各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 医師のキャリア、転職 > クリニック開業における資金計画について

クリニック開業における資金計画について

 

皆さん、こんにちは。

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

黒字倒産という言葉があります。

資金計画を誤ると黒字でも倒産するのです。

 

だからこそクリニックの開業を志す先生方に

知っておいて頂きたい資金面について考察いたします。

 

クリニック開業資金

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

買うか、買わないか、の判断よりも…

開業準備を進めていく中で…

まずは開業コンサルタントに依頼する際に

費用を掛けるか否か?で悩みますね。

 

有料、無料のコンサルタントがいますが、

開院まで、また開院後も念頭において

支払うフィー以上のメリットがあるなら

有料のコンサルタントの方が良いと思います。

 

無料のコンサルタントはそのほとんどが紐付きで、

結局他で儲けるから無料なだけですので…。

選択肢が狭まります。

 

さてコンサルタントの問題は別として、

クリニックの開業に相応しい物件が見つかれば

その保証金など諸々の資金が掛かってきます。

 

これは自己所有の物件をお持ちでない限りは

いたしかたなし…。

 

次に内装工事をどうするか?

そして医療機器をどの程度購入するか?

 

この内装工事と医療機器の費用は

通常、開業準備の資金の割合が最も大きいので

慎重な検討が必要です。

 

まず内装工事に関してですが、

どうせ作るならいいものを作りたいと思うのは人情です。

 

しかし豪華な内装自体は

直接的に収益を生むものではありません。

確かに患者さんに受ければ集患上のメリットはありますが、

多額のコストを掛けるのは

下記に述べる経営上の資金計画を考えると

決して得策とは思えません。

 

確かに美容医療など自費診療の比率が高いクリニックなどは

内装の良し悪しが集患に大きな影響があるので

それなりの費用を掛ける必要はありますが、

ここではあくまでも直接的に収益を生むものではないという事だけ

ご理解頂きたいです。

 

だからと言って安かろう…はやっぱり悪かろうでもあります。

安価でもクリニックの工事実績がない、少ない業者では、

開院後の患者、スタッフの動線が悪かったり、

電気容量、水回り、ネット回線など混乱を及ぼしかねませんので

適正な価格でクリニック用に設計をしてくれる業者が好ましいでしょう。

 

高けりゃいいものでもないし、

安けりゃいいものでもなく、

クリニックである事を念頭に置いた相場があると思います。

 

次に医療機器ですが、

こちらは絶対的に必要なものもありますし、

検査機器などは直接的に収益を生むものでもありますので、

優先順位を決めて、

ご自身の診療に必要なものは確実に購入し、

あったら良い機器は全体の予算を鑑みながら

優先度の高いものから購入した方が良いです。

 

ただメーカーやディーラーは

1つでも多く買って欲しいと思っていますから

あの手この手で購入に導こうとします。

 

まして銀行融資が下りて

先生も気が大きくなっている所がありますので、

ついあってもいいか…と買ってしまったりする事が多いです。

 

しかし予算オーバーは後々痛手となりますので、

ここは予算ありき、そして優先順位を守りましょう。

利益が出てから購入すれば良いと考えましょう。

 

経営はキャッシュフロー命です!

内装工事にしろ、

医療機器にしろ、

そりゃお金を掛ければいいものができますし、

医療機器だって充実させたいお気持ちはわかります。

 

しかし経営において最も大事なのは

キャッシュフローです。

 

手元の資金がなくなれば終わりです…。

 

開業後の追加融資というのは

非常に、とても、相当に厳しいと思って下さい。

 

よって開院前に資金を使い過ぎると

その後の経営上の資金繰りが厳しくなります。

 

運転資金は厚ければ厚いほど良いです。

開院前にケチっておいて、

利益が出てからリフォームしたり

新しい機器を購入すれば良いのです。

 

キャッシュフローとは

現金がいくら手元にあるのか?

 

それがいつ出て行って、

次にいつ入ってくるのか?

この計算です。

 

診療報酬が入ってくるまでタイムラグがありますし、

家賃や光熱費、人件費などの必要経費は削れません。

 

それこそ開院してから

半年や1年は収入がなくても

やっていけるくらいの運転資金がある事が望ましいです。

 

その為には、

銀行から受けた融資をできるだけ残す事、

不要なものにはお金を掛けずに

できるだけ現金を手元に持っておくことです。

 

プライドよりもキャッシュフローを優先するのが

経営者である開業医の基本だと思います。

 

 

医師・看護師のキャリア相談、

転職・開業のご用命は下記よりご相談下さい。

 

アドバイザー

ジーネット株式会社 メディカル事業部 事業部長

ジーネット株式会社小野勝広

小野 勝広(おの かつひろ)
東京都練馬区在住 48歳

医師・看護師の人材紹介事業、

採用支援、クリニックの開業支援を

オーダーメードでフルサポート。
ご相談は無料、
まずはお気軽にお問合せ下さい。
 
TEL:03-5925-8520

mail:ono@gnet.co.jp
HP:ジーネット(株)コーポレートサイト

   求人・開業物件サイト

   毎日更新ブログサイト
   医師の転職・開業失敗事例集

お問い合わせはこちら