各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 建築、内装設計・施工 > クリニック内装工事費用のコストダウンのコツ! ~防災設備工事編~

クリニック内装工事費用のコストダウンのコツ! ~防災設備工事編~

2017/02/02

皆さん、こんにちは。

株式会社ラカリテの高橋邦光です。

 

前回は下記のテーマで総論を語りました。

クリニック内装工事費用を削減するためのチェックポイント!

↑ クリックすると記事が読めます。

 

今後は、それぞれの工事について、

細かくチェックしてまいりますので

先生方の参考にして頂きたく思います。

 

防災設備工事

クリニックの開業において、

あまり目立ちませんが実は防災設備計画はとても重要なんですね。

 

消防署に書類を提出し、

内装工事終了後に検査を受ける必要があります。

 

実際に消防署が確認をする主なチェックポイントですが、

 

  • 自動火災報知機
  • スプリンクラー設備
  • 誘導灯
  • 消火器の本数・設置位置
  • クロス、カーテン、カーペット

 

自動火災報知機とスプリンクラーに関しては、

テナントの規模により設置義務が生じてきます。

事前に不動産業者に確認しておきましょう。

 

クロス、カーテン、カーペットに関しては、

不燃、準不燃、防災仕様になっているかが確認されますので、

内装業者と事前に打合せをしておきましょう。

 

この検査は地域や担当官によって

見解が異なる場合もあり意外と対応が難しいです。

事前にしっかりと協議をしておき、

早めの打合せ、報告、連絡、相談が大事であります。

 

01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テナントに入居する場合は、

既設の煙感知器がいくつか設置されている

ケースが多いと思われます。

 

しかし間仕切り壁のない空間を警戒できるだけの

最低限の数しか設置されていないケースが大半です。

 

クリニックとして使用する場合には、

間仕切り壁で部屋を細かく仕切っていくために

既存煙感知器の移設、増設を行うのが通常です。

 

この移設、増設程度であれば

標準的なクリニックの場合、

工事費用は30万円~50万円ほどで済む場合が多いです。

 

ところが大型商業ビルに入居して開業する場合には、

「スプリンクラー設備」や「非常放送設備」が設定されている場合が多いです。

 

このようなケースでは、

防災設備工事金額が大幅に増える事となり、

工事金額は100万円~200万円ほどになる事が予想されます。

 

さらにB工事という区分に指定され、

内装工事業者とは別のビル側指定業者での施工となる場合も多々あり、

この場合はさらに施工金額が高くなる可能性もあります。

 

大型商業施設ではなくとも、

入居する建物の用途が事務所となっている場合は

これはまた注意が必要となります。

 

もともと必要最小限の消防設備しか設定されていない為に、

クリニックが入居する事により

不特定多数の人が出入りする事となる訳で

こうなると消防法上で自動火災報知機の設置が

義務づけられてしまうケースもあるのです。

 

このようなケースでは、クリニック内だけの問題ではなく、

その建物全体に設置義務が生じてしまうので、

その設置費用を誰が負担するのか?

オーナーか、入居者か、折半かなどの協議も必要となります。

 

この際も100万単位の出費となる事が多く、

事前にリサーチが必要となるでしょう。

 

01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

消防設備については、

入居前にチェックを怠ると

後々で想定外の多額の出費を強いられる事になり、

念入りな検討が必要と考えます。

 

さらに非常時に不具合が発生してしまうと

これは大きな責任問題ともなりますので細心の注意を払って

計画を練る必要もあるのです。

 

前述したB工事については、

消防設備だけではなく、他の工事に絡む事もあります。

 

くれぐれも『事前』に『専門家』と

『念には念を入れて』確認するようにして下さい。 

 

 

クリニックの内装工事に関して

お悩みの方は下記よりお問合せ下さい。

 

 

アドバイザー

株式会社ラカリテ 代表取締役 高橋 邦光

高橋 邦光(たかはし くにみつ)

・医療・介護福祉施設のデザイン
         企画設計施工
・医療・介護福祉施設の改装・
         インテリア提案
・耐震診断・災害対策
・クリニックモールの企画運営
・クリーニング・管理メンテナンス業
・土地活用に関する企画ご提案
 
TEL:03-5726-9239

mail:kuni@laqualite.jp
HP:http://www.laqualite.jp/

お問い合わせはこちら