各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 医師のキャリア、転職 > キャリアプラン上、やりたい事と向いている事、どちらを優先しますか?

キャリアプラン上、やりたい事と向いている事、どちらを優先しますか?

2019/05/03

 

皆さん、こんにちは。

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

キャリアプランに正解というのは

存在しないと私は考えています。

 

あくまでも答えは自分の中にあり、

誰かの正解が自分の正解になるとは限りません。

 

何度も何度も自分自身と対話して、

自分らしい正解に近いものを

探し続けていきたいものですね。

 

医師やりたい事向いている事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やりたい事、向いている事、
どちらを選ぶか?医師人生…

自分がやりたい事が、

1番自分に向いているとは限らない…。

 

ちょっとしんみりしてしまいますが、

確かにそういうものだと思います…。

 

やりたい事をやる。

向いている事をやる。

果たしてどちらが正解でしょうか?

 

私はどちらも正解だと思いますし、

それは自分が決めていく事だと考えています。

 

また同じ人でも、

ある時はやりたい事をやるという時があるでしょうし、

またある時は向いている事をやるという時があるのでしょう。

 

若い時はやりたい事をやるという気持ちが強そうですし、

やりたい事をやればやるほどに、

自分に向いている事は何か?が

理解できるようになっていきますしね。

 

こうしたプロセスの中で、

失敗したり、挫折したり、

やりたいと思っていた事が実はそうでなかった…など

様々な経験を積み重ねる事自体が大事とも言えます。

 

やはりやりたい事をどんどんやっていいですね。

 

でもある程度の年齢まで行ったら

視野を広げて、

やりたい事をやるだけではダメだ…という

気づきがあるべきではないでしょうか?

 

自分のやりたい事をやる…よりも、

どうやって社会に貢献するか?という事が

認識も必要になると思うんです。

 

それが大人ってもんですよね?

 

少年の心を持つ…ってのは

素敵な事ではありますが、

仕事で、永遠に、それが強過ぎてはいけません。

 

感謝の気持ちが大事だ…なんて言われますが、

結局はやりたい事をやってこれた事、

そういった諸先輩や社会に感謝し、

今度はやりたい事をやらせてあげる立場に

入れ替わるという事だと思うんです。

 

10年選手、20年選手になってきたら

やりたい事をやる…から、

自分に向いている事をやる…への転換期だと思います。

 

私自身の今の仕事は自分に向いているので、

それはラッキーではありますが、

いろいろやりたい事をやってきたからこそ

辿り着けたのかなと思ってます。

 

転職でも、開業でも、

やりたい事をやる!という方々、

自分に向いている事をやりたい!という方々の為に、

貢献していく年代に突入している事を

しみじみ感じる今日この頃であり、

それが心地よくも感じています。

 

やりたい事ができない。

自分に向いている事がわからない。

 

そういうジレンマに陥っている方は多いと思います。

 

特に医師の場合は、

若手時代は学ぶ事の方があまりにも多すぎて、

やりたいとか、向いているとか、

そんな事を言ってられない…というのもありますしね。

 

個別の事情はそれぞれ違うでしょうが

ジレンマからの突破口は必ずあるはずです。

 

私自身はそういった方々にも、

突破口を開くようなアドバイスもしていきたいですし、

医療従事者の皆様には

個別にご相談に乗らせて頂きます。

お気軽にどうぞ!

 

 

診療圏調査バナー

 

 

 

 

 

 

 

医師・看護師のキャリア相談、

転職・開業のご支援のご用命は下記よりご相談下さい。

 

アドバイザー

ジーネット株式会社 メディカル事業部 事業部長

ジーネット株式会社小野勝広

小野 勝広(おの かつひろ)
東京都練馬区在住 

医師・看護師の人材紹介事業、

採用支援、クリニックの開業支援を

オーダーメードでフルサポート。
ご相談は無料、
まずはお気軽にお問合せ下さい。
 
TEL:03-5925-8520

mail:ono@gnet.co.jp
HP:ジーネット(株)コーポレートサイト

   毎日更新ブログサイト
   医師の転職・開業失敗事例集

お問い合わせはこちら