各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > セミナー、研修、イベント > クリニックの経営データを把握するのは院長の大事な仕事です!

クリニックの経営データを把握するのは院長の大事な仕事です!

 

皆さん、こんにちは。

株式会社ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

 

経営者が経営データを把握する。

 

ごく当たり前の事と思いますが、

経営データを適切に把握できている院長先生は

どれくらいいらっしゃるでしょうか?

 

クリニック経営データ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリニックの現状をデータで把握しましょう!

私はクリニックの経営に関するご相談を頂いた際には

まず最初に決算状況を教えて頂くようにしています。

 

それはなぜか?

 

クリニックを経営する目的は

診療を継続し続ける事であって、

その為には適正な利益を出して

経営を継続するのに必要なお金を蓄えておく必要があるからです。

 

経営は突き詰めると資金繰り、

キャッシュフローであります。

 

お金が不足する場合には

その原因を早期に把握して対策を考える必要がありますが、

その為には決算データを確認する事が必要不可欠なのです。

 

ところが決算データだけでは充分ではないのです。

 

例えば月次の決算書を確認して

昨年対比でずっと収入が減少し続けているクリニックがあったとします。

 

収入が減り続けている事は把握できるのですが、

その原因は決算書を見ても中々掴めません。

 

ではどんな情報があれば

原因を追求する事ができるでしょうか?

 

収入は下記の計算式で表せます。

 

収入 = 診療単価 × 患者数

 

収入が減っている原因は

診療単価が下がっているか、

患者数が減っているか、

またはその両方かとなります。

 

この計算式から収入が減っている原因を明らかにするには

診療単価・患者数(新患数・再診数)が

どのように推移しているのかを確認しなければなりません。

 

また患者さんがどのような経緯で受診しているのかがわかると

さらに原因を把握し、対策を打ちやすくなります。

 

来院して受診された経緯は口コミなのか、

ホームページを見たのか、

看板を見たのか、

他の医療施設からの紹介なのかなど、

何が自院にとって

必要なデータなのかは医療施設ごとに異なります。

 

実はこの考え方は

医療の診察とも似ています。

 

生活習慣病の患者さんを

継続的に診療しているケースを思い浮かべて下さい。

 

まず定期的に問診や検査をして

患者さんの状況を把握しますよね。

 

問題がなければよし、

問題があればその原因を追求して対策を考えます。

 

その時に必要であれば

詳しい検査をする事もあるでしょう。

 

この検査データが

クリニックの経営情報に相当するものだと考えると

分かりやすいですね。

 

クリニックという組織も生活習慣病の患者さんと同様、

定期的な診断をし、課題を明らかにし、

対策を打ち続ける必要があります。

 

人の健康も、組織の健康も、

継続して維持するには

適切なメンテナンスが必要なのです。

 

クリニック開院を検討しているドクターの為の
「クリニック経営講座。基礎コース」を

10月14日に開講します。


詳細は以下でご確認ください。
クリニック経営講座・基礎コース

 

 

医院の経営に関してお悩みの方は

下記よりお気軽にお問合せ下さい。

 

株式会社ドクター総合支援センター 代表取締役 近藤 隆二

近藤 隆二(こんどう りゅうじ)

医業経営コンサルティング
・ファイナンシャルプランニング

 

クリニックの院外経営幹部として、

医業経営とライフプランの両面から

院長先生を支え続けております。
お気軽にお問合せ下さい。
 
TEL:03-6272-5565

mail:r.kondo@k-com.jp
HP:https://www.doctor-dock.jp/

お問い合わせはこちら