各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > その他 > スタッフが退職・離職を決意するとき。

スタッフが退職・離職を決意するとき。

 

皆さん、こんにちは。

ジーネット株式会社の梅澤晃子です。

 

開業されている先生方は、

スタッフの退職は、突然やってくる!!と

思ってらっしゃいませんか??

 

実はそれ、先生だけが思っていて、

スタッフにとっては、決して突然ではないのです。

 

医療従事者の転職に携わってきた

エージェントとしてお話させて頂きます。

 

悩む

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気を付けて下さい、職員への言動。

スタッフは、

辞めることを、

いきなり決めているワケではありません。

 

 

職場であった、

フとしたきっかけで、

自分の現状を考え始めます。

 

 

”なんかここにいる意味ある?”

”ここでないと働けないのか?”

”いやいや仕事は一緒だよね?”

”いや、やっぱりお世話になっているし。。”

 

 

こんな感じで、

何回も、

何十回も

繰り返し考えます。

 

 

そして、

自分だけでは埒があかなくなり、

自分が置かれている現状を

他者に話します。

 

 

他者に話している内に、

過去に云われたこと、

その時に自分がどう思ったか?

自分の感情を、他人に説明することで、
自分の中で、あらためて言語化し、
現状を再認識する。

 

 

この自分の現状を

フツフツと再認識して、

今後の身の置き方を

決意していきます。

 

 

退職し、転職しようと。

 

 

 

この決意したときに、

先生に話をするので、

先生にとっては、

突然と思われるかもしれません。

 

 

でもね、

これ、防げます。

 

 

職場で溌溂と働いていた人が

「いきなり、明日辞めます!」

というのは、なかなかありません。

 

 

悶々としている方は、

そういうサインを

日々だしている筈です。

 

 

そのサインに気が付いて、

何気ない声掛けをしてみて下さい。

 

 

 

その声掛けは

なんでも良いのです。

 

 

要は、

あなたのことを心配してますよ~

あなたのことみてますよ~

という事が、

相手に伝われば良いのです。

 

 

 

患者さんの診察や、

クリニック運営のことを考えるだけで

手いっぱいという声も聞こえてきそうですが、

いやいや、そうではありません。

 

 

 

先生のクリニックは、

先生のクリックですが、

一緒に働いているスタッフがいるからこそ、

日々の業務をこなしていけますよね??

 

 

 

例えば、

「おはよう。本日も宜しくね。」

「いつも有難う。助かっている。」

 

 

この言葉を

意識して発して下さい。

 

 

「有難う」と云われて、

嫌がる人はいませんよね。

 

 

 

極論をいえば、

悶々としているスタッフは

自分はこのクリニックで
必要とされているかどうか?

大事にされているかどうか?

この辺りを、気にしています。

 

 

 

スタッフを雇用している先生方、
色々思うと処はあるかと思いますが、

自分のクリニックを守る為にも、

職員への声掛けを意識してみてください。

 

 

 

そして、職員の離・退職を防ぐためには、

職員への言動も注意してみてください。

 

 

御自身のクリニックの

職員状況(現状等)を知っておきたいな~と思われた方

下記よりお気軽にご相談下さい。

 

 

アドバイザー

ジーネット株式会社 メディカル事業部 梅澤 晃子

梅澤 晃子(うめざわ あきこ)

医師・看護師の人材紹介事業、

採用支援、クリニックの開業支援を

オーダーメードでフルサポート。
ご相談は無料、
まずはお気軽にお問合せ下さい。
 
TEL:03-5925-8520

mail:umezawa@gnet.co.jp
HP:ジーネット(株)コーポレートサイト

   毎日更新ブログサイト
   医師の転職・開業失敗事例集 

 

 

 

お問い合わせはこちら