各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > その他 > シビれる面接 ~心を掴む一言。~

シビれる面接 ~心を掴む一言。~

 

皆さん、こんにちは。

ジーネット株式会社の梅澤晃子です。

 

 

10年以上この業界におりますと、

エージェントとして、

採用する側、される側の

両方の立場で面接を経験します。

 

 

今回、久々に、

”シビれた面接”に立ち会いましたので、

御紹介させて頂きます。

 

 

ハートをつかむ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20代の転職。

 

  • Aさん。

2018年 看護師免許取得。

3次救急指定病院で新人ナースとして、

内科系病棟で勤務。

 

 

  • Bさん。

2014年 看護師免許取得。

2次救急指定病院で整形病棟を1年半経験。

その後は、クリニックに勤務。

 

”経験浅くない??”

と思った医師の皆さん、仰る通りです。

 

今回のお二人、20代です。

 

そして、どちらとも、

ベテラン看護師と医師から

紹介された二人になります。

 

さて、先生が思った様に、

エージェントとして、

私も同感でした。

 

やはり、人材紹介会社が扱う人材は、

”即戦力”を求められているので、

Aさん、Bさんに関して、

ボスと言い合いをした位ですから(ノД`)・゜・。。

 

 

 

作戦会議でみえてきたもの。

Aさん、Bさんに共通することは、

・病棟経験が浅いこと

 → Aさん、1年半

   Bさん、1年

 

特に、Aさんは、

所謂、第二新卒にあたります。

 

医療機関によっては、

・病棟経験3年以上

最低限の応募条件になります。

 

エージェントとして、

この業界に10年以上いるので、

その辺りは、理解しております。

 

 

Aさんには、作戦会議と称し、

これから看護師として長い道のりを歩む上で、

必要と思えるキャリアについてはお話し、

これからどうしていけば良いのか?

その辺りを考えて貰いました。

 

 

Bさんは、

クリニック勤務で順調に歩んでいると思いきや、

勤続年数が、3年までは届かない。。。

 

Bさんとの作戦会議では、

”自分が採用する側として、

3年丸っと勤務したことがない人をとる??”

 

”とりませんね、多分。。”

 

でも、

Aさん、Bさんともに、云うのは

「今の勤務先では限界です。。。」

 

両名と各々、作戦会議をして、

見えてきたのは、

”看護師は続けたい!!”

 

 

 

心を掴んだ一言。

”看護師は続けたい!!”

という気持ちを持っているAさん、Bさん。

 

匿名経歴書を提出し、

「それでは、まずはお会いしましょう。」

と言って下さった医療機関にお連れした処、

シビれる面接に、立ち会うことが出来ました!

 

因みに、

Aさんは、総合病院。

Bさんは、クリニック。

 

 

経歴書だけでみると、

どちらとも、看護師経験は浅い。。。

 

 

でも本人たちは、

一生懸命働いてきたのです。

 

 

シビれない面接の場合、

経歴書に添って、

入職・退職理由を聞いていきます。

これでもか??というほど、事細かに。

 

まるで、アラ探しをしている様に。。。

 

 

シビれる面接の場合、

経歴書に目を通して後、

最初に云った言葉が、

 

 

「Aさん、

 あの病院で1年半頑張ったのね。。。」

 

「Bさん、

 あそこのクリニックに2年半もいたんだ。

 頑張ったね~。」

 

 

Aさん、Bさんを

労う言葉かけから、

各々の面接が始まりました。

 

「頑張ったね。」

 

この言葉で、

看護部長は、Aさんの、

クリニック院長は、Bさんの

心を掴んだワケです。

 

 

”それだけ?”

と思われた先生も

いらっしゃるかと思います。

 

それだけなんです。

 

今回の二人は20代。

 

自分の経歴について、

自信があるかというとないワケです。

 

”自分の経歴って。。”

 

”看護師を続けたいのに、続けられない??”

 

そんな思いが、

Aさん、Bさんの頭の中には

過ったこともあったでしょう。

 

自信を失いかけていたときに、

この言葉。

 

2人とも、一瞬で、

自分が受けた医療機関を

好きになったそうです。

 

そして、願わくば、

ここで働きたい!!と。

 

以前、企業が取り組んでいることを、

御紹介しました。

 

看護部長、院長は、意識せずに、

自分たちの医療機関・クリニックのファンを

面接で増やしていたのです。

 

 

勿論、2名とも、

自分が好きだと思える医療機関に

入職が決定しました。

 

 

医師の皆さん、

ここで、採用終了~と思ったら、

大間違いです。

 

 

入職後の対応は、

こちらを参考になさって下さい。

 

 

 

人を雇うということは、

なかなか大変ですが、

ちょっとした一言で、

全てがうまくいくこともあります。

 

 

何かお困りのことがありましたら、

御相談下さい。

 

 

アドバイザー

ジーネット株式会社 メディカル事業部 梅澤 晃子

梅澤 晃子(うめざわ あきこ)

医師・看護師の人材紹介事業、

採用支援、クリニックの開業支援を

オーダーメードでフルサポート。
ご相談は無料、
まずはお気軽にお問合せ下さい。
 
TEL:03-5925-8520

mail:umezawa@gnet.co.jp
HP:ジーネット(株)コーポレートサイト

   毎日更新ブログサイト
   医師の転職・開業失敗事例集 

 

 

 

お問い合わせはこちら