各分野の専門家が医師の転職や開業などに必要な情報を配信します。

トップ > 医師のキャリア、転職 > 医師の燃え尽き症候群を防ごう!

医師の燃え尽き症候群を防ごう!

2019/07/19

 

皆さん、こんにちは。

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

過重労働は仕事の質を下げますし、

ストレスが溜まり、

睡眠時間が減り、

生活習慣の乱れにも繋がりますよね。

 

でも他に変わってくれる人がいなければ、

仮に質が下がっても自分がやらざるを得ません。

 

医療の場合は、

経営の問題、

そして制度の問題が大きいのは百も承知なのですが…。

 

医師燃え尽き症候群

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

燃え尽き症候群に陥る医師…。

少し前の話題ですが、

アメリカのクリーブランドの臨床心理士である

Amy Windover氏の研究で

1000人超の医師を対象に調査したところ

3人に1人が燃え尽き症候群の基準を満たしている事が

明らかになったそうです。

 

元ネタはこちら↓

医師の3人に1人が燃え尽き症候群の可能性、1,000人超の医師対象調査より

 

この調査では1145人の医師を対象にしており

そのうち何と399人の医師が

燃え尽き症候群の基準を満たしてしまったらしいのです。

 

しかも情緒的消耗感が認められる医師は

高い患者満足度を得ているものの

最終的に退職する可能性が高い事が明らかになったとの事。

 

ん~、患者にとって良い先生ほど辞めてしまうなんて…。

 

その逆に脱人格化の傾向が見られる医師は

患者からクレームを申し立てられる事が多いそうで…。

これはまた別の意味で問題です。

 

患者との直接的な診療に多くの時間を費やす医師ほど

燃え尽き症候群になりやすい事も判明したそうで、

やはり何らかの社会的なサポートの必要性を感じます。

 

ついでにもうひとつ毎回の診療に伴う

事務的な作業の負担が大きい事が

燃え尽き症候群のひとつの要因であるというのです。

 

アメリカの医療事情はよくわかりませんが、

意外に日本と状況は似ているのかもしれません。

 

いや日本やアメリカだけではなく、

世界中の医療現場で似た状況かもしれません。

 

これは私たち一般人にとって

自分で自分の首を絞めているように思うんですよね。

もっと医療者を大事にしないと…。

 

燃え尽き症候群の具体的考察

そもそも燃え尽き症候群とは何か?

調べてみました。

 

多少前述しましたが、

大きく分けると3種類に分類できるようです。

 

1、情緒的消耗感

精神的な疲労感を感じ、

心が精神的に空っぽになってしまう状態。

このような状態に陥ると

集中力の欠如、睡眠障害、免疫力の低下といった

問題が出ます。

 

2、脱人格化

上記1の延長上で、

他人の感情を正しく推し量る事ができなくなり、

逆に他人がどう思っているのかを

客観的に見る事ができなくなります。

このような状態に陥ると、

疎外感、コミュニケーション障害、引きこもりなどに繋がり、

人との共同作業が難しくなります。

 

3、達成感の低下

何もしたくなくなったり、

常に楽しくない状態。

このような状態に陥ると、

行動を起こすのが億劫になり、

無気力な状態になります。

 

下記を参考にしました。

燃え尽き症候群とは?

 

他にも様々な症状や定義付けができるでしょうが、

どう考えてもポジティブな面はありません。

 

こうして調べてみると、

医師が燃え尽き症候群になってしまうのは

社会的にも大問題で影響大だと思いますが、

医師に限らず、

あちこちの職場で燃え尽き症候群に近い

このような人物は見掛けるようにも思います。

 

根本的な解決を図らねばならないのでしょうが、

働き方改革が実行されても課題は出ており、

働き方改革が先延ばしされた医師の場合は

さらに問題の根は深く、

そう簡単には解決できそうにありませんね。

 

燃え尽き症候群にならないように…

燃え尽き症候群については

もう何年も前から指摘されていたんですよね。

でも何ら改善されていない…。

 

大きな観点で要因を考えれば、

これは制度の問題であり、

職場環境の問題でもあり、

職場の文化や伝統の問題、

そして経営の問題であります。

 

しかし個人で変えられるものでもなく

苦しんで、粘って、必死に頑張って、

燃え尽きてしまう訳ですよね。

 

これからの時代は良い方向に進む…と信じたいですが、

まずは変えられる点にフォーカスし、

自分で自分を守らねばならないかと考えます。

 

我が身を守るのは自分だけです。

 

私なりに考えますと…

 

  • 1、自分なりのリフレッシュ法を持つ。

    2、仕事、職場に魂を売らない。

    3、労働に関する法律を学んでおく。

    4、相談できる人を持つ。

    5、いつ辞めても構わない体制を作っておく。

 

こんな感じでしょうか?

 

とにかく自分で解消できる術を持つ事が最優先ですが、

しきれなくなった時に備える事も大切ですね。

 

また備えがある事で安心できたりもしますので、

特に3、4、5は意識されると良いでしょう。

 

実際に私のところにも、

過去、燃え尽き症候群に陥った方が

何名かご相談にいらっしゃいました。

 

対処法はケースバイケースですので、

いろんな形でサポートしましたが、

第3者と話して、意見を聞いてみるだけでも

ひと安心できる事もあり得るようです。

 

どうか1人で悩むのではなく、

上手く私どもなどを使って下さい。

 

少なくとも今までお目に掛かった方々には、

話せてよかった…

少し気が楽になった…

自分が間違っていない事がわかって安心した…

自分の可能性が見えてきた…

モチベーションが高まった…

このような感想を頂いております。

 

 

医師・看護師のキャリア相談、

転職・開業のご支援のご用命は下記よりご相談下さい。

 

アドバイザー

ジーネット株式会社 メディカル事業部 事業部長

ジーネット株式会社小野勝広

小野 勝広(おの かつひろ)
東京都練馬区在住 50歳

医師・看護師の人材紹介事業、

採用支援、クリニックの開業支援を

オーダーメードでフルサポート。
ご相談は無料、
まずはお気軽にお問合せ下さい。
 
TEL:03-5925-8520

mail:ono@gnet.co.jp
HP:ジーネット(株)コーポレートサイト

   毎日更新ブログサイト
   医師の転職・開業失敗事例集

 

診療圏調査バナー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちら