各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 医師のキャリア、転職 > 女性医師の転職やクリニック開業におけるキャリアプラン!

女性医師の転職やクリニック開業におけるキャリアプラン!

 

皆さん、こんにちは。

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

東京医大の入試で

女子学生を不利にしていた件が明らかとなり

医療業界においても女性に対して

不適切な対応があった事が判明してしまいました。

 

そもそも看護師、薬剤師、その他スタッフも

女性が圧倒的に多い医療業界…。

果たして今後どんな影響が出てくるのでしょうか?

 

ただ私は医療業界全体だけでなく、

1人1人の女性医師が何を考え、

どう感じているかに関心が高いです。

 

そこで今回は

「女性医師の転職やクリニック開業におけるキャリアプラン!」

と題して、女医さんの医師人生について考察します。

 

女性医師転職クリニック開業

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女性医師の転職シーン!

東京医大、順天堂大学、昭和大学など

女性受験生に不利な採点をしていたのは、

放っておくと女性の方が得点が高く

合格者が女性ばかりになってしまうという事が

大前提なんですよね。

 

まずはここに着目する必要があると考えます。

 

だって女性は結婚や出産や育児などで

当直に入れなくなったり、

緊急対応ができなくなったり、

医局の戦力としては問題があるんだよね…というのは

論理のすり替えだと思うのです。

 

それは別の事情であり、

全く別の所で検討すべき事項です。

 

とにかく現行の試験制度では

女性の合格者が多くなってしまう。

 

女性の方が優秀だったら

そういう人を医師にした方がいいじゃん?と

私などは普通に考えてしまいます。

 

ところが医療現場には

まだ旧態依然とした所が多く、

過重労働の問題を見れば一目瞭然ですが、

労務管理がなされておらず、

過労死ライン以上の残業をこなしている医師も多く、

また無給で働いたりする事もある訳ですね。

 

企業においても数年前までは

似たような状態があちこちで見受けられましたが、

昨今ではごく一部のブラック企業を除けば

ほとんどないと言えるのです。

 

つまり世の流れだと思うのですね。

その流れに乗っていない施設が少なくないのが

医療業界と言えます。

 

まずはここから改善しないといけません。

だってこれは男性医師も一緒ですから。

 

まるで奴隷のように医局のマンパワーを考えるなんて

時代遅れどころか、このままでは医局員は減る一方でしょう。

 

それを専門医の更新だとか、学位だとかで

縛り付けようとしても無理だと思いますよ。

 

すでに臨床研修マッチングでは

大学病院より民間病院の方が人気になっているのが

その証拠と言えるでしょう。

 

さて、そんな中、

1人1人の女性医師は

どうキャリアを築いていくべきか?

どんな転職をすべきか?

 

私はここ7~8年ずっと

医師にもキャリアプランが大切になると言い続けてきましたが、

女性医師こそキャリアプランを描くべきと考えています。

 

確かにプライベートな事情で

キャリアを翻弄されてしまう部分は多いです。

 

それを悔しがっている女医さんも少なくないですが、

結婚、妊娠、出産、育児、そして介護まで

これらも人生の中では付いて回るものでもありますよね。

 

独身でいるのも悪いとは言いませんが、

私の周囲では40才を超えてから結婚した女医さんがいたり、

50歳を目前にして結婚した女医さんもいらっしゃいます。

 

また最近では女医コンというイベントが盛り上がっており、

参加者を徐々に増やしているようですが、

これを仕掛けているのは循環器内科の男性ドクターですからね。

 

えっと話しがズレました。

 

キャリアプランとは

そもそも人生設計、将来設計ありきです。

 

つまり男女の区別なく、

まずはプライベートを設計して

その夢、希望を叶える為の

キャリアプランなんですね。

 

だから結婚、妊娠、出産、育児、介護を

しっかりと考えた人生設計を行い

その上でキャリアプランを描けば良いと思います。

 

女医さんの転職支援に携わる際に

こんな人生を送りたい、

こういう毎日の生活をしたい、

この点が明確になっていると

意外と希望に合った転職先が見つかるものです。

(時々苦戦する事はありますけど)

 

最も苦しむのは、

あれも、これも、どれも、という

あまりにも選択肢が広すぎるケースと、

その真逆でこうじゃなきゃ嫌という

硬直化し過ぎてしまっているケースです。

 

実は転職相談なんてする必要がありません。

しかしキャリア相談はすべきです。

 

転職ありきではなく、

自分にどんな可能性があるのか?

どのような選択肢があるのか?

 

自分の現状と、自分の考え、自分のビジョンと

プロのマーケット観、採用ニーズ、

事例やノウハウをすり合わせするのが

キャリア相談です。

 

もう少し子供が大きくなったら…とか、

保育園に預けられるようになったら…とか、

小学校に入学したら…とか、

中学生になったら…とか、

旦那さんが単身赴任から帰ってきたら…とか、

旦那さんが時間を作れるようになったら…とか、

両親が子供の面倒を見てくれるようになったら…とか、

動き出すタイミングはいろいろあると思います。

 

しかしその前提にキャリアプランを持っておかないと

今ある求人に翻弄される事になりますよ。

 

キャリアプランを持っておくと

ご自身の望む形が明確になります。

 

キャリアプランを持ってから

キャリア相談をするのではありません。

 

キャリアプランを持つ為に

キャリア相談をするのです。

 

プライベートな事情に翻弄されやすい女性医師だからこそ

ご自分らしいオリジナリティ溢れる

キャリアプランを持っておくと良いと思います。

 

女性医師のクリニック開業シーン!

クリニックの開業にも

男性ドクターだから、女性ドクターだからというのは

ハッキリ申し上げて関係ありません。

 

地域の医療ニーズを満たせるか?

患者の支持を得られるか?

 

勝負所はここですから、

男性ドクターでも、女性ドクターでも

成功する人はする、

成功しない人はしないという

実に単純な構図です。

 

やはり院長の個性を活かして

クリニックのコンセプトを明確にして、

綿密な事業計画を立て、

信頼できる開業コンサルタントを右腕にして

開院後に備えた開業準備をする。

 

もうこれが最善だと思うのです。

 

しかし個性、コンセプト、事業計画が

あまり練られていないケースが散見します。

 

そしてこういうケースではそのほとんどが、

良い物件と出会えたら開業しよう…なんですね。

 

いやこれはちょっと待った!です。

 

そもそも院長の個性が活きる街はどこか?

クリニックのコンセプトに合う場所はどこか?

事業計画に沿った開業物件はどれか?という発想を持たないと

物件屋さんに翻弄されますよ。

 

新築で、きれいな建物で、駅から近く、

でも閑古鳥…なんてケースは少なくありませんから。

 

多くの場合こういう失敗事例に抜けているのは

個性、コンセプト、事業計画です。

 

それともうひとつ…パートナーとなる

開業コンサルタントが重要です。

 

出入りの卸業者は無料でやってくれるから…とか、

医療機器ディーラーが無料で手伝ってくれるから…とか、

無料の業者を選ぶ先生も少なくありませんが、

当然、無料である理由があります。

 

それを知らずに無料に乗っかると

こんなはずではなかった…となりかねません。

というか、私はそんな事例を散々見てきました。

 

ケチって失敗した…と。

 

良い開業コンサルタントは

開院後を見据えています。

 

開業コンサルタントを見極めるポイントは、

  • ①キャッシュフローを痛めない。

     運転資金をできるだけ厚く持っておく。

    ②集患対策を怠らない。

     地域特性、診療科目に合わせたマーケティングを実行する。

    ③各業者との折衝に必ず参加する。

     業者側ではなく、医師側に徹底的に立つ。

 

この3点です。

これだけでかなり見極めができると思います。

 

私の個人的見解ですが、

女性医師は決断力に優れている傾向が高いです。

その分、決断を早まる事があるようですので、

この点は頭の片隅に入れておくと良いと思います。

 

逆に決断力が鈍いと自己分析されている先生は

開業コンサルタントの見極めだけ間違えなければ

良いサポートを受けられますので、

ここだけ気を付けて下さい。

 

本物の開業コンサルタントは、

院長の個性(ご自身で気づいていない所も)を活かし、

クリニックのコンセプトを地域のニーズとマッチングさせ、

税理士とともに厳格な事業計画を立てて、

その上で開業物件を探し、各業者と折衝し、

開院後に備えた準備をします。

 

もうひとつ、企業規模は関係ありません。

むしろ大きな所の方が………(以下自粛 笑)。

 

女性医師のキャリアプラン!

大学医局では

女性医師である事のマイナスを感じる事が

少なくなかったかもしれません。

 

自治体系の病院にも

似たような文化、伝統がありますから

ご苦労をされていらっしゃる先生も多いですね。

 

民間病院もまだ良い所、悪い所がハッキリ区別できますし、

理事長や院長が変わると急激に変わってしまう事もあります。

 

クリニックですと

相対的に経営母体が小さいので

病院ほどの安定感はないかもしれません。

(小さい方が柔軟に変化できるメリットもありますが)

 

その他にも、在宅診療所や老健施設、

産業医や遠隔診療、
またビジネスの道に進む事もできますよね。

 

可能性は無限大かもしれません。

実は選択肢は少なくないのです。

だからこそオリジナリティ溢れるキャリアプランを構築して
ご自分らしい医師人生を送って頂きたいと思います。

 

 

医師・看護師のキャリア相談、

転職・開業のご支援のご用命は下記よりご相談下さい。

 

アドバイザー

ジーネット株式会社 メディカル事業部 事業部長

ジーネット株式会社小野勝広

小野 勝広(おの かつひろ)
東京都練馬区在住 49歳

医師・看護師の人材紹介事業、

採用支援、クリニックの開業支援を

オーダーメードでフルサポート。
ご相談は無料、
まずはお気軽にお問合せ下さい。
 
TEL:03-5925-8520

mail:ono@gnet.co.jp
HP:ジーネット(株)コーポレートサイト

   求人・開業物件サイト

   毎日更新ブログサイト
   医師の転職・開業失敗事例集

お問い合わせはこちら