各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 建築、内装設計・施工 > クリニック内装工事費用のコストダウンのコツ!~空調換気設備編~

クリニック内装工事費用のコストダウンのコツ!~空調換気設備編~

2017/03/21

 

皆さん、こんにちは。

株式会社ラカリテの高橋邦光です。

 

まだまだ続く

クリニック内装工事費用のコストダウンのコツ!シリーズです。

 

今回は空調設備について考えてまいります。

 

エアコンをただ設置すればいいって
単純な話しではありません!

今回はクリニックの設備に置いて欠かせない

空調換気設備についてお話しします。

 

空調設備とはエアコンの事です。

 

開業するにあたり、

スケルトンの場合は当然空調設備は設置されていません。

これは入居するドクターが負担して取り付ける事になります。

 

03

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方、事務所仕様のテナントに入居する場合にはエアコンは付いています。

こう考えるとエアコンが付いているので

事務所仕様の方が内装に掛かる費用が軽減されるのではないかと

お考えになるドクターも多いと思われますが、

実はここにトリックが隠されています。

 

当然既設のエアコンを流用はするのですが、

通常事務所仕様の場合には、

天井埋込型4方吹が数台付いています。

 

事務所として使用する場合には、

あまり間仕切り等で天井まで仕切る事はありませんが、

しかしクリニックとして考えるならば

各部屋の間仕切りは天井まである事が多く、

隣の部屋の会話が聞こえないように配慮するのが普通です。

すると当然エアコンの台数が不足して増設する必要が出てきます。

 

既存のエアコンはもちろんそのまま使用できるのですが、

容量が大きいので大部屋にしか使えません。

 

通常エアコン設置について

神経を使うのは待合室と処置室でありましょう。

 

ここでも気を付けなければならない点があります。

もしこの複数台のエアコンが1つのリモコンでしか操作できない場合、

スイッチの入切、温度調整が個別では不可能です。

 

よって待合室の日当たりが良かったり、

夏場の暑い季節などは温度を下げる訳ですが

同時に処置室も温度は下がります。

この結果、処置室が寒くなり過ぎる状況が起きてしまいます。

 

時には既存で設置してあるエアコンを使用せずに

天井内に隠蔽したり、処分する場合もあります。

 

また1Fに入居するのであれば、

外壁廻りに室外機をいくつか設置して

エアコンを増設する事が容易ですが、

ビルの上層階にて開業を検討する場合には注意が必要です。

 

特に屋上に室外機器場を指定されている場合や、

室外機器場のスペースが狭い場合には

ビルマルチエアコンという高額な設備を

導入せざるを得ないケースも出てきます。

 

これは1台の室外機で複数台のエアコンを動かせるシステムで、

各エアコンのスイッチの入切、温度調整も可能です。

もしこのシステムを導入せざるを得ない場合には、

クリニックの大きさにもよるのですが

空調設備工事で200万~400万円程度掛かってきます。

 

しかし特に都心部でのテナント開業では、

多くの制約があり、比較的多く使われているシステムなのです。

また室外機も大型になる為に、設置場所の事前確認も不可欠です。

 

02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

換気設備についても注意が必要です。

 

各部屋に換気扇を設けるのは普通でありますが、

これは空気を外に逃がすだけで

外部より新鮮な空気を取り入れる給気を設ける必要があります。

 

また臭いの気になる部屋である

内視鏡室やレーザー室などは

通常より能力の高い換気扇を設置しなければなりません。

 

換気設備を検討する際には、

給気と排気のバランスをしっかり計算しておかないと

ドアが開けにくくなったり、

音鳴りがする原因になってしまうので

ご注意頂きたいです。

 

間仕切り壁を天井まで立ち上げずに設計し、

空調や換気設備の工事費を削減する方法もありますが

隣の部屋の会話が筒抜けになってしまいます。

 

近年では患者さんのプライバシーを保護するために

このような設計手法はあまり取らないのが通常ですが、

クリニックを開業するにあたり、

やはり患者さんの立場を最も考えて設計する必要がありますね。

 

空調設備に関しては、

状況によりコストダウンんが図れる場合と、

難しい場合の両方があり、

現地を調査してみない事には

アドバイスを行う事が非常に困難であります。

 

開業希望テナントを見つけた場合には、

不動産契約をする前に

医療設計に詳しい専門家に調査をしてもらう事を

お勧めいたします。

 

 

クリニックの内装工事に関して

お悩みの方は下記よりお問合せ下さい。

 

アドバイザー

株式会社ラカリテ 代表取締役 高橋 邦光

高橋 邦光(たかはし くにみつ)

・医療・介護福祉施設のデザイン
         企画設計施工
・医療・介護福祉施設の改装・
         インテリア提案
・耐震診断・災害対策
・クリニックモールの企画運営
・クリーニング・管理メンテナンス業
・土地活用に関する企画ご提案
 
TEL:03-5726-9239

mail:kuni@laqualite.jp
HP:http://www.laqualite.jp/

 

お問い合わせはこちら