各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 保険、資産管理、投資 > 医療法人で加入している生命保険を正しく把握できていますか?

医療法人で加入している生命保険を正しく把握できていますか?

 

皆さん、こんにちは。

株式会社ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

 

もしもの時に備えて…とか、

節税対策のために…とか、

生命保険を利用している医師は多いですが、

その内容をしっかり把握されていらっしゃいますでしょうか?

 

これがなかなかできないものなんですよね…。

と言う事で今回のコラムは、

「医療法人で加入している生命保険を正しく把握できていますか?」として

情報提供させて頂きます。

 

01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リタイアの時期とライフプラン

先日、クライアントのドクター数名で

リラックスした情報交換会を開催しました。

 

この会は三ヶ月ごとに開催しているのですが、

いつもざっくばらんな話ができ、

私自身も多くの学びや気付きを頂けております。

 

参加者の年齢は50~60歳代に手が届く方が多いので、

最近ではご自分のリタイアに関する話で盛り上がることが多いのです。

 

先日の情報交換会であるドクターが、

医療法人で加入している生命保険の解約返戻金のピークが

確か60歳くらいだったと思うんだよね、

それくらいでリタイアするのがいいのかな?

とふと洩らされました…。

 

私は、

「60歳は全然早過ぎますよ、

それに生命保険の解約返戻金のピークに

リタイアの時期を合わさる必要などございません。

ご自身のライフプランなど様々な事情も踏まえた上で、

一番自分にとって適切と思うタイミングを考えた方が良いですよ。」

とお伝えしました。

 

それと気になったのは、

現在加入している生命保険の解約返戻金のピークは

もっと先のはずだということです。

 

そこで、再度加入当時の資料を確認して頂きましたら、

やはり勘違いでピークは75歳前後である事が明らかになりました。

 

これで1つ気になっていることが解消できましたね。

 

何度も申しますが、

解約返戻金にリタイアの時期を合わせる必要はありませんが、

60歳でリタイアを考えるのと、

75歳で考えるのとではライフプランに大きな違いが出てきます。

 

現在加入している生命保険の状況がよくわからなければ、

生命保険の専門家に確認するようにして下さい。

 

私のクライアントの中には、

毎年、生命保険の加入状況の説明を受けている方もいらっしゃいます。

 

生命保険に限らず、

定期的に様々な状況を確認する習慣を持つと良いかもしれませんね。

 

生命保険に加入するときの考え方について動画でお話ししましたので、

以下で御覧ください。

クリニックの院長先生はどんな保険に入ればいいの?

 

 

医院の経営に関してお悩みの方は

下記よりお気軽にお問合せ下さい。

 

株式会社ドクター総合支援センター 代表取締役 近藤 隆二

近藤 隆二(こんどう りゅうじ)

医業経営コンサルティング
・ファイナンシャルプランニング

 

クリニックの院外経営幹部として、

医業経営とライフプランの両面から

院長先生を支え続けております。
お気軽にお問合せ下さい。
 
TEL:03-6272-5565

mail:r.kondo@k-com.jp
HP:https://www.doctor-dock.jp/

お問い合わせはこちら