳しい事業計画を作り、

何度もシミュレーションする事をお勧めしています。

 

シミュレーションをする上で大切なことは、

その計画の前提が現実的なものである事、

資金繰りの目途が立つのかをチェックするという事です。

 

まず前提が現実的でないと、

シミュレーションしても意味がありません。

 

例えば、移転をすれば患者数が倍になるとか、

医師を増員すれば急激に患者が増えるとか、

人件費や経費を大幅に下げて収入を上げるなどという計画は、

よほどの根拠がない限り現実的ではないですよね。

 

また、経営を継続するには

資金繰りの目途を付けておく事は必須事項です。

 

大規模な設備投資をする時には

金融機関から借り入れをする事が多いですが、

その条件(借入額・金利・返済期間・据置期間など)を

具体的に考えてシミュレーションする必要があります。

 

借入の返済は

クリニックの資金繰りを圧迫する最大の原因の一つですので、

慎重にシミュレーションしておくべきです。

 

そして、この計画では経営が継続できず、

様々な対策を検討しても無理だと判断した場合は、

勇気を持って計画を白紙撤回することをお勧めします。

 

ただ撤回するのではなく

どのような条件が揃えば計画を実行できるのか、

そのためには何をすれば良いのかを考えて、

計画を実行するタイミングを探るようにしましょう。

 

これからクリニックの経営を取り巻く環境は

厳しさを増していきます。

 

マーケットは縮小し、

競合が厳しくなっていくからです。

 

現在世の中で上手くいっている事例は

過去の環境で実現できたものです。

 

そして、外部から見ると上手く行っているようでも

内情は火の車という事例も少なくありません。

 

多額の借入を伴う設備投資を行う時には、

地に足をつけた事業計画を作り

慎重にシミュレーションをする事をお勧めします。

 

  • 【クリニックを移転する時に検討するべき項目例】

     

    ・過去の業績のトレンドを見ると移転後の業績はどのようになりそうか

     

    ・賃貸契約解約・退出時の現状復帰の条件・費用

     

    ・移転時にかかるお金
     引越し費用(特に精密医療機器の移転費用)、内装費、追加購入するものなど
     不動産購入時には購入資金


    ・移転後に必要となる費用(賃貸料、人件費など)

     

    ・移転のために必要な借入金額(設備投資資金、運転資金)

     

    ・移転後に事業を継続するために行うべきこと  etc.

 

状況に応じて

その他様々な事を検討する必要があります。

 

当社ではクリニックの移転、大規模改修、分院開設時などの

事業計画シミュレーションのお手伝いをさせて頂いています。


ご希望の方は「事業計画シミュレーション相談」と書いて

以下からご連絡ください。

 

事業計画シミュレーション相談

 

「クリニックの手元に残るお金の計算方法」について

以下でお話ししていますのでご覧ください。


 

 

医院の経営に関してお悩みの方は

下記よりお気軽にお問合せ下さい。

 

株式会社ドクター総合支援センター 代表取締役 近藤 隆二

近藤 隆二(こんどう りゅうじ)

医業経営コンサルティング
・ファイナンシャルプランニング

 

クリニックの院外経営幹部として、

医業経営とライフプランの両面から

院長先生を支え続けております。
お気軽にお問合せ下さい。
 
TEL:03-6272-5565

mail:r.kondo@k-com.jp
HP:https://www.doctor-dock.jp/

お問い合わせはこちら