各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 医師からの情報発信 > 問診データを電子カルテに自動連携、診察を効率化させる【メルプ】を開発した吉永和貴先生より

問診データを電子カルテに自動連携、診察を効率化させる【メルプ】を開発した吉永和貴先生より

 

皆さん、こんにちは。
ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

3時間待ちの3分診療などと揶揄される外来診療…。

医師だって本当はじっくり診察したい…。

でもそうできない理由もあるんですよね…。

 

そこで医師が診察に少しでも時間が取れるように、

<問診>をシステム化して、

診察時間の効率化を進める【メルプ】を開発した

株式会社flixyの代表取締役の吉永和貴先生(内科医)に

インタビューをさせて頂きました。

 

医療ビジネス健全化協議会は、

今後も様々な医師からの情報を提供してまいります。

どうぞ本コラムもご参考になさって下さい。

 

問診システム診療効率化

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロフィール

聞き手)吉永先生、こんにちは。
    この度は医療ビジネス健全化協議会へのご協力有難うございます。

    まずは吉永先生のプロフィールを簡単にお教え下さい。

 

吉永先生)こんにちは。
     私は2014年に慶應義塾大学を卒業し、

     総合内科に強い東京ベイ・浦安市川医療センターと

     慶応義塾大学病院で初期研修を行いました。

 

     その後、訪問診療と夜間の内科外来をしていましたが、
     2016年9月に医療機関向けのソフトウェア・IoTサービスを
     開発する会社を立ち上げました。

 

なぜ医師でありながら企業の経営を?

聞き手)初期研修を終えて順風満帆に医師として成長していたのに

    どうして吉永先生はソフト・IoTサービスの開発をう会社を

    起業しようと思ったのですか?

    是非きっかけなどをお教え下さい。

 

吉永先生)大学生の時に、
     簡単なWebサービスの立ち上げに声を掛けられたことが

     きっかけでプログラミングに触れる機会があり、
     サービスをゼロから作るのが楽しいと感じたのが、

     初めてのきっかけです。

 

     その後、プログラミングにのめり込み、

     卒業する頃には、将来はヘルスケア領域でITを絡めたサービスを

     立ち上げられないかな?とぼんやりと考えていました。

 

     そして、初期研修を終え、

     訪問診療や外来をしている際に、

     医療機関ではまだまだ診療周りを効率化できる部分があり、

     現場の視点を持ってITで変えていくことができるのでと思ったことが

     直接の企業のきっかけです。

 

【メルプ】開発秘話!

聞き手)今開発されている【メルプWEB問診】ですが、

    吉永先生はなぜ<問診>に目を付けたのでしょうか?

    実際にメルプについて詳しくお教え頂きたいのと、

    開発秘話などあればお聞かせ下さい。

 

吉永先生)電子カルテは国も率先して普及を進めており、

     中小病院・大学病院では90%以上、

     診療所でも50%程度と徐々に浸透しています。

     一方で、診察前の問診については紙で運用しているところが

     ほとんどです。

 

     自分の勤務先のクリニックでも、

     電子カルテ+紙問診の運用で

     当たり前のようにやっている作業で、

     実はかなり時間が掛かっている業務があることに気づきました。

 

     それは、↓

     問診メルプ

 

といった3つの作業です。

 

1日の患者さんが60人のクリニックですと、

この作業だけで実は90分も掛かっている事になります。

 

今まで当たり前のようにやっていました

(ちなみに自分が勤務していたクリニックでは、

医師が電子カルテへの問診入力と

シュレッダーをやる時もありました)が、

果たしてこの業務は必要なのだろうか?

もっと効率化して、患者さんとの診療に

より時間を当てることができないだろうか?と思いました。

 

そこで、電子カルテに連携して、

カルテのSOAPのSの部分を

医療用語で自動作成するWEB問診サービスを

開発することにしました。

 

今までの試行錯誤!?

聞き手)今まで経営するにあたって、

    様々なご苦労がおありだったと伺いました。

    設立されてからの事業の推移などをお聞かせ下さい。

 

吉永先生)開発で最も苦労したのは、

     ネットにつながっていない様々なタイプの電子カルテに対して、

     どのように問診情報を簡単に連携するかという点でした。

 

     この点を試行錯誤して、

     問診情報をワンクリックで10分ほどの

     セットアップで全ての電子カルテに連携するという

     仕組みを開発しました(特許出願中)。

 

     詳しくは下記の動画をご覧になって下さい。

 

 

      また営業に関しては、

      日々の診療でお忙しい開業医の先生とのアポイントを取る事が

      1番大変です。

 

      実際にお会いしてデモをすると、

      導入して下さる先生が多いのですが、

      まだまだサービスを認知して頂くのに、

      より努力していく必要があると考えています。

 

今後の思いは?

聞き手)ご丁寧に教えて下さり有難うございます。

    最後に吉永先生の夢は何でしょうか?

    また当コラムをご覧になっている医師の皆さんに

    メッセージをお願いします。

 

吉永先生)私の夢は、医療従事者の方々が

     システム周りの作業や入力業務に忙殺されることなく、

     患者さんにより良い医療を提供できる環境を作っていく事です。

 

     メルプWEB問診にご興味のある先生は、

     現在無料デモを行っていますので

     お電話やメールにてお気軽にご連絡下さい。

 

     メルプWEB問診 サービスページ 

      ↑ ここをクリック

 

 

吉永先生、有難うございました。

 

現役医師だからこそわかる外来現場の課題を解決する為の

【メルプWEB問診】。

 

今後、診察が効率化されて、

医師が診療に時間を投入できるようになるといいですね。

【メルプWEB問診】にご関心のある先生は、

上記及び最下部の連絡先に直接お問合せを頂くか、

当IBIKENサイトにご連絡を頂ければ

吉永先生にお繋ぎいたします。

 

 

アドバイザー

株式会社flixy 代表取締役 内科医師 吉永 和貴

吉永 和貴 先生


上記でご説明した【メルプWEB問診】に
ご関心のある開業医の先生は
下記のメールよりお問合せ下さい。

 
メルプHP:https://monshin.melp.life/ 
 

 

 

 

 

聞き手 

ジーネット株式会社 メディカル事業部 事業部長

ジーネット株式会社小野勝広

小野 勝広(おの かつひろ)
東京都練馬区在住 49歳

医師・看護師の人材紹介事業、

採用支援、クリニックの開業支援を

オーダーメードでフルサポート。
ご相談は無料、
まずはお気軽にお問合せ下さい。
 
TEL:03-5925-8520

mail:ono@gnet.co.jp
HP:ジーネット(株)コーポレートサイト

   毎日更新ブログサイト
   医師の転職・開業失敗事例集

お問い合わせはこちら