各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > スタッフ募集、研修、育成 > 採用したスタッフに問題があり辞めさせたいのだが?

採用したスタッフに問題があり辞めさせたいのだが?

 

皆さん、こんにちは。

株式会社ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

 

ひと昔前と違って、

「明日から来なくていいよ」なんて言ったら

大変な事に巻き込まれる可能性がある時代です。

 

雇用主として慎重な対応が必要ですね。

どんなスタッフに対しても…。

 

クリニックスタッフ解雇

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解雇は簡単ではありません!

ちょうど1か月前に

新しいスタッフを採用した

クリニックの院長先生からのご質問です。

 

先日採用したスタッフの勤務態度が非常に悪い。
うちは3カ月間の試用期間を定めているので、
試用期間中なら解雇しても問題になりませんよね?
試用期間中でも法律上は通常の解雇とあまり変わりません。
試用期間中でも入職して14日を超えている場合は、
労働基準法上の解雇予告の手続きが必要です。

 

雇用主は、試用期間中であれば

「解雇」しても良いと

誤解されている方が少なくありません。

 

しかし法律上は

正式な雇用の場合とほとんど変わりません。

 

よって試用期間中でも解雇をする場合は

30日以上前の予告を行うか

平均賃金の30日分以上の解雇予告手当を支払うことが

原則となります。

 

解雇のルールの中で一番難しいのは

「解雇をするためには社会通念上客観的に見て合理的な理由がなければ解雇ができない」

労働契約法第16条)という決まりです。

 

「客観的に見て合理的な理由」の判断基準は

人によって異なります。

 

労務管理も厳しくなり、

働き方改革も進めなければならない時代ですから

就業規則を作成し、

その中に解雇事由をきちんと書いておくのがいいですね。

 

また、勤務態度が悪い場合には

注意、指導・教育を何度か行い、

その記録も取っておくようにしましょう。

必要に応じて始末書なども提出させて下さい。

 

スタッフの解雇はトラブルのもとです。

スタッフがご近所の方の場合は、

悪い噂をながされる危険性もあります。

 

できるだけ話し合いで

穏便に辞めてもらうのが望ましいですね。

 

解雇に関しては弁護士や社会保険労務士など、

専門家に相談する事をお勧めします。

 

 

医院の経営に関してお悩みの方は

下記よりお気軽にお問合せ下さい。

 

株式会社ドクター総合支援センター 代表取締役 近藤 隆二

近藤 隆二(こんどう りゅうじ)

医業経営コンサルティング
・ファイナンシャルプランニング

 

クリニックの院外経営幹部として、

医業経営とライフプランの両面から

院長先生を支え続けております。
お気軽にお問合せ下さい。

TEL:03-6272-5565

mail:r.kondo@k-com.jp
HP:https://www.doctor-dock.jp/

 

 

診療圏調査バナー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちら