各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 医療機関経営、医療法人化 > これからクリニックを開業するけどいずれは医療法人化したいです!

これからクリニックを開業するけどいずれは医療法人化したいです!

2019/07/15

 

皆さん、こんにちは。

株式会社ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

 

当初は個人開業でクリニックを開設します。

しかし数年後に医療法人化したいと

お考えの先生は多いのですが…果たして…。

 

クリニック個人開業医療法人

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医療法人化はいつする?そもそもすべきか?

先日、クリニックを開院されたばかりの先生から

下記のようなご質問がありました。

 


クリニックを近日開院します。
将来は医療法人で運営したいと考えています。
医療法人設立の時期はいつごろがよいのでしょうか?

これは一般的な回答は正直ございません。
目的や経営状況によって
個別具体的に判断されるのが良いでしょう。

 

 

医療法人を設立される目的には

大きく二つあると思われます。

 

1つは複数の医療施設や介護施設を開設するなど、

経営の多角化を図る場合。

 

2つめは節税などを行い、

財務体質を強くするため。

 

この他にも

事業承継、相続対策なども考えられます。

 

そしてこれらの目的が複雑に絡み合っているケースが

実際には多いようです。

 

まずは、何のために医療法人を設立するのかを

ご自身の中で明確にしましょう。

 

多角化が目的であれば、

最初から医療法人を設立することも考えられます。

 

財務体質の強化が目的なら、

収入・利益の状況をみて、

医療法人を設立したほうが

有利な時期になってから(または、なると予想される時期)に

設立をしましょう。

 

くれぐれも注意しなければならないのは、

目的が特になく、

業績も明確に予測できない中で、

ただ何となく、根拠もなく、

医療法人を設立する事です。

 

周りの方に勧められるがままに、

安易に医療法人を設立し、後から失敗した…と

おっしゃる先生も意外と多くいらしゃいます。

 

消費税の事を単純に考えると、

2年間は個人で医業を行い、

3年目から医療法人を設立すると効果的です。

この方法をとると、4年間は消費税がかからないのです。

 

消費税は自由診療にかかる税金です。

(保険診療には掛かりません。)

 

自由診療の割合の多いクリニックでは

大変有効です。

 

これについては

「基準期間がない法人の納税義務の特例」

参照して下さい。

 

まずはご自分のクリニックの目的、

状況をみて慎重に考えましょう。

 

 

医院の経営に関してお悩みの方は

下記よりお気軽にお問合せ下さい。

 

株式会社ドクター総合支援センター 代表取締役 近藤 隆二

近藤 隆二(こんどう りゅうじ)

医業経営コンサルティング
・ファイナンシャルプランニング

 

クリニックの院外経営幹部として、

医業経営とライフプランの両面から

院長先生を支え続けております。
お気軽にお問合せ下さい。

TEL:03-6272-5565

mail:r.kondo@k-com.jp
HP:https://www.doctor-dock.jp/

 

診療圏調査バナー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちら