各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 医師のキャリア、転職 > これからの医師のキャリアパスは多様性と柔軟性がポイントです!

これからの医師のキャリアパスは多様性と柔軟性がポイントです!

2018/06/15

 

皆さん、こんにちは。

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

医師のキャリアパスという言葉を

様々なところで目にするようにはなりました。

内容の問題は別として…(苦笑)。

 

今回は多様性と柔軟性という観点から

医師のキャリアについて考察いたします。

 

医師転職相談

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医師の多様なキャリアパス!

厚生労働省の専門家会議では、

2033年頃に医師の需給が約36万人で均衡し、

それ以降、医師供給数が過剰となると考えているようで、

2040年には2万5000人程度の医師過剰となると

試算をしているそうです。

 

よって2022年度以降については、

将来的に医師供給が過剰になることに鑑み、

医師の働き方改革論議や医師偏在対策の効果を踏まえながら、

「減員」に向けて検討すべきではないか…と。

 

まあ頭の良い人たちの分析ですから、

別に間違っているとは思いません。

 

ただ机上の空論だとは思います。

 

すでに医師のキャリアパスは多様化しています。

今後益々多様化していくでしょう。

 

医師の職場や働き方が

今までと全く同じなら医師は余る可能性が高いのでしょうね。

 

しかし医師の職場は広がり、

医師の働き方は実に様々となっていくと考えると

この予測は吹っ飛びますね。

 

実際に厚生労働省は急性期医療を集約し

入院ベッドを徐々に減少させる方向で考えていて、

その分、回復期、療養期、在宅などの地域医療に

患者も医療従事者も移そうとしている訳ですよね。

 

その一方でヘルスケア産業にも注力していくと…。

 

すでに上場企業の社長となっている医師もいれば、

ベンチャー企業を立ち上げている医師もいます。

 

産業医をビジネス的に展開していたり、

クリニックを複数経営して臨床から離れていたり、

政治家、作家、タレントなど

実に様々な職場、働き方に従事されています。

 

ただでさえ優秀な方々です。

今後チャンスの芽は広がる事はあっても

狭まる事はないと思うんですよ。

強制しない限りは…。

 

医療の形が変わるとともに、

医師の活躍の幅が広がっているのです。

 

病院やクリニック以外の場で

医師としての知識や能力を活かす事ができるんです。

 

特に若手のドクターほど

そういう傾向は強くなっているように思えます。

 

厚生労働省さん、

それでも本当に医師は余るのでしょうか?

 

えっと気を取り直して、

私は上記のように考えておりますので、

今後医師のキャリアパスは多様化していくと思ってます。

 

それを踏まえて個々の医師に気を付けて頂きたいのは、

オイシイ話しに安易に乗らないで下さいという事です。

この世の中には医師免許を欲している人が

思いのほか多く、甘言を持って近づいてきます。

 

医師である事に価値を見い出して、

出し抜いて商売にしてやろうという輩も多いです。

 

だいたいがオイシイ話しには裏があるものです。

 

外部環境に左右されるのではなく、

ご自身の内側と対話を重ねて、

本当に自分のやりたい事なのか?と問うて、

その上でキャリアパスを考えて頂きたいと思います。

 

医師の柔軟なキャリアパス!

これから医師の職場、働き方は多様化します。

 

個人的にはできる事なら

臨床、研究、教育の現場で働いて頂きたいですが、

(特に臨床…です)

個々それぞれの医師には様々な事情がありますからね。

 

だから上っ面な話しではなく、

ご自身に相応しいキャリアパスを構築して頂きたいです。

 

キャリアパスとは中長期的なものであればあるほど

価値の高いものになりますし、

ご自身の歩む道にブレがなくなります。

 

理想を言えば

それこそ引退から逆算して

キャリアパスを設計し、

その上で次はどこで、何をするか?と考えるのが

最適だと思います。

 

中長期的に考える際に

ひとつだけ気を付けるべきなのは

柔軟性です。

 

人生ってものは不思議なもので、

こうでなければならない…とか、

こうあるべきだ…とか、

頑なさを持つと

逆におかしな方向に進んでしまうものなんですよね。

 

そうならない為に柔軟性を持つこと。

もっと言えば

「しなやか」に生きる事が大事と考えています。

 

多様化する職場、働き方の中で、

柔軟性としなやかさを持って、

より良い未来を作り上げていく…。

 

まさにこれこそがキャリアパスであり、

キャリアプランと言えるでしょう。

 

 

医師・看護師のキャリア相談、

転職・開業のご支援のご用命は下記よりご相談下さい。

 

アドバイザー

ジーネット株式会社 メディカル事業部 事業部長

ジーネット株式会社小野勝広

小野 勝広(おの かつひろ)
東京都練馬区在住 49歳

医師・看護師の人材紹介事業、

採用支援、クリニックの開業支援を

オーダーメードでフルサポート。
ご相談は無料、
まずはお気軽にお問合せ下さい。
 
TEL:03-5925-8520

mail:ono@gnet.co.jp
HP:ジーネット(株)コーポレートサイト

   求人・開業物件サイト

   毎日更新ブログサイト
   医師の転職・開業失敗事例集

お問い合わせはこちら