各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > スタッフ募集、研修、育成 > クリニックにも良い組織風土が必要です!

クリニックにも良い組織風土が必要です!

 

皆さん、こんにちは。

株式会社ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

 

クリニックの院長には、

経営者として、

マネージャーとして、

リーダーとして、など

様々な「顔」が必要と思います。

 

それがクリニックの良い文化に繋がってまいります。

 

クリニック経営組織風土

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日が楽しいクリニックづくり!

クリニックを経営する上で、

スタッフに明るく前向きに働いて貰える環境・風土を整える事は

最重要事項だと考えます。

 

適切な人数の患者さんに受診して頂く事は

経営を継続する為に必要不可欠ですが、

それだけでは経営は上手く行きません。

 

多くの患者さんが来院しているにも関わらず、

経営の危機に陥ってしまうクリニックが数多くあります。

 

クリニックの経営は院長1人ではできません。

 

スタッフが全員退職した…と想像してみると

その事がよくわかる事でしょう。

 

クリニックの経営は

スタッフの協力があってこそ成り立ちます。

 

また患者さんは

クリニックの評価を院長だけでなく、

スタッフを含めたクリニック全体で判断しています。

 

いくら院長やほとんどのスタッフが素晴らしい対応をしていても、

たった1人のスタッフの悪い対応で

患者さんの評価は決まってしまうものです。

 

最近のインターネット上の患者の口コミを確認しますと、

「院長の診療は満足だが、

たった1人のスタッフの態度が悪いので2度と来院しない」

といった類の投稿が増えているようです。

 

このような投稿を見た方は、

そのクリニックを受診する事を躊躇するでしょう。

 

またリアルな悪い口コミも

あっという間に広がってしまうものです。

 

クリニック全体がまとまり、

良い雰囲気でスタッフ1人1人が行動できるような

組織の風土が確立されているかどうかは、

クリニックの経営を継続できるかどうかの「肝」と言っても

過言ではありません。

 

ではどうすればそのような組織風土ができるでしょうか?

 

院長がどんなクリニックにしたいのかという想いを持ち、

その為に守るべきルールを明らかにし、

スタッフに何度も何度も伝え続け、

これを守る努力をし続ける事が最大の手段です。

 

一朝一夕にできる、

これさえやればいいという特効薬はありません。

 

またクリニックの組織風土を悪化させてしまう悪い習慣もあります。

それはスタッフがルールを破っても放置する事です。

 

特定のスタッフがルールを破って放置し続ければ、

他のスタッフもそのルールを守らなくても良いと判断するか、

真面目なスタッフは退職をしてしまう事にもなりかねません。

 

これでは組織の雰囲気は悪くなる一方です。

 

ルールを破ったスタッフは

自分がルール違反をした事さえ自覚できていないケースもあります。

 

こんな時は、

そのスタッフのみではなく

スタッフ全員に注意を促し、

ルールの再認識をしてもらい、

改善のチャンスを与えるべきです。

 

これを繰り返している組織と、

そうでない組織は

時間が経つにつれ

組織風土に大きな差が出てきます。

 

そしてそれが患者さんのクリニック選択の判断基準に

繋がっていきます。

 

日々忙しく診療しながら、

良い組織の風土作りをする事は大変ですが、

スタッフの理解・協力を得ながら

改善を繰り返して頂ければと思います。

 

 

医院の経営に関してお悩みの方は

下記よりお気軽にお問合せ下さい。

 

株式会社ドクター総合支援センター 代表取締役 近藤 隆二

近藤 隆二(こんどう りゅうじ)

医業経営コンサルティング
・ファイナンシャルプランニング

 

クリニックの院外経営幹部として、

医業経営とライフプランの両面から

院長先生を支え続けております。
お気軽にお問合せ下さい。

TEL:03-6272-5565

mail:r.kondo@k-com.jp
HP:https://www.doctor-dock.jp/

お問い合わせはこちら