各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 医師のキャリア、転職 > 自分の身は自分で守らなきゃいけない時代の医師のキャリアプラン!

自分の身は自分で守らなきゃいけない時代の医師のキャリアプラン!

2019/06/14

 

皆さん、こんにちは。

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

終身雇用、年功序列、企業内労働組合…。

 

我が国が高度経済成長を果たす事ができた

3つの要因と言われています。

 

すでに令和の時代となり、

すっかり忘れ掛けていますね。

何も全てが悪いという事ではないと思うんです。

 

そりゃ定年まで1社で在籍し続ける事ができるなら

それに越した事はないですが、

すでに企業の寿命の方が短くなってきてますからね。

 

医療業界も似たようなものだと思います。

 

我が身を守る医師のキャリアプラン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新入社員から定年まで約40年間過ごすとして、

倒産、M&A、吸収合併、リストラ、早期退職勧奨など

何もなく存続する企業の方が少ないのが現状です。

 

そりゃ昔のように年功序列で給料が上がっていくなら

組織にしがみつく価値もあるのでしょうが、

少子高齢化が世界一のスピードで進む我が国では

年の功を認めていたら確実に国が潰れます。

 

経団連もすでに終身雇用は守れないと

匙を投げていたように完全に証明されてますよね。

 

そりゃ組合が従業員をいつまでも守ってくれるなら

それに越した事はないですが、

そもそも組合運動自体が下火だし、

組合自体が存続の危機で組織を守る事に精一杯の中で

本来の存在価値が失われる一方ですね。

 

このように懐かしさはあっても、

あの頃は良かった…以上の何物でもなく、

完全に時代は変わったのです。

 

そう見極めないと

日進月歩の現代社会に取り残されます。

 

私は、終身雇用にしても、

年功序列、企業内労働組合にしても、

これは他者への依存以外の何物でもないと思ってます。

 

会社が守ってくれる、

社会がセーフティネットを作ってくれる、

いざとなれば組合が自分の代わりに戦ってくれる。

 

しかしグローバル社会の浸透によって

自分を守るのは自分だけ、

自己責任社会を作ってしまったのですから、

もう今さら戻れません。

 

他者依存の時代は終わりです。

 

それこそ江戸時代のように鎖国して、

原材料も、食料も国内生産だけで賄うくらいの

断固たる決意がないと無理な話しだと思うのです。

 

当然、そんな事はできないでしょうし、

誰も望んでいませんよね。

 

だから時代の流れには逆らう事なく、

受け止めて、適応するしかないと考えます。

 

ではこういう時代に

私たち個人個人はどう生きるべきか?ですが、

緻密なプランニングの構築と

リスクマネジメントしかないと思うんです。

 

ライフプランを立てて、

キャリアプランを描き、

実現すべく努力をし続ける。

 

終身雇用が崩れ去った今、

プランは二毛作、三毛作となるでしょう。

 

むしろ失敗を恐れずにチャレンジできますし、

方針転換もしやすいはずです。

 

しかしプランを立てる為には、

情報が必要です。

 

昔のように模範となる生き方は存在しませんし、

あってもこれからの現代を生きる自分に合うとは限りません。

 

だからこそ情報リテラシーを身に付けて、

洪水のような情報の渦の中から

選び取り、判断する力を身に付けなければなりません。

 

いわゆる情報リテラシーですね。

 

昔は頼るしかなかったマスコミ、マスメディアは

所詮広告主のバイアスの掛かった情報しか出せず、

権力に逆らうような真実の追求はしない事も明らかとなり、

私たち個人個人が自らの責任において

情報を集めて、取捨選択すべきなんですね。

 

だからこそインターネットは

これだけあっという間に私たちに受け入れられて

個人が情報を発信する事、

個人が情報を集める事が

格段としやすくなった訳です。

 

宣伝広告の価値の減少とともに、

私たちは個々が簡単にメディアを手に入れるようになりました。

それがSNSですね。

 

SNSにも課題はあれど、

マスの情報よりは余程マシで、

口コミ的な信頼性もあって

これからさらに発展していくものと思います。

 

嘘を見抜く力、

人に流されない力、

騙しの仕組みをスルーする力を身に付けて、

新しい個人のネットワークを作っていかねば

自分にとって有益な情報は手に入りません。

 

個人情報が心配とか、

詐欺が怖いとか、

そんな事を言っている場合ではなく、

情報の荒波に揉まれていかないと

逆に騙されてしまうかもしれません。

 

しかもあなたを騙すのは、

昔であれば圧倒的な信頼を置けていた人たち、

マスコミ・マスメディア、政府、自治体、企業、

家族、親戚、友人、恋人など、

そういった存在なのかもしれないのです。

 

これからSNSはAIをさらに組み込んで

様々なアルゴリズムを生み出し、

詐欺、残虐な行為を徹底排除していくでしょう。

 

サイバー空間でも情報の質を担保するための

取り組みはすでにスタートしていて、

既得権益など持たないAIが管理するのですから、

そこに余計なバイアスは掛からなくなると思われます。

 

情報は権威から下に流されるのではなく、

双方向、多方向に流れるようになっていきます。

 

WEBに強いとか、

SNSを使いこなすとか、

そんな意識をするまでもなく、

いつの間にかAIが私たちをサイバー空間に

連れていくものと思います。

 

社会全体としての意思決定は、

情報を得たものしか適切にこなせなくなるでしょう。

 

情報をいかにして手に入れるか?

これからの社会はここに尽きるように思います。

 

高度経済成長時代や、

バブル時代の標準モデルから脱して、

自己責任において、

必要な情報を得て

能動的に社会にアプローチしなければなりません。

 

自分を救うのは自分です。

少なくとも政府や行政は頼りにならないでしょうし、

救ってくれる人を探すというのも情報収集力であり、

問われるのは自分のネットワークです。

 

あの人のように…とか、

中流階級…とか、

モデルケースが喪失した時代の中、

私たちはオリジナルのプランを立てて、

矢のように降ってくるリスクを避ける為に

情報武装していかねばなりません。

 

医療の世界でも

少子高齢化社会への対策を生み出さねばなりませんし、

入院病床は国全体として縮小され、

地域包括ケアや他職種連携が益々進むでしょう。

 

患者たちも終末期の選択肢が拡大される中で

自分らしい最後を選ぶようになり、

医療は治す事よりも寄り添う事に重点が置かれ、

急性期病院の役割は変わっていくとも思います。

 

個々の医師もオリジナルなキャリアプランを持たねば、

新専門医制度に見られるように、

既得権益を守ろうという守旧派に翻弄されてしまう事でしょう。

 

ゆく川の流れは絶えずしてしかも、もとの水にあらず。

 

時代は急速に動いています。

プランニングを立てる事こそが

リスクマネジメントにも繋がります。

 

こんな時代に求人だけで転職しては、

物件だけで開業を決めてしまっては、

運を天に任せる事になってしまいますよね。

 

主導権を求人や物件に渡すのではなく、

あくまでも自分に主導権があり、

その元になるのがプランニングだという認識を持つと

良き第1歩踏み出せるのではないかと考えます。

 

まあ私ごときの考えなんてものは

あくまでもイチ意見、イチ考察であり、

社会的に通用するものだなんて

自信を持っては言えないですが、

少なくとも所々は共感できたり、

なるほどと思って頂けるのではないかと思います。

(多分…苦笑)

 

個々それぞれ様々な考えがあるでしょうし、

オリジナルなビジョンやプランは

こういった議論の中から生まれるのだとも思うんです。

 

だからこそスペシャリストが相談すべきは

ゼネラリストであり、タッグを組めば

良きパートナーになれるのではないかと思います。

 

医師の未来は

キャリアプランを持って

自分の身を自分で守るべきと心から思っております。

 

 

医師・看護師のキャリア相談、

転職・開業のご支援のご用命は下記よりご相談下さい。

 

診療圏調査バナー

 

アドバイザー

ジーネット株式会社 メディカル事業部 事業部長

ジーネット株式会社小野勝広

小野 勝広(おの かつひろ)
東京都練馬区在住 50歳

医師・看護師の人材紹介事業、

採用支援、クリニックの開業支援を

オーダーメードでフルサポート。
ご相談は無料、
まずはお気軽にお問合せ下さい。
 
TEL:03-5925-8520

mail:ono@gnet.co.jp
HP:ジーネット(株)コーポレートサイト

   毎日更新ブログサイト
   医師の転職・開業失敗事例集

お問い合わせはこちら