各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 建築、内装設計・施工 > クリニック内装工事費用のコストダウンのコツ! ~クリニック看板編~

クリニック内装工事費用のコストダウンのコツ! ~クリニック看板編~

2017/02/27

 

皆さん、こんにちは。

株式会社ラカリテの高橋邦光です。

 

まだまだ続く

クリニック内装工事費用のコストダウンのコツ!シリーズです。

 

今回はクリニックの看板についてお送りいたします。

 

看板の善し悪しが集患に影響する!?

ホームページを作って、

チラシを作って、

内覧会をするから集患対策はバッチリだ!なんて

クリニックのマーケティングはそんなに簡単ではありません。

 

まずは存在を知らしめて、

地域住民の方々に認知をされなければなりませんよね。

 

そうなると看板、サインというのは

実は非常に重要になってくるのです。

 

ただ看板を作るだけではなく、

戦略的に検討する必要があると思います。

 

看板工事には別途予算が掛かる!?

内装工事の見積りに看板工事が含まれているかどうかは

要チェックポイントです。

 

料金に含まれている場合と、含まれていない場合があるので、

この点は是非注意をして頂きたいです。

 

また看板の大きさやサインのデザインにより

大きく金額が異なってきますので、

通常は別途工事扱いにされる事が多いです。

 

看板工事の内容としては、

  • ・外部内照式看板(内部照明付き)

    ・窓面シートサイン(ロゴマーク、クリニック名、診療時間)

 

設計事務所や内装工事業者によって、

サイン工事が得意・不得意の差がかなり大きいので

事前に確認をしたいところです。

 

この得意・不得意というのは、

  • ・サイン(ロゴマークや全体の色使い、バランス)の提案が良い、悪い。

    ・金額が高い、安い。(使用材料にもよる)

    ・施工が良い、悪い。(格安だが施工が粗い所もある)

などであります。

 

03

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリニックの新規開業の際に、

看板工事費用として50万円~150万円ほど

確保しなければならないケースが多いようです。

 

入居するテナントによっては、

すでに内照式看板が設置されており

板面のみ製作して交換するだけで良い場合もあります。

 

この場合であれば大きさなどにもよりますが、

30万円程度の費用で済むケースもあります。

 

ある程度の予算を確保しておき、

設計を依頼する業者にサイン提案・見積りを依頼して、

あまり気に入らないようであれば

内装工事とは分けて考えて、

別の看板業者にお願いするのも良いでしょう。

 

電柱広告を扱う業者に依頼するのも良くあるケースです。

もちろん電柱広告を出すという条件のもとではありますが、

サインや紙媒体の実費は必要になるものの

ロゴマークやサインデザインなどの提案を無料で行ってくれる

ケースもあるようです。

 

クリニックをメインに活動している部署もありますので、

スムーズな打合せが可能です。

 

やはりクリニックにとって、

看板やサインは患者にアピールする

ひとつの大きな要素であります。

 

新規患者を集めていく為にも、

ないがしろにする事なく、

センスが良く、人目を引き、

診療内容が良く分かるようなデザインを

選んでいく必要がありますね。

 

 

クリニックの内装工事に関して

お悩みの方は下記よりお問合せ下さい。

 

アドバイザー

株式会社ラカリテ 代表取締役 高橋 邦光

高橋 邦光(たかはし くにみつ)

・医療・介護福祉施設のデザイン
         企画設計施工
・医療・介護福祉施設の改装・
         インテリア提案
・耐震診断・災害対策
・クリニックモールの企画運営
・クリーニング・管理メンテナンス業
・土地活用に関する企画ご提案
 
TEL:03-5726-9239

mail:kuni@laqualite.jp
HP:http://www.laqualite.jp/

お問い合わせはこちら