各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 医療機関経営、医療法人化 > 接遇マナーはクリニック全体の問題です!

接遇マナーはクリニック全体の問題です!

2019/03/11

 

皆さん、こんにちは。

株式会社ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

 

クリニックに来院して頂く患者さんに提供すべきものは何か?

1つや2つではないと思います。

 

貴院のスタッフの接遇はいかがですか?

いくら院長が丁寧な診察をしても

1人のスタッフが患者に嫌な思いをさせてしまうと

その患者さんは来院しなくなってしまうものですよね…。

 

クリニック接遇マナー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

患者が来なくなる接遇…

これまで多くの開業医の先生方に、

患者から選んで頂けるクリニックになるには、

クリニックというチームを

良い状態に整えておく必要があるとお伝えし続けてきました。

 

そしてチームのほとんどが良い状態であっても、

たった1人のスタッフの状態が悪いだけで

患者の評価が下がってしまう事も数多く見てきました。

 

実は先日ですが、

私自身があるレストランで

患者さんの嫌な気持ちがよくわかる経験をしたのです。

 

弊社のオフィスは飯田橋にあり、

よく神楽坂にランチに行くのです。

 

先日は久しぶりに、

ある有名なイタリアンレストランに行きました。

 

有名シェフがオーナーで

複数のお店を持っているのですが、

珍しくオーナー自らが接客をしていたのです。

 

不思議に思いましたが、

その理由は後になってわかりました。

 

ランチはとても美味しいパスタと焼きたてのピザを頂き、

大満足で食事を終えたのですが、

最後の会計の時に…

その気持ちが萎えてしまう出来事があったのです。

 

会計を担当したスタッフの態度がどうも今ひとつ…。

 

何か決定的に悪い事がある訳ではないのですが、

何だか非常に嫌な感じを受けたです。

 

たまたまそのスタッフの体調が悪かったのかも知れませんが、

それまで美味しく楽しくランチを頂けたので

とても残念に思いました。

 

些細な出来事ですが、

これではこのお店に来なくなってしまう

お客さんもいるかも知れないな、と感じたのです。

 

似たような事は多くのクリニックで起こっているかもしれません。

すべてのスタッフが常に良い状態でいる事は

大変困難ではありますが、

そこを目指していないと状態は

どんどん悪化してしまう危険性があります。

 

どうやらオーナーシェフは

このお店の状態が良くない事に気づいて

立て直しのために来ていたようです。

 

店長らしきスタッフに付きっきりで

必死に接客の指導をしている姿に

オーナーの強い危機感を感じました。

 

クリニックというチーム全体を整え続ける事の

重要性を再認識した出来事でした。

 

クリニックのチームを整える事の重要性について

動画でお話をしていますのでご覧下さい。

 

<クリニックというチームを整え続ける>

 

クリニックを開院する前に

クリニックのチームを整える事の

重要性・行う事を学ぶ為の講座を4月から開講します。

「クリニック経営講座・基礎コース」

 

皆様のご参加を心からお待ちしております。

 

 

医院の経営に関してお悩みの方は

下記よりお気軽にお問合せ下さい。

 

株式会社ドクター総合支援センター 代表取締役 近藤 隆二

近藤 隆二(こんどう りゅうじ)

医業経営コンサルティング
・ファイナンシャルプランニング

 

クリニックの院外経営幹部として、

医業経営とライフプランの両面から

院長先生を支え続けております。
お気軽にお問合せ下さい。

TEL:03-6272-5565

mail:r.kondo@k-com.jp
HP:https://www.doctor-dock.jp/

 

お問い合わせはこちら