各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 建築、内装設計・施工 > クリニック内装工事費用のコストダウンのコツ!~総まとめ編~

クリニック内装工事費用のコストダウンのコツ!~総まとめ編~

2017/03/24

 

皆さん、こんにちは。

株式会社ラカリテの高橋邦光です。

 

いよいよ「クリニック内装工事費用のコストダウンのコツ!」

シリーズも最終回となりました。

 

今回は総まとめ編をお送りいたします。

 

内装工事のコストダウンを図るコツの総まとめ!

クリニック開業において、

資金的には大きなウェートを占める内装工事。

今までそのポイントやコストダウンを図る事について

できるだけわかりやすくお伝えをしてまいりましたが、

今回はそのまとめをいたします。

 

まず設計者を選ぶにあたり、

「医療設計の経験が経験が豊富がどうか」

「今まで手掛けたクリニックを見学できるか」

があります。

 

やはり医療設計の経験がない、少ないというところでは

「どのようにコストダウンを図るか」

「設計上の工夫」といった提案も出てこないでしょう。

 

いくらデザインや見た目が良くても、

クリニックはブティックや飲食店ではありません。

 

いかに効率よくドクター、スタッフ、

そして患者さんの動線を導き出していくかが

最優先となりますね。

 

また必要とされる医療機器のサイズ、電気容量、

LAN配線なども熟知していなければなりません。

 

これらを考慮せずに見積りをすれば、

当然のように安い金額が提示される事でしょう。

しかしその結果として工事が始まってから

追加工事の発生やトラブルの原因となってしまうのでは

目も当てられませんよね。

 

以前にもお知らせしましたが、

追加工事金額を減額する事は難しいのです。

 

03

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「今まで手掛けたクリニックを見学できるか?」

という事もひとつの大事なポイントとなります。

 

見学をする事により、

各部屋の広さや間取りを実際に体験し

感覚的に把握する事ができますし、

どの程度のレベルの施工を行っているのかがよくわかります。

 

また引き渡し後のアフターケアも含めて

ドクターと良好な関係が築けているかの

チェックも可能になりますね。

 

逆に言えば見学不可という業者は、

不安になりますので避けた方が宜しいかもしれません。

 

その他、コストダウンを図るポイントとして、

既製品を有効に活用するというのも効果的です。

 

特に什器備品関係は、

オーダーメードで注文すると当然高くなりますし、

待合室はオーダーするとしても

その他の部屋には既製品の書庫やラック、棚を設置する事で

大幅なコストダウンとなる場合もあります。

 

什器備品は開業後に経営が安定してから

制作を依頼する事もできますので、

新規開院時はメリハリを付けた考え方を取る事も重要です。

 

最終的に見積書の内容を確認する訳ですが、

見積書に含まれているもの、

含まれていないものを精査する事も重要です。

 

特に最初の段階で提出される「概算見積書」の金額を

鵜呑みにすると危険です。

 

初めに安く金額提示されて、打合せが進み、

もう引き返せない段階になってから

何割も金額がアップした「正式見積書」を提示されるケースも

時々耳にいたします。

 

よって、この「概算見積書」の段階でも、

何を含み、何は含まれないのかの確認は必要不可欠であります。

 

01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後になりますが、

ドクターが設計、施工業者を決めるにあたり、

どのようなポイントを抑えるべきかを

いくつかご紹介いたします。

 

  • ・医療設計の有無

  • ・年間どのくらいのクリニックの設計を行っているか

     (少ない場合は注意が必要)

  • ・自分の診療科目の知識をどの程度持ち合わせているか

  • ・医療設計の知識はもちろん、

     開業までの流れ、医療機器、各官公庁への申請などについても

     熟知しているか

  • ・開業に必要な周辺業者とのネットワークを持っているか

     (開業までに様々な業者が関わってくるが、必要な時に紹介してくれるか)

  • ・概算、正式な見積書の中に含まれているものの確認

     (特にブラインド、医療カーテン、室名札、電気温水器、自動水栓、

      サイン看板、窓フィルム、LAN配線、呼び出しマイク、

      BGMスピーカー、防災設備工事など)

 

とにかくわからない事があれば、

質問をして納得できるまで回答を貰う事が必要です。

 

その際にはメールでやり取りをしておくと

履歴が残りますので後々役立ちます。

 

クリニック内装工事費用のコストダウンのコツ!と題して

複数回に渡りお送りしてきました。

 

次回からは新シリーズで情報提供いたします。

 

クリニックの内装工事に関して

お悩みの方は下記よりお問合せ下さい。

 

アドバイザー

株式会社ラカリテ 代表取締役 高橋 邦光

高橋 邦光(たかはし くにみつ)

・医療・介護福祉施設のデザイン
         企画設計施工
・医療・介護福祉施設の改装・
         インテリア提案
・耐震診断・災害対策
・クリニックモールの企画運営
・クリーニング・管理メンテナンス業
・土地活用に関する企画ご提案
 
TEL:03-5726-9239

mail:kuni@laqualite.jp
HP:http://www.laqualite.jp/

お問い合わせはこちら