各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 医師のキャリア、転職 > より良いキャリアを多くの医師に手にして欲しい!という願い

より良いキャリアを多くの医師に手にして欲しい!という願い

2018/12/28

 

皆さん、こんにちは。

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

私がIBIKENサイトに書くコラムは

今回が今年最後になります。

 

よっていつもの如くではありますが、

私が最も伝えたい事、

医師もキャリアプランを考えましょう!という事について

魂の叫びを書いてまいります(笑)。

 

医師キャリア向上

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャリアプランを持たない医師…。

これからの時代は

医師もキャリアプランを持つべきだという論調が

段々と浸透しつつありますね。

 

10年くらい前と比較すると

驚くくらいに医師のキャリアプランの必要性が言われます。

 

これはなぜでしょうか?

 

キャリアパス、キャリアデザイン、キャリアビジョンなど

言い方はいろいろあれど、

意味するところはほとんど同じだと思います。

 

ひと言で表すなら、

自分の望む未来を手に入れましょう!とか、

未来の社会に適合できるようになりましょう!とか、

自分を社会に価値ある存在として認められるようになりましょう!

こういった理由ではないでしょうか。

 

そしてその背景にあるのは、

医療の未来の不確実性ではないかと考えます。

 

おそらく10年以上前であれば

多少の変化はあれど基本的には現状維持で

特に心配する必要がなかったと思います。

 

しかし昨今では、

臨床研修制度の改革に始まり、

大学医局のパワーの減退、

増え続ける医療費が国家の財政悪化の主要因になっている事、

医師不足により地域の医療体制を見直すフェーズに入っている事、

入院から在宅への流れが加速している事、

急性期病院の集約化、再編成が進みそうな事、

これら様々な理由によって、

今までと同じ働き方、同じ仕事が

あと10年、20年あるのかどうか何とも言えない時代です。

 

時代の波は私たち個々の事情に関係なく押し寄せてきますので、

その波に上手く乗っていく必要があります。

 

キャリアプランを持たない医師は、

想定外の事態に巻き込まれたり、

時代の波に翻弄されてしまう可能性が高いと思うのです。

 

もちろん未来は誰にもわかりませんから

その波を予測する事は困難ではありますが、

ご自分の「可能性」を探り、

いくつかの「選択肢」を持っておく事は重要だと思います。

 

これこそがキャリアプランに繋がっていくでしょう。

 

やはり行き当たりばったりで、

なるようになる…というポリシーでいるよりは、

こうなったらこうする、

こういう展開もあり得る…など、

自分の医師人生にプラスになるような選択肢を

常に持っておきたいものですね。

 

キャリアプランを持つ医師…。

前述した事ではありますが、

私はキャリアプランを考える際に必要なのは、

 

  • ① 可能性

    ② 選択肢

    ③ 事例

    ④ ノウハウ

 

この4つの要素だと思います。

 

これらを情報収集する事で、

ご自身のキャリアプランはより良いものになっていきますからね。

 

意外と先生方はご自身の可能性が見えていません。

いや世の中の大半の方が自分の事は見えないもんなんですよね。

だからこそ可能性は外部からやってきます。

第3者とディスカッションする機会があるといいですね。

 

また選択肢は多ければ多いというものではありませんが、

可能性をベースにして複数の選択肢を持つのは大事です。

 

ずっと大学医局に在籍していると、

ご自身の可能性と選択肢が見えずらいですから、

動くかどうかは別にして、

自分にはどんな可能性があるのか?

どういう選択肢を持っているのか?について

研究しておくと医師人生を有利にすると思います。

 

また事例は多く知っておくと良いです。

 

どうしても人は自分の事、周囲の事を中心にして

物事を考えがちではありますが、

視野を広げて見ると

この世の中には非常に参考になる事例や、

思ってもみなかった事例、

まさに自分の望んでいるような事例などが

意外と存在するものです。

 

事例を知れば知るほどに

可能性と選択肢は広がっていきますよね。

 

そして最後がノウハウです。

 

情報収集の仕方、

得た情報をどう分析するか?

そこから導き出されたキャリアプランを

どのように実現していくか?

 

これらのプロセスに必要なのは

ノウハウであります。

 

先輩医師だからといって

こういうノウハウを必ず持っているものではありませんし、

そもそも先輩医師と同じキャリアプランであるとも限りません。

 

エージェントを利用しても、

良いノウハウを提供してくれるのは少数派であり、

できるのは求人紹介だけ…という業者も少なくありません。

 

つまりいざという時に備えて、

日頃から信頼できるパートナーを探しておくといいですね。

 

こういうパートナーがいれば、

よし!という時に安心して声を掛ける事ができますから。

 

ホント、医療業界も下手をしたら一寸先は闇…という事に

なる可能性もゼロではありませんし、

先行きが不透明であるのは異論のない所ではないでしょうか。

 

自分はどんな日常を過ごしたいのか?

自分にとってQOLの高い働き方とはどんなものか?

自分が到達すべき所はどこか?

 

このような事を考えながら、

そして有用なパートナーとディスカッションしながら、

是非ともご自分らしい

オリジナリティ溢れるキャリアプランを持って

医師人生を有意義なものにして頂きたく、

心より願っております。

 

 

医師・看護師のキャリア相談、

転職・開業のご支援のご用命は下記よりご相談下さい。

 

アドバイザー

ジーネット株式会社 メディカル事業部 事業部長

ジーネット株式会社小野勝広

小野 勝広(おの かつひろ)
東京都練馬区在住 49歳

医師・看護師の人材紹介事業、

採用支援、クリニックの開業支援を

オーダーメードでフルサポート。
ご相談は無料、
まずはお気軽にお問合せ下さい。
 
TEL:03-5925-8520

mail:ono@gnet.co.jp
HP:ジーネット(株)コーポレートサイト

   毎日更新ブログサイト
   医師の転職・開業失敗事例集

お問い合わせはこちら