各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 医師のキャリア、転職 > 医師はキャリア相談を誰にすべきなのか?

医師はキャリア相談を誰にすべきなのか?

2017/11/15

 

皆さん、こんにちは。

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

まだまだどうなるかはわかりませんが、

新専門医制度は変わるようですし、

診療報酬に関してもマイナス改定されるようですし、

患者の求める医療の形は変化し続けてもいますし、

医療現場で奮闘する皆様においても

様々な形で影響は避けられないのでしょうね…。

 

こうなると自分自身を確立させて、

目の前に現れた変化に柔軟に対応していくとともに

その大原則となるプランニングが必要になると思われます。

 

今回は医師は誰にキャリア相談をすべきなのか?について

考察してみます。

 

01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医療とキャリアと人生と…。

とは言えキャリア相談なんて

誰にでもできるようなものではありませんよね。

 

今回は資格別、職業別、性格別に分けて考えてみます。

 

資格別

やはり医師なら先輩医師や同僚医師に相談するのが

最も手っ取り早いですよね。

 

それは間違っていないと思いますし、

心を許せる先生がいるなら

まずはその先生を頼るべきだと思います。

 

問題は相談できる先生がいない時、

転職や開業などキャリアについては相談しにくい時、

プライベートな事情もあるので

できたら第3者の方が良い時…ですね。

 

この場合はやはりその道のプロに相談するのが良いです。

しかし本来プロであるはずの人達の質が

あまりにも開きがあるのが問題です。

 

転職支援をする紹介会社の担当者にしても、

開業支援をする開業支援会社の担当者にしても、

そこにプロフェッショナル性があるかどうかは何とも言えません。

 

よってまずは本物のプロは誰か?

WEB上で調べるなり、

人から紹介してもらうなりをしなければなりません。

 

その際のチェックポイントは、

顔写真や名前、経歴、ビジョンなどを明らかにしているかどうか?

これだけで相当の人が不合格になります。

 

その他、知人、友人などは相談相手として良いですが、

やはりその方に成功体験が豊富であるか?

キャリアアップ、キャリアチェンジの経験があるか?という点は

要チェックポイントだと思います。

 

中には看護師や薬剤師といった方々と相談するケースもあるようですが、

実はこれもひとつの手です。

 

医療機関で働く方々は医師をよく観察しています。

そういった情報を仕入れる事は意外と効果的と考えます。

 

職業別

キャリアカウンセラーの必要性が問われた事がありました。

立派な国家資格を取得した人もいます。

 

しかし医師にとってキャリアカウンセラーは

あまり役に立たないと思います。

むしろ医療現場を良く知っている人の方が良いと思うからです。

 

あくまでもキャリアカウンセラーは

一般的なキャリアの考え方についての知識はありますが、

同時に医療現場を知る人はごくごく少数派です。

 

それであれば医療現場に出入りしている業者の方が、

医師に対して参考になる情報を与えてくれるものと思います。

 

ただ気を付けなければならないのが、

大手や中堅以上の企業の担当者は避けた方が良いという事です。

 

なぜか?

担当者自身が良い人でも会社の都合が強すぎて、

担当者の誠実さとは思わぬ方向で話しが進む可能性があるからです。

今までそういう事例を何度も見てきました。

 

特に本業でないケースは気を付けて下さい。

例えば、医薬品卸業者に転職や開業の相談をするなどです。

あくまでも担当者を媒介にして、

専門の人を紹介してもらうのが良いと思います。

 

これはMR、医療機器ディーラー、各種コンサルタントなども

同様と考えます。

 

性格別

性格別とは何の事やら…と思われるかもしれませんが、

相談相手がどんな性格の人なのかは

実は非常に重要で、かなり左右される大きなポイントです。

 

私がおススメする性格は、

① ポジティブである

② 冷静沈着である

③ 知性と教養を持ち、幅広い経験がある

 

この3点です。

①、②は必須事項ですし、

③に関しては性格と少し違いますが

必要不可欠なスキルだと思います。

 

キャリア相談とは、

過去を棚卸して、現状を分析し、

その上でこれから先の未来を考える事です。

 

ネガティブな要素ばかり持ち出されると

あまりにも保守的なキャリアプランになりますし、

逆にイケイケドンドンのお調子者では

人生をギャンブルにしてしまいますよね。

 

答えのあるものではないだけに、

冷静かつ客観性を持ったディスカッションを積み重ねて、

いくつかの選択肢を手にした上で

決断を下していくべきものだと思います。

 

 

やはり医師の事を最もよく知るのは医師であります。

よって医師同士で相談できるのがベストですが、

時代の変化が早いだけに

今までの常識が逆に非常識にすらなってしまう事もあり得ます。

また医療界以外の視点というのも必要な時もありますね。

 

病気や怪我の事を医師でない人に相談したら、

いくらその人が多少の医学知識を持っていたとしても

それはやはりおかしいですよね?

 

それと同じでキャリア相談は、

その道のプロに依頼するのが良いと思います。

 

 

医師・看護師のキャリア相談、

転職・開業のご用命は下記よりご相談下さい。

年末恒例の医師の転職・開業 特別キャリア相談会の開催!

 

 

アドバイザー

ジーネット株式会社 メディカル事業部 事業部長

小野 勝広(おの かつひろ)
東京都練馬区在住 48歳

医師・看護師の人材紹介事業、

採用支援、クリニックの開業支援を

オーダーメードでフルサポート。
ご相談は無料、
まずはお気軽にお問合せ下さい。
 
TEL:03-5925-8520

mail:ono@gnet.co.jp
HP:ジーネット(株)コーポレートサイト

   求人・開業物件サイト

   毎日更新ブログサイト
   医師の転職・開業失敗事例集 

お問い合わせはこちら