各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 建築、内装設計・施工 > クリニック内装工事費用のコストダウンのコツ! ~イニシャルコストとランニングコストを考えましょう~

クリニック内装工事費用のコストダウンのコツ! ~イニシャルコストとランニングコストを考えましょう~

2017/02/16

 

皆さん、こんにちは。

株式会社ラカリテの高橋邦光です。

 

ここまで連載シリーズで、

クリニック開業時における内装工事のコストダウンを

いかにして実現すべきかというお話しをしてきました。

 

今回は趣向を変えてコストの種類について

お伝えいたします。

 

イニシャルコスト・ランニングコストの違いを理解しましょう!

クリニックの開業において

内装工事の費用というのは多額な部類に入ります。

しかし金額の大小だけで図れるものではないとも思うのです。

 

実際に坪単価いくらで…とか、

コンペを行って単価を下げた…とか、

そんな話しもよく耳にしますよね。

 

しかし本当にこの差額分は得したと言えるのでしょうか?

 

03

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えばですが、

最初に提案を受けるのは平面プランである事が多いです。

この平面プランがクリニックとして機能的でないと…

 

  • ・スタッフを増員しなければならなくなった。

    ・1人当たりの診察時間が長くなってしまった。

    ・必要以上に患者さんを待たせる事になってしまった。

 

このような売上機会の損失や不要なコストアップ要因にも

繋がってしまうのです。

 

その結果、患者数は決して多くないのに妙に忙しくなってしまったり、

なかなか経営が軌道に乗らないというなんて事になりかねません。

最悪の場合は、院長とスタッフ間の人間関係にも

悪影響を及ぼす事すら出てきてしまうケースもあるんですね。

 

これでは例え内装費用が少し安く抑える事ができたとしても、

平面プランが機能的でないと

それこそ1年も経たない内にコストダウン分は

吹っ飛んでしまう事になってしまいます…。

 

実際に開業後たったの数年で

改修依頼を頂くケースは実に多いのです。

当初のコストダウンが吹っ飛ぶどころか、

さらに高いものとなってしまっていますよね。

 

このような事態を避ける為にも、

 

  • デザイン性や金額だけに捉われず、

    しっかりとした平面プランを選択しましょう!

という事を声を大にして言いたいところです。

 

さらに付け加えますと、

「安かろう、悪かろう」では困る訳でして、

いくら安い金額で内装ができあがっても

実務上の使い勝手が悪かったり、

数年も経たない内にあちこちが痛んできたのでは

困ってしまいます。

 

実際に同じ材料を使っても

施工方法により格段の差が出るものなんですよ。

 

04

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうひとつの懸念事項として

照明設備や空調設備があげられます。

 

普通の白熱電球よりも蛍光灯の方が

当然電気代は安く済みます。

 

クリニックではかなり多くの照明器具が設置されますし、

長時間、点灯する事になる場所、

例えば待合室、診察室、処置室などは

蛍光灯に変える事で毎月の電気代に大きな差が出てきます。

 

また白熱球だと頻繁に球が切れますから

取り換え頻度も高くなりますね。

 

これもイニシャルコストを適正に掛ける事で、

ランニングコストが削減できるひとつの事例となります。

 

ただし頻繁にスイッチを入切する場所、

トイレなどではスイッチを入れた時点で瞬時に点灯させたいでしょうから、

この場合は白熱球の方が適していると言えます。

 

エアコンなど型落ち製品(旧式製品)や

スペックの劣る製品(10畳の部屋に6畳用エアコンを設置)などを使う事で

コストダウンを図る悪質な手法を取る業者もいるようです。

 

もちろん冷暖能力が低いですから常に運転状態になってしまい、

結果として、

 

  • 常に運転状態になるので電気代が高くなる。
  • エアコンに負荷が掛かり過ぎて故障の原因になる。

 

このような事になりがちです。

 

様々な事を述べてきましたが、

開院後の詳細部分にまで気を遣い設計を行う事で、

実は長期的にコストを抑える事にも繋がるのです。

 

新規開業の際には、

内装工事の費用を少しでも抑えたい、

他医院との差別化を図る為に特徴を持ちたい、

競合医院よりもデザイン性で優位に立ちたい、

このようなニーズに対してのお気持ちはわかりますが、

根本的なプランをきっちりと抑えていかないと

開院後数年で「高い買い物」になってしまったと気付くものです。

 

イニシャルコストにあまりにも意識が傾き過ぎて、

ランニングコストをないがしろにしないように

お気を付け下さい。

 

 

クリニックの内装工事に関して

お悩みの方は下記よりお問合せ下さい。

 

 

アドバイザー

株式会社ラカリテ 代表取締役 高橋 邦光

高橋 邦光(たかはし くにみつ)

・医療・介護福祉施設のデザイン
         企画設計施工
・医療・介護福祉施設の改装・
         インテリア提案
・耐震診断・災害対策
・クリニックモールの企画運営
・クリーニング・管理メンテナンス業
・土地活用に関する企画ご提案

TEL:03-5726-9239

mail:kuni@laqualite.jp
HP:http://www.laqualite.jp/

 

お問い合わせはこちら