各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 医療機関経営、医療法人化 > クリニックの問題は該当スタッフが退職すれば解決するのか?

クリニックの問題は該当スタッフが退職すれば解決するのか?

2019/07/22

 

皆さん、こんにちは。

株式会社ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

 

クリニックを開業して課題となるのは、

 

  • ・スタッフのマネジメント

    ・お金のマネジメント

    ・集患マーケティング

 

この3つが大きいと感じています。

 

クリニックスタッフ問題

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このところ、

「クリニックのスタッフに問題があるので何とかしたい…」

というご相談を頂く事が

以前にも増して増えているように感じます。

 

そして詳しくお話しを伺うと、

「ん?どこかで聞いたことがある話しだな…」

という事がほとんどです。

 

つまりどのクリニックでも

(あるいはどの組織でもと言った方が良いかもしれませんが)

スタッフのマネジメントに関する課題は多く、

経営者である院長の頭を悩ましている事が

よくわかります。

 

しかしスタッフの問題は

本当にスタッフだけの問題なのだろうか?

と感じることもあるのです。

 

もちろんスタッフに

何らかの問題がある事は間違いありませんが、

これは表面的なもので

実はもっと他に根本的な問題が隠れているのではないかと

感じることがあるのです。

 

なぜなら特定のスタッフが辞めた後、

ようやく問題が解決したと思いきや

少し時間が経つと

似たような問題が再発する事が少なくないからです。

 

経営者の立場である院長は、

目の前に問題が発生すると

すぐに解決しなければ…と考え対策を打とうとします。

 

このこと自体は良い事ですが、

本当の原因は何かという事を把握せずに

本質的な解決をする為の

実効的な手を打たなければ

同じ事が何度も起こってしまう訳です。

 

先日ある院長先生とお話しをしていて、

このような状況を解決するには

生活習慣病の治療プロセスが

参考になるのではないかという話しになりました。

 

生活習慣病の、

現在目に見えている症状は結果であって、

それがもたらされる原因は食事の偏りや運動不足、過剰なストレスなど

様々な生活習慣の不備が原因になっています。

 

そしてある症状が出た時に

投薬や手術などで抑えたとしても、

なかなか根本的な治癒には至りません。

 

様々な生活習慣の不備を正して、

身体そのものを整えなければ

また同じような症状が発生するからです。

 

これはクリニックという組織にも

当てはまるのではないかと感じています。

 

人の身体を正しい状態に戻すように、

組織の状態を正しくする、

正しい組織風土にする事で

組織の健康を維持する事ができるのではないでしょうか。

 

人の身体も、

クリニックという組織も、

常に意識して健康な状態を維持する努力をし続けないと

いつの間にか病が忍び寄ってくるのかもしれません。

 

患者さんの健康に向き合うように、

自分のクリニックの健康にも向き合うという意識が持てると

良いクリニックが築けるのでしょうが、

言うは易し行うは難し、です。

 

院長は日々忙しく診療をしながら

経営も行っている訳ですから、

自院を客観的に冷静に見つめ、

課題の本質的な原因を見極めるのは思いの外

困難です。

 

このような方の為に

当社では無料相談をお受けしています。

 

クリニックのマネジメントなどでお悩みの方は、

以下のメールに「無料相談希望」と書いてご連絡ください。
info@doctor-dock.jp

 

誰かに話しをするだけで、

頭の整理ができ問題解決の糸口が見えてくるかもしれません。

 

クリニックという組織がうまくいかない原因について

私は話した内容を下記、動画で視聴できます。

よろしければご覧下さい。

 


「なぜクリニックの組織は崩壊して機能不全に陥ってしまったのか?」


 

医院の経営に関してお悩みの方は

下記よりお気軽にお問合せ下さい。

 

株式会社ドクター総合支援センター 代表取締役 近藤 隆二

近藤 隆二(こんどう りゅうじ)

医業経営コンサルティング
・ファイナンシャルプランニング

 

クリニックの院外経営幹部として、

医業経営とライフプランの両面から

院長先生を支え続けております。
お気軽にお問合せ下さい。

TEL:03-6272-5565

mail:r.kondo@k-com.jp
HP:https://www.doctor-dock.jp/

 

診療圏調査バナー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちら