各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 医師のキャリア、転職 > 転職か、開業か、迷っている医師の皆様へ

転職か、開業か、迷っている医師の皆様へ

 

皆さん、こんにちは。

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

私どもは医師が転職を検討している時でも

クリニックの開業を検討している時でも、

同じ担当者が両方を同時に相談できる

結構珍しい会社であります。

 

いずれかしかできない企業とは、

総合力が違うと思うんです。

 

だからわかる事もある訳で…。

 

今回はどちらにしようか悩んでいる先生方に向けて

情報提供をいたします。

 

医師キャリア相談

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

経営者になりたいですか?

開業とは当然の事ながら

経営者になると言う事です。

 

どんなに医師として有能でも、

今まで素晴らしい業績があっても、

自分は経営者に向かないと思うなら

無理して開業するのは避けた方が無難と思います。

 

経営者は資金面、人事面、マーケティング面など

全責任を負わねばなりませんし、

そのプレッシャーと毎日戦わねばなりませんから、

向き不向きがハッキリと分かれます。

 

能力の問題も当然ありますが、

それよりも何よりも最も大きいのは「意欲」です。

 

絶対に経営者として成功するという断固たる思いがないと

ご自身が辛くなってしまうと思うのです。

 

自分は強い意欲がある!と断言できる先生なら

開業にチャレンジするのも良いと思いますが、

そうでないなら開業以外のキャリアを選んだ方が

ご自身の為だと思います。

 

最初の分岐点は「意欲」にあります。

 

雇われ院長もありますが…

自分は経営には興味がないのだが、

ごく普通の勤務医として働くだけでは満足できない…。

 

そんな先生には開業医と勤務医の中間的な働き方として

雇われ院長としてお勤めするという方法もあります。

 

オーナーサイドで

資金、人材、マーケティングなどを行い、

医師は院長に就任して診察に専念できるケースが多いですし、

割と高待遇である事も多いので

関心を持つ先生は少なくありません。

 

ただしオーナーの素性や経営方針、目的、

今までの経緯などについては

しっかりと把握しておかないと

院長に就任してから話しが違うとか、

急に待遇を変えられてしまったなどの

トラブルに巻き込まれる事もあり得ます。

 

オーナーが医師でない場合は

特に注意が必要と思います。

 

ご自身の志向性の問題です!

まだまだ一人前とは言えませんが、

私自身も経営者として経験を積み続けております。

 

経営者というのは、

生き方とか、性格とか、まさに志向の問題であり、

ある意味ではそういう人種なのではないかと

思う事もあります。

 

開業は必ずしなければならないものでもなく、

勤務医としての働き方も非常に多様化していますので、

キャリアプランさえしっかり立てていけば

様々な可能性が広がると思われます。

 

大事なのは自分自身と向き合って、

冷静さと客観性を持って、

多くの事例やノウハウを吸収しながら

ご自分らしいプランニングを構築する事と思います。

 

 

医師・看護師のキャリア相談、

転職・開業のご用命は下記よりご相談下さい。

 

アドバイザー

ジーネット株式会社 メディカル事業部 事業部長

ジーネット株式会社小野勝広

小野 勝広(おの かつひろ)
東京都練馬区在住 48歳

医師・看護師の人材紹介事業、

採用支援、クリニックの開業支援を

オーダーメードでフルサポート。
ご相談は無料、
まずはお気軽にお問合せ下さい。
 
TEL:03-5925-8520

mail:ono@gnet.co.jp
HP:ジーネット(株)コーポレートサイト

   求人・開業物件サイト

   毎日更新ブログサイト
   医師の転職・開業失敗事例集

お問い合わせはこちら