各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 医療機関経営、医療法人化 > クリニックの院長がブログを書く事の経営上のメリットとは!

クリニックの院長がブログを書く事の経営上のメリットとは!

2017/08/03

 

皆さん、こんにちは。

株式会社ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

 

ブログ…。

個人が情報発信をしやすくなったのは確かですが、

いざ書こうと思うとなかなか書けないものですよね…。

 

今回はクリニック経営における

ブログのメリットについて考えてみます。

 

ポジティブにブログを考えてみましょう!

私はクライアントであるクリニックの院長先生に対して、

時々ブログを書く事をお勧めします。

 

02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

するとほぼ一様に、皆さん嫌そうな顔をするんですね(苦笑)。

 

そして、

「ブログはちょっとね~」

「効果が見えないからね~」

「書くネタが見つからないしね~」

とおっしゃられるケースが多いです。

 

これは今までご自身が読んできたブログに

ネガティブなイメージを持っている事が要因のようです。

 

しかしそうであればブログの内容を

自分の価値基準に合ったものにしてしまえば良いのです。

 

ブログに対して、

プライベートをオープンにして書くもの…、

営業的な広告を積極的にするもの…、

毎日のように頻繁に更新するもの…、

などというイメージを持っていらっしゃるようですが、

これは勝手な思い込みだと思います。

 

いつ、何を、どのように、書くのかは

本来的には書き手の自由です。

 

クリニックにとって

ブログはコミュニティに対する情報伝達の手段です。

自院を受診する可能性のある近隣にお住いの方々に対する

ごくシンプルな情報伝達です。

 

そう考えると院内に掲示するポスターや

リーフレット、パンフレットなどと

ほぼ同じ位置付けのさらに簡易的、かつ便利なツールですね。

 

コミュニティの方々がスマホで情報検索をする時代に、

このツールを活用しない手はありません。

 

ブログに対するマイナスの先入観を一旦取り除き、

いつか患者になるかもしれない方々に対する

宣伝広告ツールとして考えてみて下さい。

 

下記では自院にとってのコミュニティを明らかにすることの重要性を

動画でお伝えしています。どうぞご覧ください。

 

 

医院の経営に関してお悩みの方は

下記よりお気軽にお問合せ下さい。

 

株式会社ドクター総合支援センター 代表取締役 近藤 隆二

近藤 隆二(こんどう りゅうじ)

医業経営コンサルティング
・ファイナンシャルプランニング

 

クリニックの院外経営幹部として、

医業経営とライフプランの両面から

院長先生を支え続けております。
お気軽にお問合せ下さい。
 
TEL:03-6272-5565

mail:r.kondo@k-com.jp
HP:https://www.doctor-dock.jp/

お問い合わせはこちら