各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 医療機関経営、医療法人化 > ビジネスの視点でクリニック経営を考える!?

ビジネスの視点でクリニック経営を考える!?

2018/10/11

 

皆さん、こんにちは。

株式会社ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

 

クリニックの経営はビジネスか否か?

様々なご意見があると思いますが、

少なくともビジネス的な要素を

全く無視する訳にはいかないのではないでしょうか?

 

クリニック経営ビジネス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビジネスの視点でクリニック経営を考える!?

私の個人的な見解ですが
クリニックの経営は

「ビジネス」だと考えております。

 

「ビジネス」というと

「お金儲け」というイメージがあり、

医療はお金儲けではないという方がいらっしゃると思います。

 

しかしここで申し上げるビジネスとは

単なるお金儲けではないのです。

以下のようなものだと考えてみて下さい。

 

『ビジネスとは、相手に「価値」を与えて「対価」を得ること。』

 

ここで重要なことは、

まず相手に「価値」を与えるという事ですね。

 

そして「価値」とは自分が思う価値ではなく

相手が感じるものであるという考えが大事です。

 

自分視点ではなく、

相手視点の価値だという事ですね。

 

またここでいう「対価」はお金のみではなく、

目に見えない価値もあるという事を忘れてはいけません。

 

クリニックの場合、

対価というとまず診療報酬が頭に浮かびますが、

その他にも患者さんからの感謝の言葉や

笑顔、口コミや紹介、継続して受診頂ける事なども

対価と言って良いと考えます。

 

では患者さんの求める価値とは

どのようなものでしょうか。

 

それはズバリ、「健康になる事」です。

 

この価値を感じて頂くには受診して頂く必要があるのですが、

ではどうすれば受診して頂けるのでしょうか?

 

それは患者さんが感じている不安やストレスを解消し、

健康を回復できるという希望が持てる情報を提供する事です。

 

その情報に触れた患者さんは

自分に有益な情報を教えてくれるクリニックを

受診する確率は高くなってきます。

 

そして期待通りの成果が出ると

「価値」を感じて頂け「対価」を頂けるのです。

 

ここで注意しなければならない事は、

期待外れだと患者さんは「マイナスの価値」を感じ、

二度と受診しない、

悪い口コミなどの「マイナスの対価」を頂く事になってしまいます。

 

これではクリニックの経営を継続する事は

困難となりかねません。

 

くれぐれも自院の現状に沿った情報を提供する事が大事で、

嘘や誇大な情報を提供する事は慎むべきですね。

 

そして、患者さんに「価値」を感じて頂ける為には

クリニッというチームが

良い状態であり続けるよう努める事も大切です。

 

あなたのクリニックでは

どのような情報を

どのような方法で患者さんに伝え続けていますか?

 

クリニックを良い状態にする為に

どのようなことをしていますか?

 

地域の方々に

どのような情報をどのような方法で伝えていけば良いのか、

クリニックというチームを整えるには

どうすれば良いのかなどを6回コースでお伝えする
「クリニック経営講座。基礎コース」を10月14日に開講します。


詳細は以下でご確認ください。

「クリニック経営講座・基礎コース」

*当講座はクリニックの開院を真剣に検討されている方のための講座です。

 

 

医院の経営に関してお悩みの方は

下記よりお気軽にお問合せ下さい。

 

株式会社ドクター総合支援センター 代表取締役 近藤 隆二

近藤 隆二(こんどう りゅうじ)

医業経営コンサルティング
・ファイナンシャルプランニング

 

クリニックの院外経営幹部として、

医業経営とライフプランの両面から

院長先生を支え続けております。
お気軽にお問合せ下さい。

TEL:03-6272-5565

mail:r.kondo@k-com.jp
HP:https://www.doctor-dock.jp/

 

お問い合わせはこちら